ビザンチウム/儚き命に爪を立て

ビザンチウム/Byzantium

ビザンチウムByzantium/監督:ニール・ジョーダン/2012年/イギリス、アイルランド


「わたしの話を聞いてください」


TOHOシネマズシャンテF列で鑑賞しました。ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが出ているので見ましたよ。
予告は見ていなかったのですが、ケイレブくん画像を漁っているときにネタバレ画像見ちゃったりしてました。
映画comで「かもし出す“憂い”が人気の新ジャンル「シックボーイ」とは?」ってケイレブくん特集みたいになってましたけど、「シックボーイ」って言ったら「トレインスポッティング」じゃないですかね!

ビザンチウム/Byzantium

あらすじ:ヴァンパイアの少女が過去の話をします。

エレノア(シアーシャ・ローナン)はヴァンパイアで、めっちゃセクシーなおねーさん・クララ(ジェマ・アータートン)と一緒にいるんだけど、とにかく誰かに自分の話を聞いてほしくって、日記を書いては投げ捨て書いては投げ捨てしてました。

ネタバレはありません。わたしがケイレブ推しすぎてシアーシャ・ローナンのことあんまり良く言ってませんが、シアーシャ・ローナンが悪いわけではないです。


おすすめ
ポイント
久しぶりに首がスッパーンと飛ぶ映画を見ました。ケイレブくんの具合の悪さは最高です。絵がとにかくきれいですね。ジェマ・アータートン素敵です。

キャビン/いつだって面白半分

キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

キャビンThe Cabin in the Woods/監督:ドリュー・ゴダード/2012年/アメリカ


わたしたちは、ひとが死ぬのを待っている。


「映画の変態」という試写企画で鑑賞。変態。邦題がどうしてもなんか座りわるくて「キャビン・イン・ザ・ウッズ」で良かったよね。今回もいつも以上にまったく情報を仕入れず見ました。いやーおもしろかったなー。

キャビン/キャビン・イン・ザ・ウッズ/The Cabin in the Woods

あらすじ:若者が湖畔の山小屋で殺されます。
あらすじ的には上の一文だけにしておきたいところですね。わたしが、なにも知らずに見ておもしろかったから…。

ネタバレはありません。ストーリーには一切触れていません。


おすすめ
ポイント
ホラー映画好きな人にはたまらんと思います。グロ描写はあるけれども怖くはないので、怖いのが苦手な人でも見られるのではないでしょうか。わたし怖いの苦手だけど大丈夫だったし!

気狂いピエロの決闘(The Last Circus)/きちがいピエロの三角関係

The Last Circus/Balada triste de trompeta

気狂いピエロの決闘The Last Circus/Balada triste de trompeta/監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア/2010年/スペイン


きちがいピエロが人をブッ殺しまくります。


スペインのホラー映画です。ホラー? 怖くはない。スプラッタ…? ともかく、洋盤ブルーレイで見ました。英語字幕、英語吹き替えで見たのですが、英語の吹き替えってへったくそなのね(笑。
8/4より三大映画祭週間2012@ヒューマントラストシネマ渋谷にて公開されます。
(2012年1月30日に書いた記事ですが、公開記念にもう一度アップします。

あらすじ:内気なピエロが乱暴者のクラウンの彼女に横恋慕しました。

わたし、ピエロとクラウンの違いって初めて知りましたよ…。ピエロは泣いているけれどクラウンは泣いていないんだね。主人公は内気なピエロ、ハビエルさん。カルロス・アレセス。お父さんもピエロでした。

The Last Circus/Balada triste de trompeta

お父さんは冒頭のスペイン内戦で、ピエロのかっこうのまま虐殺しまくっている。当時子供だったハビエルは、お父さんみたいなピエロになるぜ、と心に誓います。人を虐殺するようなピエロになりたいという意味でなくて、人気者のクラウンではなく人からバカにされつつも愛されるピエロになりたい、と誓うんですね。

で、りっぱに気弱なおっさんへと成長したハビエルさんが、あるサーカス団に入るところから物語が始まります。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
ラブストーリーですけれど乱暴で、思いもよらない展開があったりします。おすすめよ。

「ヘルレイザー」シリーズ1〜4/痛い!でもキモチイイ!

ヘル・レイザー/Hellraiser

ヘル・レイザーHellraiser/監督:クライヴ・バーカー/1987年/イギリス


みんな大好きピンヘッドさん。


ヘル・レイザー」シリーズを一気見しました。8まで見た! と言いたいところですが、心が折れて、4までです。1は15年くらい前に見ましたが、なんかかっこよかったよな…くらいにしか覚えていなくてね。

ヘル・レイザー/Hellraiser

あらすじ:箱を開けたら、地獄でした。

解くと超気持ちよくなれるというパズルボックスを開けると、あっという間に地獄の扉が開いて鉤爪のついた鎖が身体に刺さって、なにこれ! 超痛いんだけど! って思ってると、こわいこわいセノバイトさんたちがやってきて身体を引き裂かれ四方八方に飛び散って、ギャー! 痛いだなんて、先に言ってよバカ! って、え、これが「究極の快楽」なんですか…。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
怖いというより、かっこいいです。シリーズが進むごとにどんどんおかしくなっていってしまうのが悲しい…。ピンヘッドさんは、とってもいいキャラクターなのになあ。

チレラマ CHILLERAMA/お下劣でおバカなド低能オムニバスホラー

Chillerama

チレラマ CHILLERAMA監督:ジョー・リンチ、アダム・リフキン、アダム・グリーン、ティム・サリヴァン/2011年/アメリカ


ちんこ! おっぱい! ぶっかけ! ナチス! ホモ! うんこ! ゾンビでセックス!


タランティーノとロドリゲスの『グラインドハウス』おもしろかったよなー、俺らも、好き放題にああいうのやろうぜ…!」と言って作ったかどうかはさだかではありませんが、なんとなくそんなカンジもします。
洋盤ブルーレイで鑑賞。

Chillerama

Chillerama」は、4人の監督が作ったオムニバスです。くだらな〜いホラー短編映画4本で構成されております。

参加監督は「フローズン」のアダム・グリーン、「クライモリ デッド・エンド」のジョー・リンチ、「デトロイト・ロック・シティ」のアダム・リフキン、「2001人の狂宴」のティム・サリヴァンです。わたしはこの4人が監督した作品の中だと、「フローズン」しか見たことないなあ。

あらすじ:ドライブインシアターで、あほあほ映画を上映します。

アメリカで最後のドライブインシアターがいよいよ閉館することになました。そこで、館長のセシル・B・カウフマン(名前が…)(リチャード・リール)は、今までアメリカで公開されることのなかったとってもレアなフィルムを4本、上映するのですが…。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
もう、どうしようもなーくくだらないです。怖くもないよ。どうしようもなーくくだらないものが好きな人に。うんこちんこ。
おじいちゃん映画
記事検索

現在931件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM