キル・ビル vol.2

キル・ビル2

キル・ビル Vol.2KILL BILL: VOL. 2/クエンティン・タランティーノ/アメリカ/2004年


とにかくエル・ドライバーが…なんてかっこういいのでしょう。目を抜かれてギャーギャーとあばれまわる様は、誰もが「プリスだな」と思ったことでしょう。タランティーノが「ブレランっぽくね」って指示するさまが目に浮かぶようです。あ、ブレランの感想、もうちょっと真面目に書きたいなあ、そのうち書きます。

エル・ドライバーの目を抜いて踏みつぶしたシーンの後に、B.B.が金魚のエピソードを語る流れに感動しました。感動?感動っていうか、そんな感じ。どんなだ。

パイ・メイの修行のシーンは笑い所満載、さんざん笑った後、次のシーンで、土に埋められたザ・ブライドの顔つきが、埋められた直後とはまったく変わっているところにまたグッときたりして、でも、墓から抜け出てくるシーンはもろにゾンビ映画でまた笑ったり…。

タランティーノはオタクで、ほんとうにどうしようもないくらいオタクで、好きな映画がたくさんあって、それをどれもこれもすべて詰め込んだ上に自分の色をきちんと乗せてこの映画を作った。たまたまわたしは先日トゥルーロマンスを見たわけなのだけど、トゥルーロマンスと違ってキルビルにはタランティーノという「キャラクター」が出てこない。出てこない、というのは、トゥルーロマンスは「オタクなタランティーノ」の妄想ストーリーだったからだ。キルビルはそうではない。まあ、ビルとB.B.がオタクって設定はあるけどね、ふたりの性格付けとして重要なのはそこじゃなかったでしょ。そういう「キャラクター」ではないところで、タランティーノは自分の映画オタクぶりを見事に表現してる。

元ネタが何だとか、そういうのがわからないと楽しめない映画だ、と、私はvol.1を見たとき最初勘違いした。そしてのちにそれが間違った考えだったことに気付いた。vol.2を見て、その気持ちがさらに大きくなった。果たしてこのような映画を撮れる監督が他にいるだろうか。キルビルのパクリ映画は誰にも作れないだろう。キルビルというジャンル、唯一無二のものを作ったタランティーノは素晴らしい。

次はもう絶対ダリル・ハンナ主演で「座頭市」やってくださいよ、期待してますよっと。

関連記事


photo
キル・ビル Vol.1&2 <USバージョン>ツインパック [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2010-05-26
評価

by G-Tools , 2014/07/16

シックス・センス

シックス・センス

シックス・センス


友人からオチを聞いてしまっていたのでラストの驚きはなかったけれど、それはそれで各シーンでのつじつまがあっているかどうかを考えながら見ることができたので楽しかった。ていうか最初に「秘密があるから見てない人には言わないでね」とか書くのはどうかと。「カノン」もそういうのがあるらしいと聞いて見る前からげんなりしてしまい見る気を失いました。

ところでやっぱり、死んでから1年もの間自分が死んだことを気付かずに「生活」するのは無理があるでしょうよ、とは思いますよ。食事どうしてたの? 洗濯は? 普段ひとりでお店に入ったとき店員が反応しなかったらおかしいとは思わない? 他人と関わることなく生きることなんて無理ですからねえ。

幽霊が出てくるシーンが近付いたりすると必ず赤いものがでてくるので、最後の方とか、赤いものがでてくるたびにもうやだ幽霊出てくんなーと思いましたよ、わはは。

コールの心の問題は解決されないまま映画が終わってしまったのですがそれはよかったのでしょうか? 母親に打ち明けたからいいのかなあ。どうなのかなあ。

しかしこの子、こういう特殊能力を持った状態で夜中にひとりでトイレ行けるってすごいですね。

photo
シックス・センス [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2009-07-24
評価

by G-Tools , 2014/07/16

七人の侍

七人の侍

七人の侍


古い邦画の見方というのがよくわからなくて、古典と思って見ていたらエンターテイメント性の強さに驚いた。キャラクターの性格付けがはっきりしていて良い。

菊千代はかなり良いキャラなのだがちょっとうるさすぎるかなあ、アメリカ人が好きそうなキャラですね。もー、お尻が気になって気になってしょうがなかったよー。死ぬ時の尻丸出しの姿を見た時ちょっと尾崎豊を思い出してしまった。いや、尾崎好きじゃないよ。

話が脱線したが、わたしは無論久蔵が好きです。かっこよすぎる。あんなに強いのに(野武士を2人殺したところをあえて描かずに台詞だけで説明したとこも良い)、種子島であっさり死んでしまって、思わず声を上げた。

野武士がめちゃくちゃ頭悪いなあ、あれは宇宙人襲来みたいなものですね。宇宙人だから具体的な人格もなにもない。描く必要がない、と。

左卜全がいい味だしてます。あの顔は笑えます。

photo
七人の侍 [Blu-ray]
東宝 2009-10-23
評価

by G-Tools , 2014/07/16

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣


美術がかっこ良くて暗い感じで好きな要素のある映画なのに、話しの展開があまりにも遅くて退屈だった。アクションシーンはカンフーともちょっと違っていてそれは良かったかな。

獣の動きがヘン(というかなんだか画面から浮いてる)なのがちょっと気になったか。あとから特典影像見たら「獣の動きはライオンを参考にしたが独特の動きに変えた」と語られていたのでわざとだったのか。わからない。

マニと片腕、娼婦がかっこよかった。衣装もかっこよかった。片腕はなんで片腕であるという嘘をついていたのかがよくわからなかったよ。

無駄なシーンが多く、70分を過ぎてやっと話しが動き始めたのにはちょっと閉口。なにがしたかったのか。

座頭市

座頭市 北野武

座頭市 <北野武監督作品>


一番最初のシーンで、刀を刺した時の血の感じが、いかにもCGですといった感じだったためにしょんぼりしてしまった。殺陣が過剰に派手ではなかったのが良かったです。が、石灯籠斬るのは…。斬鉄剣かっつーの。「またつまらないものを斬ってしまった…」

浅野忠信が一瞬で死ぬのが良かった、えんえん大立ち回りされたらどうしようかと思った。

一徳様ラヴ。死に様も情けなくてラヴ。

おせいの役の橘大五郎がすごいなあと思った。お座敷の舞もタップダンスも、軽いとはいえ殺陣もこなす。まだ16歳だなんて信じられない。

ややギャグが滑り気味なところがあり、生温く見てしまいました。特にガ(略)タカが女装して農家から出てくるところ…。わかりやすすぎて、う、って。

ラスト近くの、おうめの「悪いやつはみんな死んじゃったねえ」という台詞がちょっと萎えた。そして最後の最後んとこの、武が石につまづいたときの台詞もちょっと。台詞少なめのほうが(タランティーノ作品みたいな、無意味に見えて実はそうではないってのは好きだけど)好きなんだよね。あ、違うや、台詞で説明ってのがあんまり好きじゃないだけなんだ。うん。

武の演技は良かったと思いますね。目を瞑ったままの殺陣はすごいね。わたしは勝新太郎の座頭市を見ていないので、そっち見てしまったら比べちゃうと思うけれども。でも見るよ、勝新座頭市。 白目剥きながら床にこぼれた味噌汁すするんでしょ?見たい!

photo
座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
バンダイビジュアル 2004-03-11
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM