フローレス/フィリップ・シーモア・ホフマンのオカマ演技がすごい

Flawless

フローレスFLAWLESS/1999年/アメリカ/ジョエル・シュマッカー


「あたしはアーティストなの!」「おまえはドラァグクイーンだよばか!」

あらすじ:堅物の元警官・ウォルト(ロバート・デ・ニーロ)は、同じアパートに住むドラァグクイーンのラスティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)といつも言い合いをしていた。ある日、ラスティの部屋にマフィアが押し入る。その騒動が原因で、ウォルトは脳卒中を起こし半身麻痺になってしまう。リハビリのため歌うことを勧められたウォルトは、ラスティにレッスンを依頼する。

Flawless
ラスティと仲間たちのショータイム。ラスティの長いセリフはここのシーンが最初なんだけど、フィリップ・シーモア・ホフマンのオカマ演技があまりにもうまく感動しました。ねえさん!
そしてこのシーンはもっと長くても良かった! 映画的には別に長くなくていいんだけど、もっと観たかった。いや、こういうのが見たいなら別の方法があることも…わかってます…。

フィリップ、きみを愛してる!/乙女彼氏と嘘つき彼氏

I Love You Phillip Morris

フィリップ、きみを愛してる!I Love You Phillip Morris/2009年/アメリカ・フランス/グレン・フィカーラ、ジョン・レクア


おっさんふたりのラブコメディ ※実話

あらすじ:元警官で妻子持ち隠れゲイのスティーヴン・ラッセル(ジム・キャリー)は、交通事故をきっかけに「俺はノンケのふりをやめるぞ!」と、生き方を一変させる。自分に正直に生きるって超たのしい! 彼氏もかわいい! 最高! でも…お金がかかる! 彼氏へのプレゼント代や旅行代を捻出するため、スティーヴンは詐欺を始めるのだった。

I Love You Phillip Morris
かわいい彼氏、ジミー・ケンプル(ロドリゴ・サントロ)。
この顔、見覚えが……誰だっけ…この、目の中ぜんぶ黒目みたいな人……うーん…

ブルーノ(Brüno)



ブルーノBrüno/ラリー・チャールズ/2009年/アメリカ


BRUNO海外版DVDで鑑賞。すごかったです、すごいこわかった! 無茶をしおる!

ハーイ! あたしブルーノ! オーストリア人でゲイのファッション・レポーターなの! キャハハ!

今日は全身ベルクロで出来た服を着て、ミラノコレクションの舞台裏でインタビューよ!

「モデルの仕事って大変でしょ〜? 右足出してぇ、次は左足出してぇ、混乱しちゃわなーい?」
「そうね、ターンとかサイアクだわ」


なーんてしゃべってたら、足すべらせちゃった! 大変! 更衣室の布がベルクロにくっつく! 吊してある衣装もくっつく! よろけて転んだら、ステージに出ちゃった…! でも、焦っちゃいけないわ、堂々と歩けばいいのよ! 

…ぜんぜんよくなかったわ…、逮捕されるし、どこのファッションショーにももう入れないし、番組からは解雇されるし、小人でフライトアテンダントの彼氏にはふられるしで、もうサイアク…。グスン…。こうなったら、アメリカに行って、ヒットラー以来のオーストリア人スーパースターになってやるんだからッ!

ひとりぼっちになってしまったブルーノについてきたのは、アシスタントのアシスタントである冴えないおっさん、ルッツだけ。

ブルーノは、セレブリティにインタビューする番組のパイロット版を作って売り込みにゆきます。なんと、ハリソン・フォードのインタビュー! レストラン(ホテルかも)から出てきたハリソン・フォードにマイクを向けたら一言「失せろ!」と言われて終わり。

BRUNO
(※運営に怒られると困るのでボカシ処理をしましたが、実際はもろ出しです)
そしてブルーノ前半最大の問題シーン、おてぃむてぃむが超ドアップでぐるんぐるん回り、尿道がパクパク動いて「ブルーノ!」と叫ぶ! この最低に下品なネタで大笑いしてしまいました。これ、日本公開時はカットだそうです。しょうがないよネ! でもこんなバカバカしいシーンが猥褻とは思わないヨ!

「ガンより悪い」「セックステープでも作れ」などと酷評され(そりゃそうだ)、「じゃあ、有名人とのセックステープを作れば有名になれるのね!」と盛大にカンチガイしたブルーノは、ロン・ポール(元アメリカ大統領立候補者)に対し、インタビューのふりをしてセックスにもちこもうとします。キレたロン・ポールおじいちゃんが一言「変態野郎!

ブルーノへこたれません。今度は「セレブリティはみんなチャリティー活動をしてるからぁ、あたしもやればいいのね! そしたら有名になれるわ! 一発で有名になるチャリティ活動はぁ、他の人がやってないヤツ…そうね、パレスチナ問題ね!」とまた盛大にカンチガイしてしまいます。

イスラエルの人とパレスチナの人を呼んできて「ハモスってぇ、何が問題なの? おいしいのに!」と言い、両方から「それは食べ物です、問題になっているのはハマスです」と突っ込まれます。そして「平和のための歌を作ってきたの!」と妙な歌を振り付きで歌うのでした。居心地悪そうなイスラエルの人とパレスチナの人の表情がたまりません。

BRUNO
さらにブルーノは、アルカイダのテロリストグループリーダーのところへ行き「あんたたちのリーダーのオサマ・ビンラディンってぇ、汚い魔法使いかホームレスのサンタクロースみたいね!」と言い放ち、追い出されます。いやほんとまじで怖いから! 爆弾発言過ぎる! そんな一発ギャグのために体はりすぎだよー。

BRUNO
ブルーノは「やっぱりセレブリティは養子をもらうべきよね! マドンナとかも持ってるし!」とまたしても盛大なカンチガイをしつつ、中東から帰る途中で黒人の子供をipodと交換して手に入れます。

BRUNOそして、シングルファーザーとしてテレビ番組に出るのですが、その前に赤ちゃんタレントの親にインタビューするんですね。
死んだ動物と一緒に撮るのは平気?
お子さんの体重は今13ポンドね、来週までに10ポンド脂肪吸引して落とせる?
ヒットラーの格好をさせるのは平気?
などと、普通の親だったら絶対にそんなこと子供にさせないだろうっていう質問をするのだけれども、親は子供を有名にしたい一心ですから、親はみんな「できます!」って答えるのです。怖いです。

(この子供タレントオーディションシーンはマジだそうで、サシャ・バロン・コーエンも「ほんと怖かった」と言っています。
テレビ番組で一悶着あり、かわいい黒人の赤ちゃん(名前はO.J.。ブルーノいわく「伝統的なアフリカンアメリカンの名前よ!」)は、孤児施設の人に連れて行かれてしまいます。ブルーノ大ショック! ファミレスで「炭水化物自殺」を試みます。まあただのスイーツ大食いなんですが。

そこへ、すっかりその存在を忘れられていたルッツがやってきて、ブルーノを慰めつつホテルへ行くのでした。情熱的と思われる一夜を過ごした次の朝、ブルーノは「愛してくれなきゃ死ぬ!」と言うルッツに「昨夜は目が曇ってたわ、あたし、あんたのことなんか愛してないのよ! あたしは、ブルーノ!」と叫ぶのでした。なんなんですか、その名乗りは。

本格的にひとりぼっちになったブルーノは気づきます。「トム・クルーズもケヴィン・スペイシーもジョン・トラボルタも、セレブリティはみんなストレートじゃない! あたしもゲイをやめれば有名になれるわ!」またそういうカンチガイを…。

衝撃のラスト!「Dove of Peace」という曲をブルーノが歌うのですが、ゲストがすごい! よく呼んだ!

Bruno
一番笑ったのは、スティビー・ワンダーを「スティービー・ヴンダバー」、ウィル・スミスを「ヴィルヘルム・シュミット」、ブラッド・ピットを「ブラッドルフ・ピットラー」と呼んで、最後に「総統にもインタビューできないの?」と指さしたのがメル・ギブソンというところ!

▼関連記事
映画感想 * FRAGILE | ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習

アメリカでは、「ボラット」より「ブルーノ」のほうが評価がずっと低いそうです。理由の一つにゲイ差別があるように思います。

photo
bruno 完全ノーカット豪華版 [DVD]
エイベックス・マーケティング 2010-09-03
評価

by G-Tools , 2011/11/21

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(HEDWIG AND THE ANGRY INCH)

Hedwig and the Angry Inch

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチHEDWIG AND THE ANGRY INCH/ジョン・キャメロン・ミッチェル/2001年/アメリカ


ヘドウィグは自分の片割れを探し、着飾って愛を乞う。けれど結局、彼が信じた人たちは、みんな彼を置いて去ってしまう。カツラを脱ぎ服を捨てて裸で歩き出す彼は、片割れなんて最初からいなかったことを知る。
ひとは最後には独りになってしまうのだろうかと思う。わたしは独りになりたくない。

イツハクが女…。ヒゲ生えてない顔見てびっくり。声が妙に高いと思ったんだよなあ。

photo
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]
ジョン・キャメロン・ミッチェル
エスピーオー 2002-09-06
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在998件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM