見たけれど感想が書けない映画の感想を書くよ(2)/「ドリームキャッチャー」「ハプニング」「メル・ブルックス/珍説世界史PART I」「裸の銃を持つ男 PART33 1/3 最後の侮辱」「叫」

見たんですけど、なんかどうも感想を書く気になれないなあ…という映画がいくつかあります。そういう映画の感想を、一気に書いてみようと思います。
2008年〜2009年のあいだ、「一言映画感想」というカテゴリをこのブログにつくっており、何度かメモを残していました。そのメモを見て、がんばって思い出したりしようと思います。というサルベージ企画第2弾です。

ドリームキャッチャーDREAMCATCHER/2003年/アメリカ/ローレンス・カスダン

ドリームキャッチャー,DREAMCATCHER

" I, Duddits! "
メモには「えっ?! 何それ?!」と書いてありました。ものすごくびっくりした覚えはあるのですが、内容はよく覚えていないのです。ダディッツは強烈でした、トイレからうんじゃらしたエイリアンが出てきたのも強烈でした、モーガン・フリーマンがきちがいだったことも強烈でした。

これだけ強烈な印象が残っておきながら、肝心の内容を覚えていないというのはどういうことでしょう。


それは、わたしがこの映画を見たとき、2008年だったのですが、このころはまだ映画をちゃんと見ていなかったんです。月に1本観るか見ないか程度で、ブログの月別アーカイブで見ても「WALL-E」のように熱っぽく長文を書いているような映画もありますけれど、なんとなーくちょっと印象を書いているだけのような感想も多いです。
もちろん2008年以前にも映画は見ていて、感想も残っているんですが、今読み返すとひどい内容のものばかりでお恥ずかしいかぎりです。最近、たぶんここ1年くらいでやっと、ちゃんと映画を見て考えるようになったんです。それでもまだ、ただあらすじを書いているだけの感想もたくさんありますが…。
ドリームキャッチャー」を見たときには、びっくりしただけでなにも考えなかったんです。考えて、書かないと、忘れてしまいます。

見たけれど感想が書けない映画の感想を書くよ(1)/「コヤニスカッツィ」「ライラの冒険 黄金の羅針盤」「紀元前1万年」「オーシャンズ13」「スクービー・ドゥー」「ガーフィールド ザ・ムービー」「ハットしてキャット」

見たんですけど、なんかどうも感想を書く気になれないなあ…という映画がいくつかあります。そういう映画の感想を、一気に書いてみようと思います。
2008年〜2009年のあいだ、「一言映画感想」というカテゴリをこのブログにつくっており、何度かメモを残していました。そのメモを見て、がんばって思い出したりしようと思います。
もとより「感想がかけない映画」というくくりですので、奥歯に物のはさまったような物言いになる部分は多いと思うのですが、そこは許してください。けっこう前に見たので覚えていないものが多いです。

コヤニスカッツィKoyaanisqatsi: Life out of Balance/1982年/アメリカ/ゴッドフリー・レジオ

コヤニスカッツィ,Koyaanisqatsiこれは好きです。映像と音楽しかないです。さかさか動いてみたりすごい寄ってみたり引いてみたりします。ストーリーやセリフはありません。

以前、実家の庭に座り込んでアリの巣を一日中眺めていたことがありました。手は出さずに、ただものを運んでいるのを見ていました。通りかかった父親が、「…楽しい?」と言いました(子供の頃の話ではありません、大学を出た後の話です)。
アリをずっと見てても飽きない人にはおすすめです。
でもさすがに「コヤニスカッティ」は、いくら物語がないとはいえ映画ですんで、そこはねさすがにね、いきなり画面が変わってキャッてなったりね、面白いですよ。アリも面白いです。
文明とはなんぞやとか、そういうことはわたしはちょうどうでもいいです。
ポワカッツィ」は未見で、「ナコイカッツィ」はあまり好きでないです。

見たけれど寝ちゃった映画の感想を書くよ/「ゴジラ」「惑星アドベンチャー/スペース・モンスター襲来!」「スペースインベーダー!」「スペース・バンパイア」

wizard of oz poppy
映画見てて寝ちゃうことよくありますよね。おもしろいかつまらないか関係なく、眠い時は眠いんですよね。しょうがないじゃん! それで、途中まで見たけど寝ちゃったとか、なんとなく全体的に寝ていた気がする映画の感想をまとめて書きますよ。何度でも言いますが、おもしろい映画かどうかということと、寝ちゃうことは無関係です。怒らないで! 怒らないで!

ゴジラ1954年/日本/本多猪四郎

ゴジラいきなりビッグタイトルなんです。ゴジラはたぶん今まで1本も見たことがないです。

今回の震災に関する海外の報道で「ゴジラのようだ」って言ったアナウンサーがいたとかいなかったとか。いたって書いちゃうとソースって言われるんで、いたかもしれないですねと言います。

ゴジラ」、ああたしかになるほどこれは、日本で大災害が起こったときにこの映画を引き合いに出されてもしかたないと思いましたね。
破壊される街の様子は戦争のようで、第二次世界大戦終戦から9年しか経っていないのにこの内容というのもすごいなあと思いました。

と、中盤まではちょうまじめに見ていたのですが、ゴジラが海へ帰っていった直後に寝てしまったので、わたしの中でゴジラは死んでいません。きっと海でのんびり暮らしていると思います。海洋汚染が気になります。

エイプリルフールを題材にした映画を紹介するよ

4月1日です。エイプリルフールです。今日は、エイプリルフールを題材にした映画を紹介します。

「トイ・ストーリー/ハワイアン・バケーション」のケンの衣装を調べてみたよ



「トイ・ストーリー/ハワイアン・バケーション」のケンの衣装を調べてみたよ

カーズ2」のオープニングで流れる予定の、「トイ・ストーリー」のショートフィルムです。
ケンとバービーがハワイ旅行に行こうとしたら、ウッディたちがいるボニーの家に来てしまった! という内容のようです。

以前、「「トイ・ストーリー3」に出てくるケンの衣装の元ネタを調べてみたよ」というエントリを書きました。あとから調べてわかったことですが、「トイ・ストーリー3」でケンは21種類の衣装を着ているそうです。21種類。多いなあ。
今回はトレーラーが発表されてすぐにケンの衣装を調べ始めたんですが、これがまた見つからない。自信がないです。
おじいちゃん映画
記事検索

現在971件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM