サード・パーソン/もう逢えない、あのひとへ。

サード・パーソン

サード・パーソンThird Person/監督:ポール・ハギス/2013年/イギリス、アメリカ、ドイツ、ベルギー


わたしはあなたを、守りたかった。


試写で鑑賞。公開は6月20日です。TOHOシネマズ日本橋、H8。スクリーンは失念。
ポール・ハギス監督作は「スリーデイズ」しか見ていないです。

サード・パーソン

あらすじ:3つの都市で男女があれこれします。

  • パリ:小説家(リーアム・ニーソン)と愛人(オリヴィア・ワイルド)がイチャイチャ
  • ニューヨーク:画家(ジェームズ・フランコ)と元妻(ミラ・クニス)が親権争い
  • ローマ:ビジネスマン(エイドリアン・ブロディ)が謎の女(モラン・アティアス)の娘を助けたい
となっております。

ネタバレしています。オチから書いているので気をつけて下さい。


感想というよりは解説に近いかもしれません。公式サイトに答えが載っているらしいのですが未読です。

おすすめ
ポイント
細かいところの意味付けや、いろいろな伏線とか、ちょっと引っ掛けみたいなのもあって、目が離せません。おすすめです。

プリズナーズ/囚われているのは、誰だ。

プリズナーズ

プリズナーズPRISONERS/監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ/2013年/アメリカ


神よ、この罪をお赦しください


試写会で鑑賞。公開は5月3日です。オーストラリアの聖人ヒュー・ジャックマンが一味違うらしいっていうことだけ知っていました。

プリズナーズ

あらすじ:娘が失踪した。

感謝祭の日を友達家族と過ごしていたケラー(ヒュー・ジャックマン)だったが、ちょっと目を離したすきに幼い娘アナが失踪。担当刑事(ジェイク・ギレンホール)が捕まえた容疑者(ポール・ダノ)は証拠不十分ですぐ釈放されてしまい…。

ネタバレしています。
ネタバレの前には注意書きをしています。気をつけて書いてはいますが、勘の良い方は注意書き前でもネタがわかってしまうかもしれないのでご注意下さい。



こんなかんじなので、ネタバレせずに感想を書くのは無理でした。

おすすめ
ポイント
2時間半あるので長いんですが、この内容だと、どこも切ることができないと思いますね、長さも納得です。面白いですよ。ポール・ダノ良かったです。

グランドピアノ〜狙われた黒鍵〜/震える指でその身を守れ

グランドピアノ〜狙われた黒鍵〜/GRAND PIANO

グランドピアノ〜狙われた黒鍵〜GRAND PIANO/監督:エウヘニオ・ミラ/2013年/スペイン、アメリカ


イライジャ・ウッドがずっと困り顔でピアノを弾いています。


試写会で鑑賞。ショウゲート試写室でした。公開は2014年3月8日です。予告を見て面白そうだなあと思って見に行きましたよ。そしたらねーこれは面白かったですね。

グランドピアノ〜狙われた黒鍵〜/GRAND PIANO

あらすじ:1音でも間違えたら殺されます。

超難曲をミスったせいで舞台恐怖症になって引きこもってたピアニスト(イライジャ・ウッド)が、恩師の追悼コンサートに出ることになっちゃったんだけど、いざピアノの前に座って楽譜をめくったら『一音でも間違えたら殺す』という脅しが書いてあって、あらどうしましょうというお話です。

ネタバレはありません。

(c)NOSTROMO PICTURES SL / NOSTROMO CANARIAS 1 AIE / TELEFONICA PRODUCCIONES SLU / ANTENA3 FILMS SLU 2013


おすすめ
ポイント
演奏曲と役者の動きとセリフとシチュエーションが完璧に合ってて良かったです。イライジャ・ウッド困り顔の安定感すごい。

グランド・イリュージョン/彼らも魔法を信じたい

グランド・イリュージョン/Now You See Me

グランド・イリュージョンNow You See Me/監督:ルイ・レテリエ/2013年/アメリカ


ヒーローものだと思って見るといいんじゃないかな。


新宿ピカデリースクリーン3、D列で鑑賞。足が伸ばせるのと柵があるので便利です。新宿ピカデリー自体はあんまり好きじゃない映画館ですけれども「魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」とはしごしたかったのでしかたなくね。

グランド・イリュージョン/Now You See Me

あらすじ:手品師が銀行強盗したのでFBIが追います。

ジェシー・アイゼンバーグウディ・ハレルソンデイヴ・フランコアイラ・フィッシャーは、「フォー・ホースメン」という天才マジシャングループを組んで、マジックを使って銀行強盗をしたので、FBIのマーク・ラファロがぶちぎれます。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
手品シーンは規模が小さくても大きくても楽しいです。マイケル・ケインがしょんぼりしててかわいそうかわいい。お話全体としては、前半のほうがおもしろかったなと思います。

危険なプロット/事実は小説よりも

危険なプロット/Dans la maison/In the House

危険なプロットDans la maison/In the House/監督:フランソワ・オゾン/2012年/フランス


ピザと携帯で出来た生活の中にも、きっとなにかが潜んでいるのだ


ヒューマントラストシネマ有楽町F列で鑑賞。予告を1回見て、鑑賞リストに入れました。最初はね、ファブリス・ルキーニが出ているので、おじいちゃん映画だ! うふ! って思ってましたが、エルンスト・ウンハウワーの得体のしれない美少年ぶりもよかったですね〜。

危険なプロット/Dans la maison/In the House

あらすじ:作文を書くためにクラスメイトの家に入り込みます。

高校の文学教師ジェルマン(ファブリス・ルキーニ)は、クラスの中に文才のある少年クロード(エルンスト・ウンハウワー)を見つける。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
演出がおもしろいです。エルンストの美少年ぶりいいですね〜。それから、熟女好きにはたまらないかんじになっているとおもいます。お話もおもしろくておすすめです。
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM