リベリオン ―反逆者―(EQUILIBRIUM)

equilibrium
equilibrium
equilibrium

リベリオン -反逆者-EQUILIBRIUM/カート・ウィマー/2002年/アメリカ


戦争を引き起こすのは人間の感情であるから、それを薬で抑制し、徹底した管理国家体制が敷かれている。

「ガン=カタ」という、クレリックだけが使う事のできる戦闘術というのがね、戦闘シーン自体そんなにものすごく多いわけではなく1回1回も短いのですが、笑えつつもつい真似してしまいたくなる妙な魅力がありましておもしろかったです。戦闘シーンはすべて必見です。それにしても軍隊弱すぎ。見てないで撃て!「ファック」て言う暇あったら撃て!



感情が抑制された世界という設定なので、全体的に役者が淡々としていて、暑苦しさがないです。子供が良い。

photo
リベリオン-反逆者- [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-06-03
評価

by G-Tools , 2014/07/16


ミッション・トゥ・マーズ(MISSION TO MARS)

Mission to Mars

ミッション・トゥ・マーズMISSION TO MARS/ブライアン・デ・パルマ/2000年/アメリカ


最後の方、火の鳥みたいな話だった。火の鳥に、似た話があるわけではないんだけど、なんだか火の鳥っぽかった。手塚っぽい。火星人のデザインも手塚っぽい。

ウッディとテリーのエピソードがすき。宇宙にほうり出された夫を無理して助けようとする奥さんの目の前で、夫はヘルメットを外し自殺する。死体かっこよかったし。

たまたま続けて見た「レッドプラネット」と比べるとかなり派手で壮大な話だった。クルーがみんな仲良しで、仲たがいもせずに話が進むところ(レッドプラネットは仲たがいして殺人まで起こる)とかも対照的。火星にある生命体の設定もぜんぜん違うし。

追記(2011年5月18日):あれ、デ・パルマじゃないですか。うーん、もう一度見ようかな…。

photo
ミッション・トゥ・マーズ [DVD]
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-01-25

by G-Tools , 2014/07/16

JUGEMテーマ:SF映画 一般

マルコヴィッチの穴

Being John Malkovich

マルコヴィッチの穴BEING JOHN MALKOVICH/スパイク・ジョーンズ/1999年/アメリカ


マルコヴィッチ自身が穴の中に入ったあとの展開が、もっと哲学的というか、エヴァンゲリオンみたいになるのかなあ、と想像していたんだけど、想像していたのと違ったので良かったです。というのがとりあえずの感想です。

マルコヴィッチかわいそうです。おじいちゃんおばあちゃんたちが穴の中に入って行ったあとのマルコヴィッチの人生が一体どういうものだったのか描かれていないし想像もつきませんが恐ろしいですね。

マキシン(ラブシーンは何度かあったが結局一度も貧乳を披露してくれなかった)が考えていることがまったくわからなくて(そういえば、この人だけ穴に入らなかったな)、ロッテ(ブス顔を惜しみなく晒した勇気に乾杯)と恋に落ちるところとか、「コイツ、なにかたくらんでるんじゃないか」と思いましたね。クレイグ(何となくやりきれない感漂いすぎ)が成功してた時期はクレイグと一緒に居たし。それでも結局ふたりはくっついてしまうんだけど、いったい何故、どこで、マキシンがロッテに惚れたのかもサッパリわからない。マルコヴィッチを介してセックスした、ってことが理由になってんのかなあ。からかってるのかと思ってたよ、てっきり。

クレイグの情けなさっぷりが痛々しいですね。この人なんにもうまくいかなかったじゃん。人形師として有名になるっていう夢は一応一時的にかなったのかもしれないけど。女一人上手に口説けないヤツに未来はないってか。ひいい。人形の造型や動きなどは素晴らしかったです。

photo
マルコヴィッチの穴 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-09-26
評価

by G-Tools , 2014/07/16

JUGEMテーマ:洋画

マトリックス(The Matrix) & マトリックスリローデッド(The Matrix Reloaded)

MATRIX

マトリックスThe Matrix/ウォシャウスキー兄弟/1999年/アメリカ


素敵なバカ映画。技術とお金とアイディアを使いまくって作った笑える映画。飛び散る破片と水飛沫が綺麗。スキンヘッドのキアヌ、しかも眉毛ナシで粘液まみれっていうのはかなりあほっぽくていいね!

MatrixReloaded

マトリックス リローデッドThe Matrix/ウォシャウスキー兄弟/2003年/アメリカ

やっちゃったね! 調子に乗って2作目とか作ったらだめだめ! でもめっちゃくちゃ笑える。面白い。なんというか、コメディだからねえ。1作目はそんなでもなかったと思うけれど。

おおまかな話しはね、どうでもいいです。前半は説明みたいなかんじでちょっと退屈。

で、アクションシーンだ。大量にスミスが襲ってくるシーンがめっちゃ笑えた。予告でもやってたけど、もう、ふっとぶふっとぶ。吹っ飛び方のバリエーション見て笑ってた。スミスは弱いんじゃないのか。だからコピー作って数で勝負してたんじゃないのか。どうなのか。

あとね、高速道路のシーンね。トレーラーが2台正面衝突して、アコーディオンみたいに車体が壊れていくとことかおもしろかったよ。

モーフィアスが日本刀で戦ってるのも笑えたよ。というかモーフィアスはちょっと妄信的すぎて、良く言うと理想主義、悪く言うとキチガイですな。しかしキチガイのほうがカリスマ性はあるという。ザイオンの住人は、もう1人の理性的な政治家、じゃないやなんだっけ名前忘れた、とにかくその人の話しなんか聞いちゃいないんだもの。

トリニティが嫉妬するところおもしろかったです。トリニティは生まれたときからザイオンで暮らしてたけど、ネオはもともとマトリックスから抜け出して来た人だから、感覚が違うのね。トリニティの恋愛観は中学生レベルなんじゃないか、と、友人と話してました。

photo
マトリックス スペシャル・バリューパック (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-08-07
評価

by G-Tools , 2014/07/16

ほしのこえ

ほしのこえ the voices of a distant star

ほしのこえTHE VOICES OF A DISTANT STAR/新海誠/2002年/日本


1人で作られたとても質のよいアニメがあるということだけ知っていたのですが、なんかタイトルから勝手にジブリみたいなのを想像していたら、全く違って驚きました。勝手に想像しておいて驚いたもなにもないんだけどね。

地球と宇宙との遠距離恋愛というのは、誰かが思い付いていてもおかしくないものであるし、私が知らないだけで他にもあるのかもしれませんが、圧倒的な画力(主に背景)と細かい設定などで、実に説得力がある作品になっていると思います。

主人公2人以外の登場人物がいない(ちらっと出てはくるけれども話さないしディテールはわからない)ためか、話は宇宙を舞台にしているにも関わらず、妙に閉鎖的な印象を受けました。もちろん星も建物も空も綺麗なのだけど、2人が携帯メールでコミュニケイトするのを主に描いている為に、あたかも世界には2人だけしかいないように思えます。

2人の台詞も、ほとんどが自分の思いを吐露しているだけで、独り言に近いです。全編に流れる物悲しさや寂しさは、一歩間違うとあざとく映ってしまう危うさを抱えていますが、この作品では非常に上手に表現されていると思います。制作者の思いがあまりにも強く表現されていて、見る人をたった25分間でその思いに引きずり込む力が、歪みとすら感じられました。

photo
ほしのこえ [DVD]
コミックス・ウェーブ・フィルム 2002-04-19
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在971件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM