ヒューゴの不思議な発明/映画の原点に、帰ろう。

ヒューゴの不思議な発明/Hugo

ヒューゴの不思議な発明Hugo/監督:マーティン・スコセッシ/2011年/アメリカ


いま、人々を驚かせたあの『映画』を、もう一度。


試写会で見ました。試写でも3Dだったのですが、これは3Dで見たほうがいい映画だと思いましたよ。アカデミー賞は美術賞、撮影賞、音響編集賞、視覚効果賞、録音賞の受賞ということで、内容を考えるとこれらの賞を受賞したのは納得です。いや、ストーリーより見た目が良かったという意味でなくて。後述します。

ヒューゴの不思議な発明/Hugo

あらすじ:父が遺した自動人形の謎を解きます。

リヨン駅の時計台にこっそり暮らす孤児のヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、父(ジュード・ロウ)の遺した自動人形を修理します。駅で知り合ったイザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とともに、人形の謎を追うのですが…。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
映像がものすごく美しいです。3Dでぜひ。完全におじいちゃん映画だよ。おじい! ちゃん!
おじいちゃんと映画愛「ヒューゴの不思議な発明」/ベン・キングズレー | おじいちゃん映画

フック/ピーターパンは40歳

フック/hook

フック Hook/監督:スティーブン・スピルバーグ/1991年/アメリカ


スティーブン・スピルバーグ黒歴史…?


戦火の馬」予習のためのスピルバーグ週間ですよ。「フック」は、わたし、まだ子供のころに1度見ているはずです。あまり覚えていない。公開年から考えるとあまり子供でもなかった気もするし…。

フック/hook

あらすじ:大人になったピーターパンがネバーランドへ行きます。

仕事一筋の弁護士ピーター(ロビン・ウィリアムズ)。2人の子供たちが行方不明になります。不思議な妖精ティンカーベル(ジュリア・ロバーツ)に連れられてやってきたのは、フック船長(ダスティン・ホフマン)が統治するネバーランドでした。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
途中まではいいんですけど…。ダスティン・ホフマンはかわいい。

ツリー・オブ・ライフ/宇宙、人生、すべての答え

ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)

ツリー・オブ・ライフThe Tree of Life/監督:テレンス・マリック/2011年/アメリカ


ショーン・ペンがエレベーターで天国に行って戻ってきます。


テレンス・マリック監督の映画を今まで見たことがなく、ブラッド・ピットも(いい俳優だとは思うけれど)特に好きというわけではないんですが、Twitterで流れてくるみんなの感想がおもしろくって見に行きました。
だいたいどういう映画なのかを先に知って心の準備が出来ていたので、面食らうことはなかったですね。
予告の印象だけで見るとすごい戸惑ったと思います。というか予告の印象だけでは見なかったなあ。

今回のエントリのタイトルは、きっと誰かともろかぶりすると思うけれど、このまま投稿しちゃいます。
しょうがないよね(笑

ツリー・オブ・ライフ(The Tree of Life)

宗教的なイメージがこってり入っていますが、わたしはキリスト教にあまり明るくないので、そのあたりについては触れずに書きますね。

あらすじ:優しいお母さんと厳しいお父さんに育てられて、おとなになりました。

1950年代のテキサス。母(ジェシカ・チャステイン)と父(ブラッド・ピット)と3人の息子。光が揺らめき、宇宙が始まる。微生物の誕生から海へ、そして陸へ上がるとそこには恐竜が! 隕石も落ちるよ!


ネタバレしています。でもネタバレとかあんまり関係ない映画だと思うよ。

おすすめ
ポイント
おもしろいですが、人に薦めるかと言ったら勧めない映画です。
見終わった後ドッと疲れました。せめてあと30分短ければ…。

デビルクエスト/ニコラス・ケイジ&ロン・パールマン&クリストファー・リー無駄遣いファンタジー映画

デビルクエスト(SEASON OF THE WITCH)

デビルクエストSEASON OF THE WITCH/監督:ドミニク・セナ/2011年/アメリカ


ださい邦題に見合った内容です。


カリフォルニア」「60セカンズ」「ソードフィッシュ」「ホワイトアウト」のドミニク・セナ監督最新作です。どれも見ていないんですよね…。

デビルクエスト」って、だっさ! だっさいわー! これはないわー、と思いますよね。
原題は「Season of the Witch」(魔女の季節)。もうさ、邦題も「シーズン・オブ・ザ・ウィッチ」でいいじゃんね、と思いますよね。これがね、観終わってみると、うむ、なるほど「デビルクエスト」でよしと思います。合ってるという意味ではなく、「こんなもん『デビルクエスト』でいいわ」という感じ。ひどすぎて腹が立つというんじゃなくて、どうでもいいという感じよ。

デビルクエスト(SEASON OF THE WITCH)あらすじ:少女を魔女裁判にかけるため、旅をします。

この映画はすごいです。まず、キャラクターですね、メインの登場人物は6人くらいなんですが、人格というものがない。全員なにもないんですね。空っぽ人間です。ニコラス・ケイジロン・パールマン、そしてクリストファー・リーというおもしろい顔俳優をキャスティングしたにも関わらず、この空っぽさはすごいです。
おすすめ
ポイント
おすすめできません。ニコラス・ケイジ特有の立ち方(ニコラス立ち)もしません。
悪魔に頭突きを食らわせるのが唯一珍しくて良いのか…な…? かっこわるいけど…。

ウィロー/完全に指輪物語だが楽しい映画

ウィローWILLOW/1988年/アメリカ/ロン・ハワード

子供の頃に見たことがあって、「生まれた子どもがこびとだったから川に流された」「マッドマーティガンがかごに入れられて吊るされている」っていうのだけ覚えていたんですね。前者は間違いなんですけどね。それで十数年ぶりに見直したら、これがすごい指輪物語でびっくりしましたね。

WILLOW強大な力を持った指輪を捨てるために、フロドはホビット庄から旅立ちます。
ホビット庄のホビットっぷりはすごくて、小人を200人以上集めたようです。「オズの魔法使」のマンチキンランド並ですね。
WILLOWガンダルフはついてきてくれません。エルフの国へ行くと、ガラドリエルがびかびか光りながら出てきて、フロドを励まします。
ガンダルフのおててがちびちゃくて可愛い! きゃわいい!
WILLOWちんけな盗人のようだけど本当は剣豪のアラゴルン。ボロミアとは知り合いです。ボロミアは死にます。
雪山にも行きます。しかも撮っているのがニュージーランドなので、絵の感じまで「ロード・オブ・ザ・リング」そっくりなのでした。
WILLOW指輪がほしいサルマン。サルマン子です。塔の上にいます
サルマン子超悪いです。わる〜い!
WILLOWガンダルフが復活しました。白いです。白のガンダル子です。
サルマン子とガンダル子は知り合いのようです。ホビットのガンダルフはガンダルフではありませんでした。ごめんごめん。サルマン子とガンダル子が取っ組み合いのケンカをします。
わざとそれらしく抜き出してこじつけたわけではなく、ほんとにこんななんですよね。わたしは「指輪物語」を読んだことはないので、「ロード・オブ・ザ・リング」の印象しかないんですが、絵で見てもこれだけ似ていると笑っちゃいます。

赤ちゃんのころころと変わる表情をよくとらえているところは素晴らしいですね。
子供のころ、ヴァル・キルマーかっこいいなあって思っていたんですが、改めてパッケージ見たらぜんぜんかっこよくなかったですね。でも映画見てたらまたかっこよく見えてきました。ハハハ。
あー、あとトロールはちょうこわい。がさささって黒い影がね。

オリジナリティはまったくないんですが、それはともかくとしても楽しい映画だと思います。

JUGEMテーマ:洋画
photo
ウィロー - 特別編 - [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2002-09-27
評価

by G-Tools , 2012/03/26

おじいちゃん映画
記事検索

現在1004件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM