パプリカ

パプリカ

パプリカ2006年/日本/今敏


非常に解りやすく、テンポ良く話が進む。さらっと見られる作品だったと思う。

スクリーンと客席との間に、観客側がどうにかして踏み込もうとしても踏み込めない距離感を感じた。こちらの干渉を許さないし、干渉してくる部分もない。
見終わったときに「映画を見たなあ」と思った。

扱うテーマが内面的なものであるのに、キャラクターの内面があまり描かれておらず、せりふが状況説明に終始しているように思えた。それゆえの解りやすさなのだが、同時に一切の感情移入を許さない頑なさを感じる。
キャラクターが自分の感情を吐露する場面であっても、どこか他人事のように「せりふを喋る」。
抱えたトラウマを克服する者、愛に気付く者、自らの欲望に飲み込まれていく者、自分自身と向き合い、人生を変えていく物語であるにも関わらず、キャラクターに中身がない。
彼らは、演じる役を与えられ、それをそつなくこなす「役者」だった。感情面でのリアリティに欠けるため、「役者がセットの中で物語を演じていた」ように思えたのだ。

「他人の夢がスクリーンに映し出される」何度か出てきたシーンをそのまま映画館で見せられている感じ。
だから、映画の内容としてはまったく間違っていないのだろうし、作品として成功しているのだろう。

「久しぶりにすげえ夢を見たよ」でも、現実じゃない。あの世界に自分が身を置いたらどうなるだろう?という想像をも拒否する非現実感。その非現実感も、誰もが感じることができる現実の世界を分解して再構成した程度のもので、想像の範囲内で納まってしまっているように思う。
最大公約数的な非現実感、という感じ。ピンクの象が出てきたとき、それを最も強く感じた。

どこか釈然としない思いがあるのは、あまりにも綺麗にまとまりすぎていて、驚きや感動が薄まってしまっている点にあると思う。内容が内容なのだから、もうちょっと無茶な部分があっても良いのではないか。見る者の感情を、もっと手酷く揺さぶっても良い、揺さぶって欲しかったと思う。
ここまで完成度が高いのに、あと一歩が踏み出せないのはもったいない。

今敏監督の作品を見たのは今回が初めてなのだが、随分生真面目なひとなのだなと思った。丁寧で、几帳面で、善意に溢れている、控えめで臆病で、生真面目なひと。

自分の夢を見ることが必要なのは、監督自身なのかも知れないと思う。

photo
パプリカ [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-23
評価

by G-Tools , 2014/07/16

スキャナー・ダークリー(A Scanner Darkly)

スキャナー・ダークリー

スキャナー・ダークリーA Scanner Darkly/リチャード・リンクレイター/アメリカ/2006年


原作があまりにも好きすぎるので、過剰な期待を抱きつつ鑑賞。ストーリーは原作に忠実で、余計な付け足しがなくてほっとした。
幻覚表現やスクランブルスーツの表現が秀逸で、ほんとうに、実写じゃなくてよかったと思う。もし実写だったとしたら、どうしても「実写部分」と「CG部分」との違和感をぬぐえなかっただろう。その違和感が感情移入の邪魔をするだろうなというのは容易に想像できる。

しらふのときには絵柄がはっきりしていて、そうではないときには線もぐんにゃりするし色も変わる、「ウェイキングライフ」のときと比べると画面のゆらぎがかなり少ないぶん、メリハリがついていて非常によかった。とにかくよかった、としか言えない。

スキャナー・ダークリー
バリスは本当にいやな奴だし、フレックの挙動不審っぷりも、ラックマンのはっちゃけっぷりもよい。キアヌはぼーっとしてるから、アークターが「だんだんわかんなくなっちゃっていく」かんじにはまってると思う。

アークターが、真実を知って完全にわからなくなっちゃっていくところから、ラストにかけてはもう、泣けて泣けて仕方ありませんでした。絶対泣いてしまうのは解っていたけど、それにしても酷く泣いた。
ストーリーが完全に原作どおりだったとしても、映像のせいで感情移入が出来ないかもしれないと思っていたが、全くの杞憂に終わった。今年最高の映画。


photo
スキャナー・ダークリー [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11
評価

by G-Tools , 2012/08/21

ほしのこえ

ほしのこえ the voices of a distant star

ほしのこえTHE VOICES OF A DISTANT STAR/新海誠/2002年/日本


1人で作られたとても質のよいアニメがあるということだけ知っていたのですが、なんかタイトルから勝手にジブリみたいなのを想像していたら、全く違って驚きました。勝手に想像しておいて驚いたもなにもないんだけどね。

地球と宇宙との遠距離恋愛というのは、誰かが思い付いていてもおかしくないものであるし、私が知らないだけで他にもあるのかもしれませんが、圧倒的な画力(主に背景)と細かい設定などで、実に説得力がある作品になっていると思います。

主人公2人以外の登場人物がいない(ちらっと出てはくるけれども話さないしディテールはわからない)ためか、話は宇宙を舞台にしているにも関わらず、妙に閉鎖的な印象を受けました。もちろん星も建物も空も綺麗なのだけど、2人が携帯メールでコミュニケイトするのを主に描いている為に、あたかも世界には2人だけしかいないように思えます。

2人の台詞も、ほとんどが自分の思いを吐露しているだけで、独り言に近いです。全編に流れる物悲しさや寂しさは、一歩間違うとあざとく映ってしまう危うさを抱えていますが、この作品では非常に上手に表現されていると思います。制作者の思いがあまりにも強く表現されていて、見る人をたった25分間でその思いに引きずり込む力が、歪みとすら感じられました。

photo
ほしのこえ [DVD]
コミックス・ウェーブ・フィルム 2002-04-19
評価

by G-Tools , 2014/07/16

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー


終わらない学園祭前夜。初見の押井作品ですが、おもしろかったです。評判が高いわけです、これは、もう、ほんとに。

わたしは最初の方の、しのぶが道で風鈴に目を奪われるシーンとか、あたるが学校の中で延々と続く自分の姿を見て驚くシーンとかが好きです。

青春と言うものがただの夢であったことに気付くのは、夢が覚めてからのことで、青春のまっただ中にいるときにはそれには気づけないものなのですね。人生なんてものもただの夢なのかもしれないと思います。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

アニマトリックス(ANIMATRIX)

ANIMATRIX

アニマトリックス


MATRIX見てないとサッパリ解らないと思う。当たり前か。オムニバス。

ファイナル・フライト・オブ・ザ・オシリスFINAL FLIGHT OF THE OSIRIS/アンディー・ジョーンズ

FFXですか?と思ったら製作がスクエアだった。MATRIX RELOADEDに絡む話し。まあ実写でやっても良かったのでは。CGはぬるぬる。

セカンド・ルネッサンス パート1、セカンド・ルネッサンス パート2

MATRIXの聖書ですね。しかしMATRIX RELOADEDには、MATRIXを設計したおじいさんが出てくるのだけど、あれ、これはどうなんだろ、あれれ?あのおじいさんはプログラムだったっけ、わかんなくなった。

キッズ・ストーリーKID'S STORY/渡辺信一郎


MATRIX RELOADEDに、キッドが出て来ますね。性格ぜんぜん違う…。なんかあったのか。

プログラムPROGRAM/川尻善昭

この絵苦手だ。デザインも、いつのアニメですかーというような、え、あ、製作マッドハウスですかすいません、でも苦手。

ワールド・レコードWORLD RECORD/小池健

PARTY7のキャラデザ。これは絵が好き。ダンは結局ドーピングしてるんでしょうか。もしドーピングしてるとして、そのせいで限界を超え、MATRIXからちょっと抜け出してるのだとしたら、あれですか、ドラッグやると抜けられるってことですか。うわー。

ビヨンドBEYOND/森本晃司

キャラデザ、田中達之さんなのかとずっと思ってたら違った。これはイイです。要するにオバケ屋敷はバグなんだけど、MATRIX知らずにこれだけ見ても楽しめるのではないかと思った。物事に理由が必要な人には無理だけれど。

ディテクティブ・ストーリーA DETECTIVE STORY/渡辺信一郎

モノトーンの絵がいい。話しの雰囲気に大変合っている。トリニティを探していた探偵たちがみんなおかしくなったり死んだりしてるのだけど、「これが現実ではない」ということを知りうる人がそんなにいるのか、と、いや、みんな頭良かったのかな。頭良いっていうか、気付くのかなあそれ。あ、だからわかんなくなって狂ったりしたのかな。

マトリキュレーテッドMATRICULATED/ピーター・チョン

話しはともかく、らりらりですよ! らりらり! サイケデリック!「話しはともかく」ってとこが大変MATRIXっぽい!(笑。
絵を楽しむと良いと思います。キャラデザは私の好みではないけれど、CGが。サイケ好きな人には気に入ってもらえるのではないかと。

追記(2010年3月10日):「MATRICULATED」は、後にわたしが一番好きなアニメとなった「イーオン・フラックス」の監督作品でした。そう考えるともう一度観たくなってくるふしぎ! 話がわかんないのも当然でした。

photo
アニマトリックス [Blu-ray]
アニメ
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在978件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM