グランド・ブダペスト・ホテル/血まみれの甘いお菓子を召し上がれ

グランド・ブダペスト・ホテル

グランド・ブダペスト・ホテルThe Grand Budapest Hotel/監督:ウェス・アンダーソン/2014年/ドイツ、イギリス


まるで、絵本のような映画です


ジャパン・プレミアで鑑賞。TOHOシネマズ六本木スクリーン5、N2で鑑賞。公開は6月6日です。
わたしはウェス・アンダーソンの映画をあまり…2本しか見たことがないんですね。
ちょっとそのことは先に言っておきますね。

グランド・ブダペスト・ホテル

あらすじ:殺人事件の犯人にされそうになってアタフタします。

グスタフ(レイフ・ファインズ)はホテルのコンシェルジュとして老女に枕営業してたんだけど、ある日、帰宅した老女が死んでしまった上に遺言でグスタフに貴重な絵を贈るってなったんで、老女の息子(エイドリアン・ブロディ)がキーッてなって、ジョプリング(ウィレム・デフォー)が追っかけたりします。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
とにかく美術がいいですね。かわいいですね。お話も面白いと思いますよ。キャストも豪華ですしね。

8月の家族たち/大平原の小さな家

8月の家族たち

8月の家族たちAugust: Osage County/監督:ジョン・ウェルズ/2013年/アメリカ


家族はいろいろ、大変だ。


試写で鑑賞。公開は4月18日です。よみうりホールでの試写は何度か行っていますが、毎回エレベーターで7階まで上がってしまい、そのあと激混みの階段に並び直させられるため3階まで降りるというのを繰り返すので、そろそろ覚えましょう。エレベーターに乗ってはいけない!

8月の家族たち

あらすじ:親戚の集まりで大騒ぎ。

母(メリル・ストリープ)のもとへ子供たちが集まってきたら、たいへんなことになってしまいました。

ネタバレはありません。


登場人物は、
  • 老夫婦とお手伝いさん(メリル・ストリープサム・シェパードミスティ・アップハム
  • 妹夫婦と息子(マーゴ・マーティンデイルクリス・クーパーベネディクト・カンバーバッチ
  • 長女夫婦とその娘(ジュリア・ロバーツユアン・マクレガーアビゲイル・ブレスリン
  • 次女(ジュリアン・ニコルソン
  • 三女とフィアンセ(ジュリエット・ルイスダーモット・マローニー
となっております。

おすすめ
ポイント
「おとなのけんか」が好きな人におすすめ。トッド・ソロンズ監督作が好きな人にもいいかも。

リベンジ・マッチ/30年越しの因縁対決!

リベンジ・マッチ

リベンジ・マッチGrudge Match/監督:ピーター・シーガル/2013年/アメリカ


スタローンとデ・ニーロが喧嘩してます!


丸の内ピカデリーシアター2、T-18で鑑賞。

リベンジ・マッチ

あらすじ:ロッキーVSレイジング・ブル。

元ボクサーのヘンリー(シルベスタ・スタローン)と ビリー(ロバート・デ・ニーロ)が30年ぶりに戦います。

ネタバレはありません。
あんまり褒めていません。っていうか褒めていません。


おすすめ
ポイント
若いころのシーンはどうやって撮ったんでしょう…。

LIFE!/世界はずっとそこにあって、ただ、僕がそれを知らなかった

LIFE!

LIFE!The Secret Life of Walter Mitty/監督:ベン・スティラー/2013年/アメリカ


こんな世界は想像できなかっただろ、って、現実が言ってくるんだ


TOHOシネマズ日劇スクリーン1、K-18で鑑賞。
原作未読、オリジナル「虹を掴む男」も未見です。ベン・スティラーだから見ました。

LIFE!

あらすじ:写真がない!

『LIFE』編集部でネガフィルム管理をしているウォルター(ベン・スティラー)は、休刊する『LIFE』最後の表紙を飾るはずのネガフィルムがなくってめちゃくちゃやばいし、新しいボスのテッド(アダム・スコット)がねちねちいじめてくるので、もう、このやろうてめえぶっ飛ばしてやる!(ただし妄想の中で

※ストーリー上のネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
「見たらサントラ欲しくなるよ」って言われていたので、先に買ってから鑑賞しました。で、聞きながら帰ったよ。しみじみとよい映画でした。おすすめです。映画ネタけっこうあります。

ウルフ・オブ・ウォールストリート/魂だって売ってやる

ウルフ・オブ・ウォールストリート/The Wolf of Wall Street

ウルフ・オブ・ウォールストリートThe Wolf of Wall Street/監督:マーティン・スコセッシ/2013年/アメリカ


ンーンー ンンン ンンン ンーンー ンンンンー(どんどん!)


丸の内ピカデリー2、2階U-18で鑑賞。丸の内ピカデリーは2階席がおすすめです。
マーティン・スコセッシレオナルド・ディカプリオのコンビなら間違いはないだろうと思って見に行きました。これは最高ですね! 素晴らしいです。

ウルフ・オブ・ウォールストリート/The Wolf of Wall Street

あらすじ:株を売って大儲け。

株式ブローカーのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、毎日ドラッグをやまほどやりつつ違法な手段で金を稼ぎまくっていた。マーク・ハンナ(マシュー・マコノヒー)はンーンーって言ってた。

ネタバレしています。
ストーリー上のネタバレはありません。ネタバレの前には注意書きがあります。


おすすめ
ポイント
ちょっとしか出ていないのにも関わらずマシュー・マコノヒーがすごい。ディカプリオは前からいい役者でしたけれど最近どんどん良くなっていますね。ゲスいです。おすすめよ。
おじいちゃん映画
記事検索

現在1004件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM