キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー/愛国心か、任務か。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャーCaptain America: The Winter Soldier/監督:アンソニー・ルッソジョー・ルッソ/2014年/アメリカ


変わる祖国を、それでも守れるのか。


試写で鑑賞。公開は4/19です。109シネマズ木場 IMAX 3D字幕で、J列だったかな。まったく事前情報なしで見に行きました。前作「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」は見ています。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

あらすじ:S.H.I.E.L.D.のようすがおかしい。

キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)はS.H.I.E.L.D.の元で一生懸命働いていたんだけれど、なんかちょっと周りの様子がおかしくなってきて、どういう…ことなの…ってなります。

※ちょっとネタバレしています。ネタバレっぽいところの前には注意書きがしてあります。
見どころがありすぎて頭がパンクしそうですよ〜。
お話がすごくよくて、細かくいろいろ書きたいこともあるんだけれど、もう1回鑑賞しないとまとまらないなって思います。


おすすめ
ポイント
前作の、やや投げっぱなし感みたいなのを全部回収していて素晴らしいと思いました。アクションシーンがたまりません。スカーレット・ヨハンソン最高です。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド/今度のロキはヤバかった!

マイティ・ソー/ダーク・ワールド/Thor: The Dark World

マイティ・ソー/ダーク・ワールドThor: The Dark World/監督:アラン・テイラー/2013年/アメリカ


ロキちゃんが! ロキちゃんがわたしの心をぜんぶ持ってった!


ミラノ座2Dで鑑賞。ミラノ座大好き。E列だったかな。ポール・ウォーカー遺作「ハリケーンアワー」の予告で泣いてた。だから泣く準備が出来ちゃってた。そして泣いたね。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド/Thor: The Dark World

あらすじ:ソーがロキと手を組みます。

なんかヤバい液体があって、ジェーン(ナタリー・ポートマン)がうっかり触ったら体調がおかしくなったうえにダークエルフっていうちょう強いやつらが復活してきて、ソー(クリス・ヘムズワース)がこりゃどうにもできんわってことでロキ(トム・ヒドルストン)に『ちょっと手伝って』って言います。

ネタバレしています。
ロキのことしか書いていません。


おすすめ
ポイント
ロキに泣く…。前回ほぼ寝ているだけだったオーディンが張り切っています。ソーは相変わらずのピュアかわいい。前作より格段におもしろかったです。

ウルヴァリン:SAMURAI/不死身の浪人ミュータント 東京へ行く

ウルヴァリン:SAMURAI/The Wolverine

ウルヴァリン:SAMURAIThe Wolverine/監督:ジェームズ・マンゴールド/2013年/アメリカ、オーストラリア


ヒロシマ・ナガサキ ハラキリ・ヤクザ ニンジャ・サムライ ウルヴァリン


TOHOシネマズ日劇3Dで鑑賞。2Dでもいいかなと思います。
わたしはね、「悪魔の毒々モンスター 東京へ行く」の豪華版みたいなかんじだったら満足だな! って思って見に行きました。結果、そういう意味では満足です。

ウルヴァリン:SAMURAI/The Wolverine

あらすじ:ウルヴァリンが日本へ来ました。

ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が山にこもってたら、ユキオ(福島リラ)っていう赤い髪の女が来て、むかしウルヴァリンに助けられたっていうお金持ちのおじいちゃん(ハル・ヤマノウチ)がお礼を言いたいから日本に来てよって言うんで、1日だけですよって約束で来日しました。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
誇張された日本描写がおもしろいです。外国の方が見てどう感じるのかはともかくとしてですね。これはもう、日本人で良かったと思って見るのが一番かとおもいますね。

マン・オブ・スティール/スーパーマンめっちゃ速いッ!

マン・オブ・スティール/Man of Steel

マン・オブ・スティールMan of Steel/監督:ザック・スナイダー/2013年/アメリカ


そしてロイスはたいへん『都合の良い女』でした。


新宿ミラノ座で鑑賞。ミラノ座大好き! 今回もね毎度のことながら、情報完全遮断しておりまして、まあでも、ゾッド将軍出ることは知ってた。あと、Twitterで「ドラゴンボール」って言われてたんだけど、わたし「ドラゴンボール」知らないから問題なしって思ってたよ。でも問題はほかにあったよね。

マン・オブ・スティール/Man of Steel

あらすじ:スーパーマンとゾッド将軍が地球に来ました。

クリプトン星がもうだめだーってなったからジョー(ラッセル・クロウ)があわてて息子カル=エルを地球に送ったら、ケント夫妻(ケヴィン・コスナーダイアン・レイン)が拾って、クラーク(ヘンリー・カヴィル)って名前つけて育ててたんだけど、ゾッド将軍(マイケル・シャノン)も地球に来てややこしいこと言いだしたのね。

ネタバレはありません。あんまり褒めてないかなー。


おすすめ
ポイント
ケヴィン・コスナーだね、お父さん良かったよ。生みの親より育ての親って言うしね。あとは、はんぱなく街がしっちゃかめっちゃかになるので良いとおもいます。

アイアンマン3/ポッツいらない。

アイアンマン3/Iron Man 3

アイアンマン3Iron Man 3/監督:シェーン・ブラック/2013年/アメリカ


ヒーローの足を引っ張る女は嫌いです。


ミラノ座で鑑賞。相変わらず予告回避しまくってました。なんとなくもっと暗い話になってるのかなと思ってましたが、そんなことはなくて良かったですね。アイアンマンが暗いのは似合わないですからね。コミカルすぎるかとも思いますけれども、暗いよりはずっといいです。

アイアンマン3/Iron Man 3

あらすじ:トニー・スタークの調子が悪くなりました。

アベンジャーズ」の戦いから1年後、トニー・スターク(ロバートダウニーJr)は会社を恋人のポッツ(グウィネス・パルトロウ)に任せてアーマーの開発に没頭していたのだが、パニック障害と不眠症を患っていた。そんなある日、元科学者アルドリッチ・キリアン(ガイ・ピアース)が現れる。


ネタバレしています。褒めていません。ポッツを褒めていません。褒めない感想が苦手な方とポッツが好きな方はスルーしてください。

おすすめ
ポイント
マーク42がかっこいいです。トニー・スタークにはジャーヴィスが居ればそれでいいと思います。ジャービスかわいい。ジャービスいい子。
おじいちゃん映画
記事検索

現在921件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM