パイレーツ・オブ・カリビアン〜呪われた海賊たち(Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl)

Pirates of the Caribbean

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たちPirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl/ゴア・ヴァービンスキー/2003年/アメリカ


あの呪われた金貨、話の筋から見ると、「最後にそれを所有していた者の血によってあがなう」ということらしいのだけれど(牢屋のシーンで少し説明されてたけど、いまいちはっきりとはわからなかった)、そしたらエリザベスの血でも呪いは解けたのではないでしょうか。それとも、今までに悪い事(悪い事っていうのがどの程度のものなのかとかは曖昧だけど)をしてきた人だけが呪いにかかっちゃうのでしょうか。でもサルも白骨化してたしなあ。ジャックも、1枚くすねただけで白骨になってたし。ウィルも金貨の所持者だったのだから、夜になったら白骨化してもおかしくないなー。

麻草くんから、この部分に関しての的確な指摘が。「金貨を”最後に奪った者”が呪われる。ウィルは父親の譲渡され、エリザベスはウィルを守る為に隠したから、骸骨にならない」とのこと。そうだよな、そうじゃなかったら、海賊が金貨を使った先の人たちも呪われてしまうものね。あー、すっきりした。

もうとにかくジャックの登場シーン最高。目の隈最高。なんだか動きがオネエなのもかわいい。あの動きはやや「ラスベガスをやっつけろ」を思い出します。 ふらふらしてんの。三枚目でふざけてるように見えてやる時はやる、そんで、ときどき観客も彼が何を企んでいるのか何を考えているのかわからなくなるときがある。デップの役づくりの賜物だと思いますね。一挙一動がかっこよく、ときに笑えて、すばらしい。本当に良い役者ですね。

鍛冶屋での一騎討ちは、過剰な派手さはなく、異常に跳躍したりすることもなく(梁に登ったのもシーソーのせいだったし)最近のCG頼りまくり、カンフー使いまくり(ブームはもう過ぎたようだし)のアクションシーンにはない、この時代設定に合ったものだったので良かったですね。このアクションは何かの映画を思い出すのだけど何だったっけ。フェンシングで戦うシーンがある映画。思い出せない。

ディズニーランドのカリブの海賊でのシーンがところどころに使われていて、カリブの海賊好きにはやっぱりたまらないものがあります。牢屋に入れられた海賊が、骨を餌に鍵を持った犬をおびきだそうとしてるシーンなんかは完璧であった。すばらしかった。犬種までもが完璧。港町を襲うところや船同士の砲撃戦など、挙げていったらきりがないのではないでしょうか。ディズニーランド行きたくなっちゃった。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(DANCER IN THE DARK)

ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダークDANCER IN THE DARK/ラース・フォン・トリアー/2000年/デンマーク


セルマ役はビョーク以外には考えられなかったと思う。演技が演技っぽくなくて自然だった。映画自体は長いけれど展開が早いので苦にならない。

ミュージカルのシーンのカメラワークとかがとても良かった。ミュージカルが良かっただけに、現実の場面の酷さが辛い。なんでそうなっちゃうんだろうという、悪い方へ悪い方へどんどん進んで行く。まるで、そうならなければいけないかのように、運命というものが最初から決まっていて、そのとおりにどうしてもしなければいけないかのように、とにかく見てて辛い。

セルマはかなり頑固で、なんでそう言うの、なんでそうするの、と、理解出来ないことが多くて感情移入できなかった。感情移入するのが重要というわけでもないんだが、あまりにわからなさすぎてイライライライラした。ビルを殺すシーンがかなりきつい。まさか殺すと思わなかったし、ビルは、自分を殺せって言ってるクセにちっともお金離さないし…。

看守と歩くシーンは好き。しかしもう2度と観たくない。

photo
ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]
松竹ホームビデオ 2001-06-21
評価

by G-Tools , 2011/12/28

JUGEMテーマ:洋画

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣


美術がかっこ良くて暗い感じで好きな要素のある映画なのに、話しの展開があまりにも遅くて退屈だった。アクションシーンはカンフーともちょっと違っていてそれは良かったかな。

獣の動きがヘン(というかなんだか画面から浮いてる)なのがちょっと気になったか。あとから特典影像見たら「獣の動きはライオンを参考にしたが独特の動きに変えた」と語られていたのでわざとだったのか。わからない。

マニと片腕、娼婦がかっこよかった。衣装もかっこよかった。片腕はなんで片腕であるという嘘をついていたのかがよくわからなかったよ。

無駄なシーンが多く、70分を過ぎてやっと話しが動き始めたのにはちょっと閉口。なにがしたかったのか。

おじいちゃん映画
記事検索

現在971件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM