マーズ・アタック!/おやじどものいい顔

Mars Attacks!

マーズ・アタック!Mars Attacks!/1996年/アメリカ/ティム・バートン


大学生くらいのときに1度見ました。2010年9月20日、再鑑賞。

Mars Attacks!ジャック・ニコルソンのいい顔

ある日火星人がやってきた! しかし話がまったく通じなかった!

大統領はなんとかがんばって平和に交渉しようとするんだけどぜんぜんだめだった! がんばるのをあきらめて核爆弾をぶちこむけど大失敗! ガーン。どんどん疲弊していくジャック・ニコルソンのいい顔がよすぎる。んもう! すき!

大統領を助けるのが、ゲーム好きな黒人少年ってところがいいよね。最終的に火星人を倒すのもホワイトトラッシュだし。ジャック・ブラックが若い。そして半ケツであっさり死んでた。ハハハ。
Mars Attacks!でも一番がんばったのはやっぱりバイロンおとうちゃん! おとうちゃんがんばった。最後、家に帰ってくるところジーンとするよね。これからは家族4人で仲良く暮らしてほしいなー。

おとうちゃん、あんなにがんばったのに、いい写真がさっぱり見つからない。
Mars Attacks!
ダニー・デヴィートのいい顔

おやじのいい顔と容赦無い人体破壊描写たまらんです。

photo
マーズ・アタック! [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-10-06

by G-Tools , 2014/07/18

地球の静止する日(THE DAY THE EARTH STOOD STILL)/「話せば解る」は幻想

The Day the Earth Stood Still

地球の静止する日THE DAY THE EARTH STOOD STILL/1951年/アメリカ/ロバート・ワイズ


あらすじ:ある日突然宇宙からやってきた飛行物体がワシントンに着陸した。中から出てきた人間型の異星人・クラトゥは、「人間には危害を加えない」と言う。しかし、クラトゥが内ポケットから武器的な何かを取り出したため、軍人は彼に向かって発砲する。

The Day the Earth Stood Still
ロボットのゴートたん。よちよちかわいい。懐中電灯のちかちかでも命令を聞ける、賢い子。

すると今度は宇宙船の中からロボットが現れる。そして、周囲を取り囲んでいた戦車などをビームでひらぺったく溶かしてしまう。

遊星からの物体X (THE THING)

The Thing

遊星からの物体XTHE THING/1982年/アメリカ/ジョン・カーペンター


パラノイア的な部分は「スクリーマーズ」に似ていますね。自分が誰なのかもわからない、完全変身するまでの精神的な変化についてもわからない(乗っ取られた時点で何か変化しているのか、完全変身とともに変化するのか、それ以外か)っていうところが、すごく怖いなっと思います。

The Thing
ノルウェー人はけっこうがんばったんじゃないのかな? のっとられ犬ちゃんを追いかけてあそこまで来られたし、ヘリコプターや灯油も残ってたしね。この犬ちゃんの行動から考えると、乗っ取られて変身したあとは精神的に変化が出るってことでいいんだろうなあ。わんわんお。

第5惑星(ENEMY MINE)/わたしたち、仲良くできないの?

Enemy Mine

第5惑星ENEMY MINE/1985年/アメリカ/ウォルフガング・ペーターゼン


2085年、人類はドラコン星人と宇宙戦争を繰り広げていた。
未開の惑星に不時着した地球軍のダビッジとドラコン星人のジェリバ。はじめは争っていたが、厳しい環境の惑星で協力し合い生活するうち、次第に友情が芽生え始める。

第9地区」も「エイリアン・ネイション」もそうなんだけれど(そしてこういう設定の映画は他にもあるんだろうけれど)、異なる文化を持ちいがみあう種どうしでも、認め合って理解し合おうという気があれば、最低でも個人間ではうまくやっていけるっていうことがさ、こうやって繰り返し映画にされているにも関わらず、現実に与える影響が少ないように思うよ。エイリアンものじゃなくても、「グラン・トリノ」や「フローズン・リバー」もおおまかには同じなんだよね。いや、そもそも同じ文化をもつ者どうしでもいがみあうんだから、映画から学んだことを日常生活に反映していくのは無理なのかな。

光る眼(VILLAGE OF THE DAMNED)

Village of the Damned

光る眼VILLAGE OF THE DAMNED/1995年/アメリカ/ジョン・カーペンター

のどかな田舎町で、突然人々が失神する謎の事件が起きた。しばらくすると、町の女たちが全員妊娠していると判明する。

処女も旦那が1年不在だった奥さんも妊娠しちゃうので、集団失神事件が妊娠のきっかけだと判明するまではすっごいもめたんだろうなーと思うよね。

そしていっせいに出産を迎えるわけだが、まあこれがすごい絵でね、分娩台がずらーっと並んでて、みんなでいきむ。で、ぽこぽこ生まれる。

Village of the Damned
ところが、子どもが育ってみると、みんななんかおかしい。ビカーンと目が光り、他人の考えを読んで体を操るのだ。しかも、ただ自分の都合のいいように動かすんじゃなくて、大怪我を負わせたり自殺させちゃったりする。これは困りましたよ。

医師のチェフィーは、子供に考えを読まれない方法を見つける。それは、まったく関係のないことを想像して心に壁を作るというものだった。

Village of the Damned
クライマックスでのチェフィーと子どもたちの対決シーンが愉快です。チェフィーは一生懸命レンガの壁を想像し、子どもたちが心を覗こうとがんばって睨む。
そのすきに1人の子供を後ろから母親がさらおうとする。それに気づいた子どもたちがバッと後ろを向く。子どもたちは相手の方を見てないとダメなので、チェフィーは見られていないすきに態勢を立て直す。そうするとまた子どもたちがチェフィーの方を向いて睨む。の繰り返し。

あのさ、子どもたちはさ、なんとか二手に分かれて行動できないのかな! できないんだよね、しょうがないけど、実は効率わるいよね!

爆発シーンが4回くらいあって、なかなか爽快です。よく考えると最初の自動車爆発シーンはいらないんだよね。ヘリウムガス爆発しないからね。あっでもくわえタバコしてたし、ガソリンに引火したのかな…いやいや、これはきっとサービス爆発だと思うよ。

Thomas DekkerThomas Dekker
デイヴィッド役の子は、今公開中の「エルム街の悪夢」に出ているのだね。この写真は「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」のときの。元のサイトに「トーマス・デッカーのエモい髪型」って書いてあった。ハハハ。

photo
光る眼 [DVD]
ジョン・カーペンター
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 2002-11-01

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在971件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM