トランセンデンス/この世界の神になる

トランセンデンス

トランセンデンスTranscendence/監督:ウォーリー・フィスター/2014年/イギリス・中国・アメリカ


そして世界は変わるのか


ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン4、D-11で鑑賞。
特に期待もせず、時間がちょうどよかったからというのと、SFなので見に行きました。

トランセンデンス

あらすじ:デップが人工知能になります。

科学者のウィル(ジョニー・デップ)はテロリストに殺されかかったので、死ぬ前に自分の意識をコンピュータにアップしました。キリアン・マーフィーモーガン・フリーマンはびっくりしていました。

ネタバレしています。
褒めていないです。


おすすめ
ポイント
前半はいいと思います。

ロボコップ/迫る納期! 変わる仕様! 良心の呵責! 問われる倫理! 技術屋はつらいよ…

ロボコップ

ロボコップRoboCop/監督:ジョゼ・パジーリャ/2014年/アメリカ


蓋を開けたらゲイリー・オールドマン映画だった!


先行上映で鑑賞。丸の内ピカデリー3スクリーン、D-16。A〜Cはマスコミ席だったので、実質的には最前列です。公開は3/14です。ゲストにコロッケさんがいらっしゃるということで(教えてくださった方、ほんとうにありがとうございます!)、ど真ん中のチケットとりましたよ。満面の笑みで手を振ったら振り返してくれたよ! ぜったいあれはわたしに向けてたよ。司会がいちいちコロッケさんにかぶせてきて発言を止めるので、んもー! ってなりました。コロッケさんの魅力が活かされていなかった! コンサートまた行きたい…。

ロボコップあらすじ:死にかけてたらロボットになりました。

青年刑事マーフィー(ジョエル・キナマン)は、張り切って仕事してたんだけど、車が爆発して身体がえらいこっちゃになっちゃって、気づいたらロボットになってました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
ゲイリー・オールドマンです! これはゲイリー・オールドマンの映画です! 『オズの魔法使』ネタあります。

ゼロ・グラビティ/そこは美しく残酷で、この声はもう届かない

ゼロ・グラビティ/Gravity

ゼロ・グラビティGravity/監督:アルフォンソ・キュアロン/2013年/アメリカ


2,200円で宇宙遊泳疑似体験が出来ますよ。


ユナイテッド・シネマとしまえんIMAX3D字幕、H列16で鑑賞。予告はテレビでちょっと見ていました。

ゼロ・グラビティ/Gravity

あらすじ:宇宙で大変です。

サンドラ・ブロックジョージ・クルーニーが宇宙で作業してたら、デブリがびゅんびゅん飛んできて大変なことになりました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
いったいこれはどうやって撮っているのか?! と思いましたね。わたしは字幕派なんですが、初めて字幕が邪魔だと思いました。

アップサイドダウン 重力の恋人/届きそうで、届かない。

アップサイドダウン 重力の恋人/Upside Down

アップサイドダウン 重力の恋人Upside Down/監督:フアン・ソラナス/2012年/カナダ、フランス


障害があるほどに、恋は燃え上がる。


角川シネマ有楽町で鑑賞。ネット予約だと席がブロックでしか指定できないので、そんなに混む映画館でもないし、直接劇場でチケット買ったほうがいいんじゃないかなって思いました。

今回は、「素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー」を見に行った時に予告が流れて、映像がきれいだったのでそれを目的に。

アップサイドダウン 重力の恋人/Upside Down

あらすじ:逆の重力が働く世界で恋をしました。

金持ちの惑星に住むキルスティン・ダンストと貧乏人の惑星に住むジム・スタージェスが、重力にじゃまされながら恋をします。

ネタバレしています。ネタバレの前には注意書きがしてあります。あんまり褒めてないかなー。


おすすめ
ポイント
きれいな映像を見るのが目的ならば良いとおもいます。放尿シーンがあほで良いですね。

スター・トレック イントゥ・ダークネス/ 俺を信じろ、結果は問うな

スター・トレック イントゥ・ダークネス/ Star Trek Into Darkness

スター・トレック イントゥ・ダークネスStar Trek Into Darkness/監督:J・J・エイブラムス/2013年/アメリカ


キャプテーン! わたしもエンタープライズ号に乗せてください〜!


TOHOシネマズ日劇3Dで鑑賞。スクリーン3でした。ちょっと前あたりで見るのが好きなわたしには、M列がちょうどよかったです。

えっと、「スタートレック」シリーズは見ていません。2009年の映画版だけ予習で見ました。それを踏まえていただいて、よろしくお願い致します。

スター・トレック イントゥ・ダークネス/ Star Trek Into Darkness

あらすじ:カンバーバッチさんが襲ってきて逃げたので追っかけます。

カーク(クリス・パイン)がスポック(ザカリー・クイント)を助けようとして嘘ついたんだけど、スポック嘘つけないから起きたことそのまま報告しちゃってふたりとも叱られて、困ったなあって思ってたらハリソン(ベネディクト・カンバーバッチ)が襲ってきて1人死んじゃったから、叱られたことは置いといてエンタープライズ号乗って追っかけなくっちゃってなって、クリンゴン人の星まで追っかけに行ったの。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
2009年の映画版を見た時も思いましたが、全体的にたいへんそつなくうまくまとまっていて、ちょう安心して観られるなあと思いました。おすすめです。
おじいちゃん映画
記事検索

現在917件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM