LEGO® ムービー/世界を与えられて生きる者たち

レゴ・ムービー

レゴ・ムービーThe Lego Movie/監督:フィル・ロードクリストファー・ミラー/2014年/アメリカ、オーストラリア、デンマーク


徹底的にレゴの世界観をつらぬいております。


新宿ピカデリースクリーン6、E-10で鑑賞。リーアム・ニーソンの声が聞きたかったので3D字幕です。
3Dだと彩度が落ちてしまうので、レゴの鮮やかな色を堪能するには2Dのほうがいいとおもいます。

わたしは「くもりときどきミートボール」も「21ジャンプストリート」も見ていないので、フィル・ロードクリス・ミラーがどういうかんじの映画を撮る人たちなのか知らなかったんですよね。

レゴ・ムービー

あらすじ:平凡な僕が選ばれた!

平凡な建設作業員エメット(声:クリス・プラット)は、毎日マニュアル通りに過ごしていたんだけど、ある日「お前は選ばれた者なのじゃー」って言われて、まじですかーってなります。

※ざっくりネタバレしています。ストーリーとしてのネタバレはありませんが、オチに触れているので未見の方はご注意ください。


おすすめ
ポイント
楽しくてにこにこしちゃいます。しかし後半涙が止まらない…。おすすめです。映画ネタ・アメコミネタたっぷりあります。バットマン、スーパーマン&グリーン・ランタンは最高だよ〜。

アナと雪の女王/やめて、あなたを傷つけたくないの

アナと雪の女王

アナと雪の女王Frozen/監督: クリス・バックジェニファー・リー/2013年/アメリカ


それがわたしの運命ならば、孤独であってもかまわない。


TOHOシネマズ日劇スクリーン3、M-16で鑑賞。字幕版2Dです。
日本公開のずっと前に海外で見たひとから『大好きになるか大嫌いになるかどっちかだと思うから、絶対に見てね』って言われていまして、すごい期待値高かったです。予告回避たいへんでした…。

アナと雪の女王

あらすじ:おねえちゃんが世界を凍らせました。

生まれつき氷の魔法が使えるエルサ(声:イディナ・メンゼル)は、その力のため妹アナ(声:クリスティン・ベル)を傷つけてしまい、力を制御しようとするのですが…。

ネタバレしています。
というかネタバレしか書いていないので、未見の方はご注意下さい。


おすすめ
ポイント
エルサ様! エルサ様すばらしいです。美しい。たまりません。泣きすぎてたいへんでした。

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語/愛が美しいものでないことを、彼女は知ってしまった

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語/Puella Magi Madoka Magica the Movie Part III: The Rebellion Story

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語Puella Magi Madoka Magica the Movie Part III: The Rebellion Story/監督:新房昭之、宮本幸裕/2013年/日本


TVシリーズでたいへんだったほむらちゃんは、劇場版でもやっぱりたいへんでした。


新宿ピカデリースクリーン2、E列で鑑賞。足が伸ばせるのと柵があるので便利です。新宿ピカデリー自体はあんまり好きじゃない映画館ですけれども「グランド・イリュージョン」とはしごしたかったのでしかたなくね。

TVシリーズが好きで以前ぐだぐだと感想書きました(「魔法少女まどか☆マギカ/そして、この世を救う者。」)が、前回の劇場版は未見です。ほむらちゃんがすきです。

魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語/Puella Magi Madoka Magica the Movie Part III: The Rebellion Story

あらすじ:4人の魔法少女が戦う街へ、ほむらちゃんが転校してきます。

鹿目まどか、美樹さやか、巴マミ、佐倉杏子は、魔法少女として日々元気に仲良くナイトメア退治をしていたんだけれど、そこへ暁美ほむらが転校してきてからたいへんなことになりましたね。

ネタバレはありません。ないと思う。いや、あるかな…。うーん、やっぱり読み返してみるとネタバレしています。ネタバレの前には注意書きをしています。


おすすめ
ポイント
それぞれに戦いの見せ場があってよかったですね。変身シーンがあるのもいいです。映像は全体的に目がチカチカします。ほむらちゃんかわいそうかわいい。

シュガー・ラッシュ/特別な存在になれたなら

シュガー・ラッシュ/Wreck-It Ralph

シュガー・ラッシュWreck-It Ralph/監督:リッチ・ムーア/2012年/アメリカ


ゲームのルールは、変えられないけれど。


TOHOシネマズ有楽座で鑑賞。見終わった後、ロビーで隣に居たカップルが「春麗いたよね、あの軍人のキャラと」「誰だっけわかるけど思い出せない」「えーと」とか言っていたので、つい「き、キャミィです」って答えてしまいました。つい。

あと、ザンギエフ悪役問題に関しては、あきまんさんが

とおっしゃっているので、これでいいものなのだと思っております。ちなみにわたしがヒールだのベビーフェイスだの言っているのは、ザンギエフのキャラクター設定をよく知らず、プロレス的にという意味でした。

シュガー・ラッシュ/Wreck-It Ralph

あらすじ:悪役がヒーローになろうとします。

アーケードゲームので悪役を演じるラルフ(ジョン・C・ライリー)は、毎日続く悪役生活と生活環境の悪さにうんざりしていた。メダルを獲得すればヒーローになれると思った彼は、他のゲームの世界へ飛び出し、メダルを手に入れるのだが…。

ネタバレしています。わたしちょっと戸惑ってて、べた褒めではないです…。


おすすめ
ポイント
古いアーケードゲームネタが多いので、かつてゲーセン通いをしていた方におすすめです。普段虐げられていると感じている方にも。軍曹かっこいいです。

メリダとおそろしの森/母がしんどい

メリダとおそろしの森/Brave

メリダとおそろしの森Brave/監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン/2012年/アメリカ


「ほうら、ね、おかあさんの言ったとおりでしょう」


一番最初に出た予告がすごく暗くて、お母さんとの確執のお話っぽかったので期待していました。テレビ予告あたりから、あれ、もしかしてすごいコメディなのかなあ…と不安がよぎりつつですね。ちなみにTOHOシネマズ日劇で3D字幕での鑑賞です。

メリダとおそろしの森/Brave

あらすじ:魔法をかけられたお母さんを助けます。

伝統に反発する娘メリダ(ケリー・マクドナルド)と、王女らしく振る舞うことを強要する母(エマ・トンプソン)。ある日、鬼火に導かれたメリダがたどりついたのは、魔女の家だった。

ネタバレはありません。褒めていません。


おすすめ
ポイント
見るなら2Dでどうぞ。なぜなら3D映画にもかかわらずクライマックスが真っ暗だからです。
母子で見るには良いかもしれません。
おじいちゃん映画
記事検索

現在903件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM