「この映画がすごい!」がヒドイ

今月の「この映画がすごい!」に、夢に見るほど腹の立つ間違いがあったので書くよ!

「この映画がすごい!」がヒドイ
90ページ、野沢直子の「女ってホルモンの奴隷よね…
バートンの新作は恐怖のツボを刺激してくるのよー
バートンの新作…? 

「この映画がすごい」
さて、今月観たのはティム・バートンの新作アニメ『Coraline』(原題)よ。
っちょ! バカ! 違うよ! バカ!
監督名なんかオープニングででっかく出てくるだろうが! テメーは字もよめねーのか!

この映画がすごい
もちろんティム・バートンなので、コワかわいさもいっぱい。

もちろんティム・バートンじゃねーよ! 腹立つ!!! 

っていうか、なんで編集も気づかねーんだよ! 映画雑誌のくせに! ヘンリー・セリックがふびんでならない!

「ヘルボーイ」シリーズ(HELLBOY)

hellboy

ヘルボーイHELLBOY/ギレルモ・デル・トロ/2004年/アメリカ

原作を読んだことがないのですが、わりとすんなり入っていけました。ロン・パールマンがヘルボーイをやるというそのぴったりぶりがたまりません。ほとんど特殊メイクなので、ロン・パールマンじゃなくてもええやんけ(素顔でも充分ヘルボーイだから)、とちょっと思っていたのですが、アップになった時の目の優しさとかね、いいです。これはファン目線で。
エイブがオネエぽくて良かったです。なんかなよなよしてる。黒人のオカマっぽい。エイブラハムだし。
ラストの戦いはあっさりしすぎかなと。あんまりだらだらやられてもお腹一杯になっちゃいますが。テーマを口で説明するのも、まぁ…、どうなんだろう、私の好みからはちょっと外れますね。

以下、友人が書いたヘルボーイ感想がとてもおもしろいので転載です。

WALL・E/ウォーリー

WALL・E/ウォーリー


地球にいるときの様子は、どう見ても実写としか思えない。地球は太陽の光が差すし、映画を見ている今の私たちになじみ深いものが出てくるため、余計実写に見えるのだろうと思う。冒頭の20分は特に衝撃的だった。

毎日、仕事へ行って帰ってきてお気に入りのビデオ見てペットを愛でて休む。がらくたみたいなものいっぱい集めて遊ぶ。好きな子が現れて、でもどう距離を詰めたらいいかわからないから、自分の知っているとっておきのものをいろいろ見せて楽しませようと頑張る。こういう人知ってる、いるいる。

成長しない主人公
映画を見る前、ウォーリーのデザインを見て「きっとこの垂れた目がシャキーンとつり上がって、青い目が赤くなるに違いない、そして、イヴを助けるために悪戦苦闘するんだろう」と想像していた。実際には、そのようなシーンは一切なかった。なくて良かったと思った。
ウォーリーは成長しない。いきなり強くはならない。最初から最後まで、おどおどしてかわいらしいウォーリーのままだ。700年かけて築き上げられた人格は、そうそう変化しないということか。ウォーリーは、自分たちが置かれた状況を解っていなくて、手を握ることばっかり考えていて、イヴがそれにぷりぷりしてて、ふたりともかわいかった。どちらかというと、大幅な成長が見られるのはイヴの方だ。

地球なんかどうでもいい
イヴもウォーリーも、あんまり地球のことを大きな問題として考えていない。
ウォーリーは、指令に対して真面目なイヴの手伝いがしたくて、植物を守る。イヴは、指令なんかどうでもいいからウォーリーを助けたいと思い、植物を捨てる。
ウォーリーが、ぼろぼろになりながらも投げ捨てられた植物を取りに行くのは、「植物がイヴの指令にとって大切なものだから」というだけで、それ以上の考えはないだろう。そもそも、荒廃した地球しか見たことのないウォーリーに、こんなに頭の悪いウォーリーに、宇宙船のややこしい事情なんか解るはずない。
一方、イヴが、差し出された植物を見て気付くことは、「植物→地球→ウォーリーの基地→修理できる!」であり、やはりそれ以上の考えはない。もともと「指令をこなすこと」しか頭にないのだし。イヴにとって、植物を守り地球に戻ることは、ウォーリーを直すという目的のための手段でしかない。

というのをくどくどと書いたのは、わたしがあまりエコを全面的に押し出したものが好きではなく、「エコも悪くはないけれど、押しつけがましいのは嫌だなあ」と常々思っているから、ということもある。そして、おおまかな要素としては確かにエコっぽいのに、この映画を見て「エコエコうるさくてがっかり」とならなかったのは、上のような理由があるからなんだろうなと思う。

とにかくみんなかわいらしすぎてやばい!
考え尽くされたデザインと、破綻のない動き、行きすぎない擬人化。すばらしい!
M-Oが超かわいい! ごしごししちゃって。M-Oは、デザインや動きがとっても子供らしいのに、真面目で頑固でオンオフしかないのがとってもかわいい。名前言うときも超ぶっきらぼうだし。そんなM-Oが、レールを外れる決意をするところは、すごくいい。
遺伝子操作しているロボットもかわいい。なんか気になっちゃって見ている。こっち見なくて良いよ(笑 ウォーリーが戻ってきたときもまだ見ている。見なくて良いってば。仕事しろよ(笑
ぷよぷよになっちゃった人間もかわいい。耳とか指とか、退化しまくってて。

子供…向…け…?
ところで、艦長が立ち上がるところは爆笑だった。あれはズルいよ〜。
わたしはスターウォーズシリーズをぜんぜん見ていないので解らなかったのだけれど、スターウォーズのパロディも多かったようですね。これ、子供にはもっと解らないでしょう。
ウォーリーの「オタクの男の子っぽさ」もそうだけれど、こういうパロディの部分も、オタクの感情移入を誘っているように思えます。子供向けというより、オタク向け映画なのでは。

これは続編を作って欲しいなあ。というか、700年前のことをやってほしい。
どうしてウォーリーの仲間たちがみんなジャンクになったのか? なんでウォーリーだけが生き残っているのか? 知りたいよね。
でもそうすると、本格的に実写の人間とCGのロボットが共存することになるのだよね。今回はCGが超実写に見えて、実写の人間は古い映像だからちょっと粗くなっていて、それでバランスが取れる感じに見えているけれども。Pixarがんばって!!

photo
ウォーリー [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-11-03
評価

by G-Tools , 2013/11/08

トロピック・サンダー/史上最低の作戦(Tropic Thunder)

トロピック・サンダー/史上最低の作戦

トロピック・サンダー/史上最低の作戦Tropic Thunder/監督:ベン・スティラー/2008年/アメリカ


並んで立っているだけで面白い人3人が、我も我もという感じで出てくるので、これが面白くないはずがないですよね。話の大筋はズーランダーと同じで、「業界人ってバカばっかりだよね!」っていうことでしょう、バカしか出てこないしね。

わたしはあんまり映画をたくさん知らないので、映画のパロディのシーンがありますよと言われても、どこなのか何なのかサッパリ解らないのですが、それでも爆笑でした。つまり、別に元ネタ知ってる人だけが面白いっていう作りではないんですよね。
(※のちに「地獄の黙示録 特別完全版」を見て、なるほどこういうことかとわかりました)

ひさしぶりに、豪快に身体が爆発するシーンを見ましたよ。今の今まで元気に話していた人が、一瞬のちには粉々って、やっぱりおもしろーい。

トロピック・サンダーそれにしても、トムクルーズはいいよね、ほんとうに良いよ、最高だよ。
あと、子供がとってもよかった。あどけない顔して怒っちゃって、かーわいいの!
アイアンマンとスパイダーマンのホモ映画見たいよー。

マシュー・マコノヒーの役は、オーウェン・ウィルソンがやるべき役だよねえ…とちょっとせつなく思いつつ見ていたら、実際に代役だったんですね。
photo
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2010-10-08
評価

by G-Tools , 2014/03/20

プラダを着た悪魔

The Devil Wears Prada

プラダを着た悪魔


主人公はだんだんミランダに感情移入していたはずなのに、なんで裏切るの! ばか!

The Devil Wears Prada
だいたいこのパッケージの映画でだよ、あんな地味〜〜〜〜な絵のラストはさあ、ないよ、ないない。ラストはパーティーでさあ、オカマが「キャー! 来てくれたのぉ?! 嬉しい!」とかいってシャンパン片手にキャッキャとはしゃいでいる図がさー、いいんじゃないの? ミランダの離婚も主人公が止めればいいじゃん、そんでパーティー会場でミランダと旦那がニコニコして、主人公とも微笑みながらアイコンタクト。ね。それでいいよ! どうせ映画なんだし、ハリポタの原稿とってきた時点でありえないくらいの大ウソなんだから、これ以上どんだけウソついても、どうせ映画だからいいんだから! もうね、決めた。わたしの中ではそういうラストってことにする。
この映画の! ラストは! パーティーでした!

あとさーなにあの彼氏。前半で散々モラハラっぷりを発揮してさあ、ようやく別れて良かった良かったと思っていたのに、ラストにまたちょろっと出てきて元サヤですか、ふざけんなよー。

モラハラのクズ男から離れて仕事をがんばる女になろうとしたけれど、結局またクズ男の元へ戻ってしまうという映画ですか、なんだそれー。なんにも学んでないじゃん。女も完全にモラハラスパイラルじゃん。バカ! 抜けだせよ! がんばれよ! バカ!

と、こんだけグダグダ文句言うくらい、途中までは面白かったというわけなんだよねー。がっかりだ! モラハラ反対!

photo
プラダを着た悪魔 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP) 2012-07-18
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在962件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM