デモリションマン(Demolition Man)

Demolition Man

デモリションマンDemolition Man/1993年/アメリカ/マルコ・ブランビヤ


1996年、伝説の荒くれ刑事・ジョン・スパルタン(シルベスター・スタローン)。凶悪犯サイモン・フェニックス(ウェズリー・スナイプス)を追い詰め、とうとう逮捕する。しかし、逮捕のさいに一般人を死なせてしまったため、その罪を問われて冷凍刑務所へと送られる。ウェズリー・スナイプスも冷凍刑になる。
冷凍シーンではスタローンさんのぷりっ尻と、おきん様が! い、いけません! ひゃああ!

Demolition Manウェズリー・スナイプスはよくみるとオッドアイ。理由はわからない。彼は36年後の2032年、仮釈放される。が、あっさり脱獄する。

警察は彼を追い詰めるものの、暴力的な訓練をいっさい受けていないため手も足も出ない。こんな荒くれ者を逮捕できるのは奴しかいない! というわけでスタローンが解凍されるのだが…。

スタローン解凍中にはおちん様が! あああ! いけませんいけません! ひゃああ!

ロボ・ジョックス(ROBOT JOX)/ アメリカ初の巨大実写ロボット映画

ROBOT JOX

ロボ・ジョックスROBOT JOX/1986年/アメリカ/スチュアート・ゴードン


第三次世界大戦後、戦争は違法となった。そのかわり、巨大ロボットによる一騎討ちにより、土地の所有権が決まるのだ。その巨大ロボットに乗るパイロットを、ロボジョックスという。

アメリカ初の巨大実写ロボットもので、ストップモーションなんですけど、とっても『巨大感』が出てる。変形もするよ!

ROBOT JOX
主人公・アキレスが乗るロボット、マツモト14号。試合中にウッカリして観客を300人くらい殺してしまう。巨大ロボットがビームやロケットパンチ繰り出すような試合場に観客を入れるなよ…。主人公以外のロボジョックス候補生たちは「観客なんか死んでもいいんだよ」とか言いだしちゃう。おまえら、こわいよ?

ROBOT JOX
ライバル・アレキサンダーが乗るロボット、ボバレフスキー42号。股間から巨大チェーンソーが出たりする。最終的には四本足になるよ。アレキサンダーはとっても悪者顔でいいかんじです。試合が終わってるのに相手を踏みつぶして殺したりする。ちょうわるいやつ!

戦いの途中で突然ビョーンと大気圏外へ飛び出すんだけど、宇宙空間ではずっと無音なのね、爆発シーンもあるのに! すごいちゃんとしてるって感動したよ。それで、そのまま宇宙空間で戦うかと思ったら、また地上の同じ試合会場にキッチリ戻ってきてた。

ROBOT JOX
最終的に『国同士の土地争い試合』ってことがスッポ抜けて、アキレスとアレキサンダーのガチンコファイトになってしまうのだった。上の写真だとパイプ持ってるけれど、アレキサンダーはそのへんに落ちてる石を持ちだしますからね。石で殴らないで! やめて! 

ROBOT JOX
戦う者同士にしか共有できない感情もあるぜ!

まったくかわいくない上にヒジョーに迷惑なことをしでかすヒロインとか、折り紙ちまちま折っててかわいいマツモト博士とか、胡散臭いやつだなあと思っていたらやっぱり…なあの人とか、キャラクターも立っててよかったです。

photo
ロボ・ジョックス [DVD]
アルバート・バンド
エスピーオー 2003-11-28
売り上げランキング : 123460
評価

by G-Tools , 2011/08/31

エスケープ・フロム・L.A.(ESCAPE FROM L.A.)/スネークさんふたたび

Escape from L.A.

エスケープ・フロム・L.A.ESCAPE FROM L.A./1996年/アメリカ/ジョン・カーペンター


2013年、アメリカでは終身任期の大統領が誕生し、厳格な管理体制が敷かれていた。大地震によって陸の孤島となったロサンゼルスは完全に外界と遮断され巨大な監獄と化していた。監獄と言っても看守はいないので、無法地帯だ。「ニューヨーク1997」から16年、ニューヨークに比べてロサンゼルスはたいへん派手な無法地帯になっている。

Escape from L.A.
ある夜、大統領の娘は、新兵器を持ってロスに逃亡した。監獄に君臨する革命家・クエボ(ジョージ・コラフェイス)が大統領の娘を操っていたのだ。人形の頭やミラーボールをつけた車に乗っている派手好きだ。悪いやつはミラーボールが好きだな。人形の頭は悪趣味だと思うぞ。

Escape from L.A.
大統領と警察は、元特殊部隊で15年前に当時の大統領をニューヨークから救出したことのあるスネーク・プリスキン(カート・ラッセル)に、だいたい8時間で100%死に至るウイルスを注射し、新兵器の回収へ向かわせる。注射と書いたがスネークさんから同意を得てやったわけではなく、通り魔的に打ったのだった。ヒドイ! 騙したのね! と、怒っていてもしょうがないのでスネークさんは任務を果たすことにする。

スネークさんは超有名人だ。会う人会う人みんなに「あっスネークさんだ、意外に背が低いんだね」と言われる。初対面でいきなり身体的特徴について触れてくる人はひどく失礼だと思うが、スネークさんはクールなので、多くを語らない。そして、話すときはやっぱりいつもささやき声だ。

Escape from L.A.
ブシェミ様がへらへらしながら出てくるぞ。ステキ!

Escape from L.A.
スネークさんは監獄の皆さんの娯楽用にひとりバスケットボールを強要される…が、ほんとまじでぜんぜん時間がない、遊んでる場合じゃないんで、スーパープレイでさっさと終わらせるのだった。

Escape from L.A.
スネークさんは無事新兵器を取り戻し、大統領の娘も救出する。しかし、大統領がすっげーやなやつだったので、大事なアレをアレしてしまう。それによって世の中が大変なことになるのはわかっているのだが、気にしない。スネークさんはクールなのだった。

というわけで「ニューヨーク1997」の続編というよりはリメイクみたいな感じでした。大まかな流れはいっしょで、派手になってる。整形外科のシーンとか、きもちわるくてすきだぞ!

photo
エスケープ・フロム・L.A. [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-02-20

by G-Tools , 2014/07/17

ニューヨーク1997(ESCAPE FROM NEW YORK)/スネークさん登場

Escape from New York

ニューヨーク1997ESCAPE FROM NEW YORK/1981年/アメリカ/ジョン・カーペンター


1997年、アメリカでは犯罪が爆発的に増え、マンハッタン島は完全に外界と遮断され巨大な監獄と化していた。監獄と言っても看守はいないので、無法地帯だ。夜のニューヨークで撮っているだけなのに、荒廃っぷりがほんとうに監獄っぽい。

Escape from New York
ある夜、大統領専用機がハイジャックされ、マンハッタンの中心に不時着した。監獄一の悪人・デューク(アイザック・ヘイズ)は大統領を捕虜にする。上の写真中央あたりにいる黒人がデュークだ。シャンデリアやミラーボールをつけた車に乗っている派手好きだ。

Escape from New York
警察は、元特殊部隊のスネーク・プリスキン(カート・ラッセル)に24時間で爆発する超小型爆弾を注射し、大統領の救助へ向かわせる。24時間って書いたけれど、ほんとは22時間だ。ヒドイ! 騙したのね! と、怒っていてもしょうがないのでスネークさんは任務を果たすことにする。

スネークさんは超有名人だ。会う人会う人みんなに「あっスネークさんだ、死んだと思ってた」と言われる。スネークさんはクールなので、多くを語らない。そして、話すときはいつもささやき声だ。

Escape from New York
まるで初デート待ち合わせ中の女子高生のように時間が気になるスネークさんだ。

Escape from New York
スネークさんは監獄の皆さんの娯楽用にデスマッチを強要される…が、ほんとまじでぜんぜん時間がない、遊んでる場合じゃないんで、釘バットで相手を殴ってさっさと終わらせるのだった。

Escape from New York
スネークさんは無事大統領を救出する。しかし、せっかく助けた大統領がすっげーやなやつだったので、大事なアレをアレしてしまう。それによって世の中が大変なことになるのはわかっているのだが、気にしない。スネークさんはクールなのだった。


photo
ニューヨーク1997 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】
ジェネオン・ユニバーサル 2011-06-22

by G-Tools , 2014/07/17

デスレース2000 (DEATH RACE 2000)/殺人レース、スタート!

Death Race 2000

デスレース2000DEATH RACE 2000/1975年/アメリカ/ポール・バーテル


西暦2000年。画期的なスポーツが考案された。改造車でアメリカを横断し、人を轢き殺す数を競うのだ。殺した人間の年齢、性別などにより得点数が異なる。そのようすは生中継され、世界中をとりこにしていた。

Death Race 2000
冒頭でいきなりナチの旗を振っている人たちが出てきてギョッとしました。

Death Race 2000人気レーサー、フランケンシュタインさん(デヴィッド・キャラダイン)は全身黒ずくめで、ひときわ異彩を放っています。コスチュームについているファスナーが、模様としてだけではなくちゃんとファスナーとして機能しているシーンがあって、すごいどうでもいいとこなんだけど感動した!

マスクを取り、ヘルメットを取り、ブーツとコスチュームを脱いでパンツ一丁になり、
Death Race 2000振り返るとマスクをつけていて(あれっ?!)ナビゲーターとダンスをするという珍妙なシーンもたまりません。

フランケンシュタインさんは「右目は◯年のレースで失った。◯年には左目と腕を失った」などと得意げに話していましたが、あのさ、満身創痍ってこと…だよね…? 事故りまくりってこと…だよね…? 自慢することじゃない…よね…?

Death Race 2000
でもカッコいいぜ! この映画はとにかくみんなキャラが立ってて楽しい!

Death Race 2000
シルヴェスター・スタローンがかなりのDVキャラで出ています。
わたし、スタローン出演作を見るのはこの映画が初めてっていうことに気づいたよ。ハハハ!

10月公開の「エクスペンダブルズ」(シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ランディ・クートゥア、スティーブ・オースティン、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー出演の汗臭さ極まりない映画、超楽しみ)予習として、スタローン出演作をいくつか見てみるのもいいかなっと思います。

おじいちゃん映画
記事検索

現在971件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM