非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎

Henry Darger In the Realms of the Unreal

非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎


ヘンリー・ダーガーの人生についてと、彼が書いた小説のあらすじを紹介している。当時の隣人や大家も出てきて彼に関して話をする。

正直それだけ、テレビレベルのドキュメンタリーなので、映画館で見る必要はないと思った。退屈で中盤寝てしまった。

最初、あの絵が動くなんてすごい、見たい、と思っていたが、いざ見てみると、果たしてこういうことをしても良かったのだろうか、してはならないことをしたのではないか、と思った。そういう意味で少し後味の悪さを感じた。

photo
非現実の王国で ヘンリー・ダーガーの謎 デラックス版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2008-09-26
評価

by G-Tools , 2014/07/16

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師


序盤、(回想シーン以外は)画面がとにかく暗く重い。ピレリを殺したときから、少しだけ人物の顔色が良くなる。良く、というか、人間の色になってくる。しかし、最後の最後まで鬱々とした色のままであることに変わりはない。いうまでもなくトッドの心境の表れだろう。

カミソリを手にして喜ぶシーン、ピレリとの髭剃り対決のシーン、人肉をパイにすればいいじゃない!って歌いながら店の窓に張り付いているシーン、次々と殺人を犯すトッドの裏で役立たずの水夫アンソニー・ホープが街をうろうろするシーン(※追記)、ミセス・ラペット妄想のシーンで鬱々としているトッドなどなど、各所に笑えるシーンがあり、映画館では笑いを堪えるのに必死だった。なんでみんな笑わないのかなっていうくらい面白かった。

一方、トビー少年がミセス・ラペットに自分の思いを伝えるシーンでは、そのけなげさに涙した。ミセス・ラペットもトビー少年のことを本当に大切に思っており、迷いがあるのも解る。なんとも悲しい。

様々な形の愛の物語だ。奪われた妻と娘のことを忘れられず復讐に走る男、美しい女を卑怯な手を使ってでも手に入れたい男、劣悪な環境から救い出してくれた恩人を守りたい少年、囚われた美しい姫を救い出したい青年、過去を忘れて幸せな未来を夢見る、恋する女。各々の思いは届かず、死と絶望のラストを迎える。(水夫と娘の結末は解らないが…。それより、トッド少年の今後の人生を思うと不憫でなりません。

※殺人シーンにカットインして水夫のシーン、という対比がおもしろかった。ここでカットインするのは水夫じゃなくてミセス・ラペットのパイ屋が繁盛していく様子を描いても良かったはずなのに、水夫なんだ!って。

photo
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11
評価

by G-Tools , 2012/05/21


ドラマ「交渉人」が「イーオン・フラックス」を盛大にパクった件につきまして

交渉人トレス疑惑
これはひどい。ロゴの感じも似せてあるね。
それにしても劣化が激しいなw
せめて背景をもうちょっとなんとかすればいいのにね。

交渉人の公式サイトは、この写真を使っているわけではないのだね。
パクリには違いないんだけれどもね。

▼関連記事
映画感想 * FRAGILE | イーオン・フラックス


パンズ・ラビリンス(El laberinto del fauno/Pan's Labyrinth)

El laberinto del fauno

パンズ・ラビリンスEl laberinto del fauno/Pan's Labyrinth/ギレルモ・デル・トロ/2006年/メキシコ・スペイン・アメリカ


容赦ない。あまりにも容赦ない。
トレーラーを見たときには、現実の世界が嫌で仕方のない少女が誰かからチョークをもらって、壁に異世界へ繋がる扉を描き、そのまま異世界であれこれするっていうありがちな話なのかと思っていました。
そんな陳腐な予想を遙かに超えたお話です。

トレーラーを見て内容を想像し、見に行ってまったく違ったけれどすごく良かった、という点と、ファンタジーだと思って見に行ったらファンタジーじゃなかった、という点で、「ローズ・イン・タイドランド」に似ているなと思いました。
ローズは少女らしい無邪気さを持ち、かつ積極的で精神的に強いけれども、オフェリアは無邪気さに欠け、周囲に自分の気持ちを話すことがなく、行動からも感情が推測しにくいところが違うと思います。ローズとオフェリアでは生活環境と行動の基準になるものがまったく違うので、このような違いになることもうなずけます。父親に対する思いもまったく違いますしね。オフェリアが「実の父親」に対してどのように思っていたかはあまり語られないので解らないのですが…。
オフェリアの苦悩は、現代に生き平和な家庭で育ったわたしには、現実味を持って響かないため、オフェリアに対する感情移入のしにくさに違和感を感じることはありませんでした。彼女の気持ちが解らないのは仕方のないことと思います。

大きなナナフシを見つけたときまったく動揺せず、巨大なダンゴムシにたかられても悲鳴ひとつあげず振り払うオフェリアの様子は不思議でしたが、すべて彼女が作り出した幻覚の産物だったのかも?と想像したとき、背筋が凍る思いがしました。実際のところはどうなのでしょう。チョークで書いた扉は、扉が閉まったときにチョークの色も消えてましたよね。でも、のちにメルセデスがあの部屋に入ったときには、色が残っています。ビダル大尉にはパンの姿が見えませんが、パンがオフェリアにしか見えない存在であることについては説明があったかどうか覚えていません。曖昧ですが、説明がなかったとすれば、幻覚だったとしてもおかしくないと思います。木の根元に置き忘れた本を、メルセデスと会ったときのオフェリアが持っていたかどうかは記憶にまったくないのですが、どうだったでしょうか。持っていなかった気がするのですが…。でもその後のシーンで、まったく濡れても汚れてもいない本を持ってましたよね…。
ああ、でも、ビダル大尉がチョークを持つシーンがあったんだった。

瓶で顔を滅多打ちとか、拷問とか、切られた頬を縫うところとか、想像できる痛みがじわじわきました。見てるだけで痛いよ。
頬を撃たれて目に血がじわーっと滲むシーンが良かったです。

ビダル大尉はパンフレットに「父の形見の懐中時計を大切にしているなど、ロマンチストな一面もある」と書かれていますが、あれは「大切にしている」のではなく「自分が死ぬのを待っている」ように思えました。「名誉ある死だ」みたいなせりふもあったし、鏡に映る自分の首にカミソリを当てるシーンも。
妻のお腹の子について、なんの根拠もなく「息子だ」と言い切ったり、最期に時計を息子に渡せと言ったりするところをみると、ファザコンなのかもしれないと思います。父を乗り越え、自らもまた父となり、息子に自分についての何かを残したいと思う気持ち。そう考えると、自分の子は絶対に「息子」でなくてはならないのかな。

オフェリアの母は一番不幸だと思います。再婚相手は自分を愛していないように思え、周囲に良く思われているか解らず、娘はやることなすこと滅茶苦茶で、苦しんで苦しんで死んでしまう。あまりにも孤独すぎます。

紆余曲折あったけれども最終的に幸せになったただ一人の人物、メルセデスはわたしたちの希望だと思います。この救いのない物語の中で、唯一の勝者なのかもしれません。積年の恨みも晴らせたし、大切な弟は無傷だしね。豚発言はしびれました。

いつも暗闇から突然現れるパンさん。動きがかわいい。きもかわいい。
パンさん

つまみぐいは絶対に許さないペイルマンさん。きもかわいい。
ペイルマンさん

ダグ・ジョーンズさんパンさんとペイルマンさんの中の人、ダグ・ジョーンズさん。
この方、初めて知ったのですが、「ミミック」の巨大昆虫とか「ヘルボーイ」の半魚人とか「ファンタスティック4」の銀色サーファーとか、顔が出ない役ばっかりですね!男前なのに…。
photo
パンズ・ラビリンス [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント 2013-05-22
評価

by G-Tools , 2014/07/16

グラインドハウスUSAヴァージョン

プラネット・テラー in グラインドハウス

プラネット・テラー in グラインドハウスPlanet Terror/2007年/アメリカ/ロバート・ロドリゲス


好きなもの全部詰め込んでドーン! でラストでモゾモゾした。
派手だし展開もテンポが良いので一般受けしそう。
子供が死んだり犬が死んだりってのは普段あまり見られないので、イヤッホー! って思った。子供死ぬところ最高すぎた。

テキサスで一番の兄弟愛。

隣に座ってた男2人がめちゃくちゃうるさくて、何度もトイレに立つんだけどそのたびに椅子の背もたれをひょいって乗り越えて行くのが本当に鬱陶しくて、キンタマ抜いてやろうかと思いました。

デス・プルーフin グラインドハウス

デス・プルーフ in グラインドハウスDeath Proof/2007年/アメリカ/クエンティン・タランティーノ


バタフライかわいすぎ! パムかわいすぎ! かわいい子たちが酷い目に遭って最高! って思ってたら次の4人組の会話が長すぎていびきが聞こえてきた。

タランティーノの映画は会話がいつも長いけど、今回は今までとちょっと違った。長いだけじゃなくて内容が本当にどうでも良い。
タランティーノは、自分の映画に入れたい要素全部詰め込むのをやめて、これとこれとこれだけにしよう、と選ぶようになったのかな? と思った。

ラストはすごかったなー! ほんとすごかったなー!
ってかリーはどうなっちゃったの!

フェイク予告編


youtubeとかで見てもおもしろさ半減かなーと思う。
Werewolf Women of the SS最高!ニwコwラwスwケwイwジw
あと、Don'tとThanksgivingが良かった。

見た夢

劇場から逃げ出したダンサーがふらふら歩いているところをたまたま通りかかった金持ちの女2人が拾い、3人で散々豪遊しまくっていたら、金持ち女のカードがいつのまにか使えなくなっている。
焦って喧嘩する2人を
「このひとたちタダの気前の良い金持ち女じゃないの?わたし、なんか巻き込まれた?」
と思いつつ見てるダンサーの途方に暮れた顔

姉を男に殺された双子の妹が、必ず仇を討つ! と犯人を追いかけて、南米からわざわざ日本までやって来る。
なんとか男を見つけ出して殺したはいいものの、言葉もまったくわからない国でこれからどうするの?
雑踏に消えていく女の後ろ姿

DV旦那の元から逃げ出した医者の女(本当はレズビアン)が、ストリッパーをやってる彼女のところへ幼い一人息子を連れて逃げるが、途中でうっかり死なせてしまう。
事故とはいえ子供を死なせたことがバレたら捕まっちゃうし、捕まっちゃったらDV旦那のところに戻らなきゃなんないし、どうにもなんないけど、愛する彼女がいてくれるから、これからはすべてを忘れてふたりで生きていくわ
っつーことで、彼女と二人でレズカップルストリッパーとして
第二の人生を歩むことにする
その、初めての舞台へ続く階段を上っていく女の脚

っていう、グラインドハウスとはまったく関係ない夢を豪華3本立てで見たんだけど鮮明に覚えてたから書いておくよ。

で昨日はグラインドハウスUSAヴァージョン見てきました。最終日最終回。さすがに見終わった後眠かった。
日本公開ヴァージョンだとフェイク予告って入らないんでしょう?

わたしは、見たい映画の情報をほとんど仕入れずに見に行くのですが、今回もそれは同じで、予告1回見たのとグラインドハウス映画ってのがどういうものなのかをうっすら人づてに聞いた程度です。

photo
グラインド・ハウス U.S.A.バージョン プラス [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2011-04-27
評価

by G-Tools , 2012/01/17

おじいちゃん映画
記事検索

現在952件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM