バービーとペガサスの魔法

Barbie and The Magic of Pegasus

Barbie & The Magic of Pegasus


ヌルヌルしたCGのバービー(どこぞの国のお姫様)がマイリトルポニーみたいなペガサス(しかもバービーの姉という設定! 魔法でペガサスにされてしまったの!)とともに、国民を石に変えてしまった魔王を倒すというお話。
魔王を倒すためには氷の宝石と勇気の杖ともういっこなんだか(聞き取れなかった(英語で見たので)。けっきょくペガサスが頭につけている王冠だった)が必要で、それら3つを集めると魔法の杖ができあがるっていう寸法なのだが、バービーは全体的にフィーリングでそれらを集めていくのであった。

旅の途中で出会った男は森の中で一人で暮らしているのだが、ギャンブルが好きすぎて父親の金を使い果たしてしまったために家にいられなくなったというどうしようもないダメ男! ちなみにこの男が宝石と杖と王冠をたき火で鍛接するんですね。その後宝石がポロリと落ちてしまいバービーは途方にくれるのだが、男が宝石をぎゅっと押しつけると元に戻るという…。かんたん…。

で、これは3D作品なのだが、3Dメガネをかけるべきシーンとそうでないシーンに分かれておるのです。ずーっとメガネをかけているわけではないので、メガネはずすと目がチカチカ! とまあそれは仕方ないとして、ありえないことに魔王とバービーが魔法で戦うクライマックスが3Dじゃないのである。どういうこっちゃ! 巨人がタマネギ食べてからバービーにむかってゲップするというたいそう下品なシーンはばっちり3Dなのに!

魔王は黄色と青のオッドアイで、同じくオッドアイのグリフォンに乗っていて超かわいいです。この人も魔法がかかっていて、それが解けるとさえないハゲの中年男でした。しょぼーん。

本編がおわったあとにNGシーン集がいれられていたのだが、そういう小細工はいらないよー(ブーブーいいつつ全部見た証拠。

で、どうやらこのシリーズはカートゥーンネットワークで見られるらしい。

ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー

ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー

ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー


ディズニー/ピクサーのCG短編アニメーション13作品が収録。ほんとにすばらしいったらない! 古いものはさすがに今見るとチープなCGだと感じてしまうけれど、CGで「キャラクター」や「感情」を表現するっていうのがなかった時代に作られたものだからねえ。テーブルライトがかわいく見えるとかすごいよね。尻(たぶん)をぶりぶり振る子供ライトかわいいよ。にゃろー。

「ゲーリーじいさんのチェス」あたりから、今のピクサー長編アニメーションの雰囲気が出てきているように思います(ゲーリーじいさんはトーシツっぽいよ!

わたしが好きなのは「フォー・ザ・バーズ」(青い鳥ちゃんが何羽も出てきてぴよぴよする)、「ジャック・ジャック・アタック!」(ベビーシッターの女の子が超能力者? の赤ちゃんに四苦八苦)、「ワン・マン・バンド」(大道芸人2人が子供の小銭をめぐって大人げない戦いを繰り広げる)です。

photo
ピクサー・ショート・フィルム & ピクサー・ストーリー 完全保存版 [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2010-11-03

by G-Tools , 2014/07/16

グラン・トリノ(Gran Torino)

グラン・トリノ

グラン・トリノGran Torino/監督:クリント・イーストウッド/2008年/アメリカ


気に食わないことがあると「ブフー」とかいって鼻息が犬みたいなイーストウッド! 大嫌いな黄色人種にアッサリ餌付けされるイーストウッド! 最後の最後まで俺がカッコいいぜイーストウッド! じじい萌えにはたまらんぞイーストウッド! 目の中がぜんぶ黒目だよイーストウッド! イーストウッドのかわいいところ満載な前半のほうが好きです。
だからって後半が好きじゃないというわけではね、ないですが、あえていうならという意味ですよ。

少しの人と車と家があれば、いい映画が撮れちゃうってことなんですよね。映画はすべてこうあるべきとも思いませんが、せめてもうすこしこういう映画が増えてくれたらとは思います。

グラン・トリノ
ところで映画を見終わった後、近くにいたカップルの男のほうが「なんかぜんぶうまくいきすぎ」と言っていてですね、スーがレイプされてんのにいったいどこがうまくいきすぎなんかと思いましたねー。あれだけ明朗快活で物怖じしない子が、あんなボロボロになるんだからよほどのことだろうよ。 

それにしてもキャスティングがほんとうによかった。特にモン族はすばらしかったなー。ほんとうにいるよと思うもの、ああいうひとたち。

photo
グラン・トリノ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 2698
評価

by G-Tools , 2011/10/02

スモール・ソルジャーズ(Small Soldiers)

スモール・ソルジャーズSmall Soldiers/ジョー・ダンテ/1998年/アメリカ

スモール・ソルジャーズゴーゴナイトはみんなかわいいわー! アーチャーはねこにぺろっぺろされてかわいいわー。目玉ちゃんテレビ見過ぎでかわいいわー。あほの子ばっかりですごくいい。すきです、あほの子。

コマンドー・エリートの腕や足がばんばんぶち飛んだり、顔がでろんでろんに溶けたファッションドール集団が、そんなになってもコスメの話をしながらキャーキャー襲ってきたり、これは子供向けなの? ねえ、これヒットすると思ったの? ねえねえ!

すごくおもしろいけれど、大ヒットとはいかないかんじよね。みんな見るべきだと思います。グロいといっても、どうせフィギュアだしね。お母さんが火の玉テニスやるところは、自分の目が信じられませんでした。なんだあのシーンw

そういえば声優がたいへん豪華だそうですが、わたしは吹き替えでみてしまったのでした。
photo
スモール・ソルジャーズ [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-12-05
評価

by G-Tools , 2014/04/28


ウォッチメン(Watchmen)

ウォッチメンWatchmen/ザック・スナイダー/2009年/アメリカ


今回はウォッチメンの感想というよりは、わたしのとてもプライベートな話です。
感想は、またいつか書きます。

映画を見る前からもウォッチメンに関してはちょこちょこと話を聞いていて、だから、まったく何にも知らないわけではなくて。原作も手元にあってこれから読む予定で、なんだか、どう言ったらいいかわからない。わたしが、きちんと自分を持っていないから、わるいのかな? きちんと自分を持っていれば、臆せずに感想を言える? もし、周りにウォッチメンを知っている人がいなくて、なんの情報も仕入れずにこの映画を見ていたら、どう思ったんだろう?

ウォッチメンに詳しい人たちが身近にいることが、わたしにとって良かったのか悪かったのか、わからない。どうすんのこれ。どうすんのさ。いっそ、何にも知らなかったら、よかったのに。なーんにも知らなければ、おもしろかったー! って言えたのかもしれない。

「映画は良くできているし原作通りだけれどダイジェスト版っぽいかんじだ」とか、「12話ぶんのテレビシリーズで1話ごとにそれぞれのキャラクターのストーリーをやるのだったら良かったのに」とか、「オジマンディアスはミスキャストだ(もっとかっこよくて頭が良くて強くて、人間の中では最強なキャラなのに、あれじゃただのサイコ野郎に見えてしまう)」とか、いろいろ話しているのを聞いて、あーそうなんだ、って。あー、そうなんだ、へー。で、わたしはどうしたらいいの。わかんない。

こういうふうに思った、って言っても、でもあれは原作ではそうじゃないからね、って、言われてさ、やっぱり、へー、ふーん、そーなんだー。うん、わかった、黙るよ。
”だって、わたしは原作をまだ読んでいないから。”
”だって、わたしはウォッチメンのこと、あんまりよく知らないから。”

ときおり、マニアは、他人の感動を摘み取ってしまう。
そして別の種を植え付ける。「本当は、違うんだよ」

Dr.マンハッタン
Dr.マンハッタンがセックス中に分身して、ローリーに「そういうのやめてよ!」って怒られる。「喜ばせようと思った」と、Dr.マンハッタンは言う。

喜ばせようとしてやったことなんだ、っていうのは、わかる。
でも、そうじゃない。うまくいえないけど、それはちがうんだ。

photo
ウォッチメン [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-02-10
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在962件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM