宇宙戦争(WAR OF THE WORLDS)

宇宙戦争 トム・クルーズ

宇宙戦争WAR OF THE WORLDS/スティーヴン・スピルバーグ/アメリカ/2005年


何が起こっているのか、車も銃も奪われてどうすれば、「ボストンへ行けば大丈夫」と言いつつも本当に大丈夫なのか、軍隊はどこへ行くのか、敵がいったい何なのか、目的は何なのか、100万年前から埋まっていたって本当? でも雷が落ちたよね? ってことは宇宙から来たの? 何が? 戦ったって勝てる気がしない、じゃあどうしたらいいのか、逃げるしかない。でもどこへ?息子には馬鹿にされるし娘は泣きわめく。せいぜい出来るのは、発狂した男を殺すことだけ。

トム・クルーズに世界を救って欲しいと願いつつ見た人、お疲れ様でした。残念ながらそういう映画ではありません。キャッチコピー考えた奴、採用した奴出てこい。おかげで私も最初勘違いしちゃったじゃないか。ツッコミいれちゃったじゃないか。
「『地球最後の日----人類は試される、その愛と勇気を…』って、試されるのは軍事力と戦略性だろう!」ってね。

愛も勇気も軍事力も戦略性も、とにかく何もかもが無効。意味なし。トライポッドは圧倒的な力で街を破壊し、人をさらい、そして地面に真っ赤な草が生える。そこにあるのは恐怖と、自らの無力さのみ。

ラスト、ボストンでのシーン。母親に抱きつく娘を離れたところから見つめるトム。やっとの思いで守った娘は、自分ではなく母親を選ぶのだ、しかも母親のお腹には新しい夫との子供。死んだと思ってた息子と抱き合うが、別に自分が息子を守ったわけではなく、なぜか生きてたってだけにすぎない。ダメ男はダメ男のままで、これから家族が元に戻るなんてことはありえない。

そもそも、どうしてトライポッドが動きを止めたのかも解らない。
観客には解るが、トムには解らないのだ。一切何も解らないまま終わっていく。街が復興し日常が戻ったとしても、「あれはいったい何だったんだ」という疑問が残るだけ。科学者さんたちが調べて判明するのかも知れませんけど、はたしてそれがトムに伝わる日はくるんだろうか。

最初から最後まで無力極まりないトムの孤独。

宇宙戦争 ダコタ・ファニング

という見方もありますが、楽しく笑いながら見ることも出来ます。

すぐキレるわ冷蔵庫にろくなもん入ってないわ、娘のアレルギー知らないしイラついて投げたパンは窓にへばりつく。「レイ、レイ、…パパ!」で目を覚ましたり、「貴方は乗客?」「いや」「残念、スクープが撮れると思ったのに」などなど、とにかく会話は全部最高に笑える。

ダコタが、川からぞろぞろ流れてくる死体を見た時は絶対失禁してるし。演技派子役とか言われてるダコタに、ひたすらギャアギャア騒ぐだけのてんぱった子供を演じさせるあたりスピルバーグは本当子供嫌いなんだなあ(A.I.でもオスメントに「お前はロボットだからまばたきすんなよ」って言ってたらしいしね。

自転車いじってびっくりする宇宙人とか、どう見たって肛門にしか見えないトライポッドの中身と、そこから半分身体出してるトム最高。コメディでホラー。スプラッタと言うには血の量が少ない(わけじゃないけど、人間から直接血や内臓が出るシーンはないからそんな感じもしないね。
こわいこわい、こわ、わー、わはははなんだこりゃあ、って。大好きです。

photo
宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
H.G.ウェルズ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-09-14
評価

by G-Tools , 2014/07/16

コンスタンティン(CONSTANTINE)

コンスタンティン

コンスタンティンCONSTANTINE/フランシス・ローレンス/アメリカ/2005年


中だるみもせず集中してみられる映画。映像が奇麗。キリスト教は二次創作しやすいもっとも有名な「作品」なのだなあ。原作がコミックなので、それっぽい要素が満載です。銃とか、かっこいいぜ。ドラゴンの息とか、かっこいいぜ(使わなかったけど…。

性悪ガブリエルといえばどうしてもゴッド・アーミーのウォーケンを思い出してしまうわ。衣装が素敵だった、ガブたん。(たん?!
天使の羽根が真っ白じゃないってところもなんだかいいです。

続編作る気満々ぽいですが、まぁ原作付きですので、マトリックスのようなことにはならないのではないかと思います。キアヌが出てるからってすぐマトリックスと関連させちゃうのはキアヌに失礼かしら。

しかし、これでもか! というほど禁煙推奨映画でしたね!

教えてあげよう、天国と地獄のバランスとは「天国と地獄のバランス」を指すのです!『指輪物語』における指輪が「世界を統べる指輪」でしかないように、『スキャナーズ』の超能力が「頭が吹っ飛ぶ超能力」でしかないように、映画に出てくるものが、それ以外である必要はないのです。もちろん、監督によってはインタビューで「カラス神父が登場するときは必ず画面の下から上に昇る……これは彼が最後に天に召されることを暗示しているんだ」なんてことを言ったりするひともいるし、基本的にはあらゆる映像表現は文字通り何かを表現しているけれど、それは、映画に出てこない「政治的・社会的な寓意」などではありません。

引用元:絶叫機械+絶望中止 『コンスタンティン』について偉そうな意見を見たので反論してみる。

photo
コンスタンティン [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
評価

by G-Tools , 2014/07/16

マシニスト(THE MACHINIST)

The Machinist

マシニストTHE MACHINIST/ブラッド・アンダーソン/2004年/スペイン・アメリカ


予告を見るとおもしろそうだけれど本編は…。思えば、「セッション9」も予告はおもしろそうだったけど本編見たらがっかりする映画でした。この監督って…。

一緒に見た友人と話していて、「なんかこういうの前にも見たことあるんだよね、なんだっけなー」と言ったら「教科書通りだからね。こういうジャンルの映画はいっぱいあるよ。ここまで『教えられたとおり』に作る必要ないけど」と言われて納得した。いらない部分が多すぎ。直喩のシーン多すぎ。答えが出た後で無理矢理伏線回収しなくていいから。

ものすごく嫌なシーンがあって、娼婦の部屋で主人公が「君しか解ってくれる人がいないんだ」みたいなことを言ってですね、付き合うみたいな感じになるのね。そんで娼婦がにこにこしながらキッチンで食事作るのだけど、その間にベッドルームにいた主人公がだんだんてんぱってきて、いきなりキッチンの物をガシャーンってぶち壊して「この売女!お前も俺のこと騙してるんだろう!何を隠してるんだ!」とか叫ぶんです。あー。いやだ。

クリスチャン・ベイルじゃなかったら全く見る価値がない。というか、なんでこの脚本を読んでベイルがここまで頑張ってしまったのかが解らない。「話はどうでもいいからベイルの痩せっぷりを見に行こう」と言って見たのだけど、本当にどうでも良すぎて困った。最初の15分見れば充分目的は達成できます。


photo
マシニスト [DVD]
スコット・コーサー
アミューズソフトエンタテインメント 2005-09-22
評価

by G-Tools , 2012/01/31

スーパーサイズ・ミー(Super Size me)

スーパーサイズ・ミーSuper Size me/モーガン・スパーロック/2004年/アメリカ


以前、「ファストフードが世界を食いつくす」という本を読んで、ジャンクフードの恐ろしさは知っていたんですが(この本は噂をそれっぽく書いた本というわけではなく、きちんと取材して、食材の不潔さや労働者に対する待遇の悪さを暴露してる本で、たいへんおもしろいですよ)、人体実験をみずからやってるところを映像として見ると本当に気持ち悪くなりますね。

2日目で食べたものを全部吐き、18日を過ぎると中毒症状が出て鬱状態になってしまい、肝臓を壊してしまうという。ところどころで挿入されるイラストが不気味かつなんとなくかわいくて良かったです。

モーガンの彼女がまた極端なベジタリアンシェフで、実験後に「解毒メニュー」なるものを作ってあげていたのが救い…救い? というか、それはそれでキモチワルイんですが、彼女がいたからモーガンも無茶できたのかなあ、などと思いました。体重と体調を元に戻してくれる人がいるからねえ…。


「喫煙者には公然と注意できるのに、肥満の人に『このデブ、まだ食うのか! 死にたいのか! しかもデザートも食うのか!』とは言えない状況をなんとかするべきだ」という意見には笑いました。

あと、彼女がハムとヘロインをいっしょくたにして意見してるところはちょっとねえ。いやはや極端な映画です。

マリファナを吸いまくる「SUPER HIGH ME」が見たいなあ。

photo
Super High Me [DVD] [Import]
Screen Media 2008-06-17

by G-Tools , 2012/01/31


photo
スーパーサイズ・ミー 通常版 [DVD]
クロックワークス 2006-06-23
評価

by G-Tools , 2012/01/26

おじいちゃん映画
記事検索

現在894件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM