ミスト(THE MIST)

The Mist

ミストTHE MIST/フランク・ダラボン/2007年/アメリカ


▽慣れとは、こうも恐ろしいものだったのか。
モンスターの造形はさほどグロテスクでもなく、目新しくもない。
他人同士が閉じ込められ、仲たがいし、協力しあい、モンスターと戦い、そして命を落とす。

どこかで見たかもしれない、よくあるかもしれない、そんな映画だ。
そんな映画のはずなのに、明らかに違う。未知のものが、見る者をじわりと襲う。

この映画のモンスターは異常に怖い。握り締めた腕に爪の痕が付いた。
そりゃ、大きくてわけのわからない生き物が襲ってきたら「怖い」のは当然だ。
でも、いろいろな映画を見て、モンスターに慣れてしまっていた。
だから海外版トレーラーを見たときも、なぁんだ、と思ってしまっていた。甘かった! 確実に不快感を煽ってくる。嫌な動きをする。

映画にはテーマがあり教訓があり、正しい人物と間違った人物がいて、真実は最終的に解り易く明らかにされる…そんな慣れ、そんな思い込み。
ミストは巧妙にそれを覆す。

誰が正しいか? 誰も正しくない。間違っていたのは? きっと全員だ。こうなった原因は? 異次元の扉? でもそれは下っ端軍人の噂でしかない。軍人が言っていたってだけで信じるの?危険だよ。
神様はいるの? ううん、神様はいない。この映画を見て、神様に逆らっちゃいけないんだねなんて言う人は、気をつけて。あなたはあの状況下に置かれたら、軍人を刺し担ぎ上げて生贄にしてしまうタイプだよ。

The Mist▽「解決法を口にする人を信じてしまう」
宗教狂いのキチガイ女は、虫に嚙まれる覚悟をするが、嚙まれない。生贄を捧げた日の夜は、彼女の言うとおりにモンスターが襲ってこなかった。偶然が重なった結果、多くの人が彼女を信じた。

主人公は、積極的に動いてみんなを率いる。薬局へ行き、犠牲者を出しつつも戻ってくる。車に乗り込み、スーパーを離れる。やはり犠牲者は出るが、主人公は無傷だった。偶然が重なった結果、多くの人が彼を信じた。観客も。

主人公がたびたび行う決断には、間違いも含まれていたはずだ。
でも、信じてしまう。だって、主人公だから。
▽本当に怖いのは人間か?
本当に怖いのは、観る者の経験から来る慣れと思い込みだ。
「本当に怖いのは人間だっていうテーマの映画だ」という思い込み。
主人公は間違わないという思い込み。子供は死なない、という思い込み。

最後、ぐったりした。悲しくて、痛みが伝わってくるようで、つらかった。
エンドロール、ヘリと戦車の音。どうにもならない、どうしようもない絶望感。
いつもなら…いつもならエンドロールでは、タイアップ曲がけたたましく流れるのに。
バッドエンドだったとしても、いつもならこんなにダメージを受けないのに。


誰も救われない。

The Mist
▽お気に入り笑いどころリスト
・最初の夜の戦闘がパニックすぎて面白かった。光を消せ!って言ってるのにバチバチつけちゃう人はいるわ、ライターの火はなかなかつかないわ、ついたらついたで燃え移っちゃうわ、もうたいへん!
・さえない中年男にかっこいい見せ場があるとときめく。射撃チャンピオン。
・薬局でのおじいちゃんおばあちゃん大活躍がステキ。特におばあちゃんかっこいい!
・ジムの頭の悪さには失笑を禁じえない。
・今日のセサミストリートは贖罪
・首吊り自殺した2人はカップルなのかとおもいました。
・牛乳飲みつつナイフを頭上に掲げてゆったりと椅子に座る宗教狂いのキチガイ女、の図がおもしろすぎた。あそこは最後の笑いどころ…。

photo
ミスト [Blu-ray]
フランク・ダラボン
ポニーキャニオン 2009-09-02
評価

by G-Tools , 2014/07/16

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師


序盤、(回想シーン以外は)画面がとにかく暗く重い。ピレリを殺したときから、少しだけ人物の顔色が良くなる。良く、というか、人間の色になってくる。しかし、最後の最後まで鬱々とした色のままであることに変わりはない。いうまでもなくトッドの心境の表れだろう。

カミソリを手にして喜ぶシーン、ピレリとの髭剃り対決のシーン、人肉をパイにすればいいじゃない!って歌いながら店の窓に張り付いているシーン、次々と殺人を犯すトッドの裏で役立たずの水夫アンソニー・ホープが街をうろうろするシーン(※追記)、ミセス・ラペット妄想のシーンで鬱々としているトッドなどなど、各所に笑えるシーンがあり、映画館では笑いを堪えるのに必死だった。なんでみんな笑わないのかなっていうくらい面白かった。

一方、トビー少年がミセス・ラペットに自分の思いを伝えるシーンでは、そのけなげさに涙した。ミセス・ラペットもトビー少年のことを本当に大切に思っており、迷いがあるのも解る。なんとも悲しい。

様々な形の愛の物語だ。奪われた妻と娘のことを忘れられず復讐に走る男、美しい女を卑怯な手を使ってでも手に入れたい男、劣悪な環境から救い出してくれた恩人を守りたい少年、囚われた美しい姫を救い出したい青年、過去を忘れて幸せな未来を夢見る、恋する女。各々の思いは届かず、死と絶望のラストを迎える。(水夫と娘の結末は解らないが…。それより、トッド少年の今後の人生を思うと不憫でなりません。

※殺人シーンにカットインして水夫のシーン、という対比がおもしろかった。ここでカットインするのは水夫じゃなくてミセス・ラペットのパイ屋が繁盛していく様子を描いても良かったはずなのに、水夫なんだ!って。

photo
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 特別版 (2枚組)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-06-11
評価

by G-Tools , 2012/05/21


デビルズ・リジェクト〜マーダー・ライド・ショー2〜

マーダーライドショー2 デビルズ・リジェクト

デビルズ・リジェクト〜マーダー・ライド・ショー2〜THE DEVIL'S REJECTS/ロブ・ゾンビ/2005年/アメリカ


「マーダー・ライド・ショー」を見ていないのでちゃんと見ます。

悪魔の殺人一家! ってこのひとたちは何の為にひとを殺しまくっているのかとか、わたしはさっぱりわからないんですが、そこに理由があろうとなかろうと全然構わない!というのがこういう映画のよいところで…。

40トントラックにオネエちゃんが轢かれるシーンは思わず吹き出しました。ぺっしゃんこ。

それにしても、他人をいびり倒したりあっさり殺したりするわりに、家族同士の仲が非常によくて(憎まれ口を叩きつつも)こういう家族はよいなあと…なんだろ、この映画見て人殺そう! とは思わないんじゃない?家族と仲良くしたいなあとは思うけど、どうだろう?

最後はきれいに「いい話」にまとめられてます。2作で打ち止めっぽいところもいいですね。

photo
マーダー・ライド・ショー2 デビルズ・リジェクト [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-10-07
評価

by G-Tools , 2014/07/16

ブレア・ウイッチ・プロジェクト(The Blair Witch Project)

The Blair Witch Project

ブレア・ウィッチ・プロジェクトThe Blair Witch Project/ダニエル・マイリック/エドゥアルド・サンチェス/1999年/アメリカ


つまらない、と聞いていたので、予告は面白そうだったのに何がつまらないのかなあと、ある意味つまらなさを期待して行ったのでまだ救われました。つまらない、と聞かずに、予告だけ見て行っていたら怒っていたかも。文句を言いたいんだけど、どんな文句を言っても「そういうコンセプトで撮った映画だから」と言われれば何も反論できないというあたりがせつないですね。1回きりの映画。続編もあるが、同じ手法なら絶対見ないし、違う手法ならばそれは違う映画になってしまうんでしょう。少人数の人間が精神的に追い詰められて行く過程を見るために見たとしても、やっぱつまんないなという感想にしかならないです。それだったら「CUBE」のほうがずっといいし。俳優は演技をしろ! 唯一、短い映画だという点のみがマシだったかもね。展開が早いから。2時間とかだらだら続けられたらちょっと耐えられないですね。

ただ、インターネットから話題が広がってある意味成功した映画、という点は評価するべきかと思う。

誰だったか忘れたんだけど、ある監督が、「次は究極のリアリズムを追求して映画を撮る。カメラは部屋に固定して、俳優には本気で喧嘩もさせるしファックもさせる。台詞は全てアドリブでやるんだ」みたいなことを言ってたんだけど、なんかそれを思い出しましたね。それ、やんないほうがいいよ、つまんないから。

photo
ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版 [DVD]
クロックワークス 2000-04-28
評価

by G-Tools , 2014/07/16

アダムスファミリー2

アダムスファミリー2

アダムス・ファミリー2


私この作品、一作目は映画館で観てます。今回はテレビでやってるのを観ました。

いや、話はなんというか観客おいてけぼりでそんなおもしろくないんですけど(元がドラマだから多少は仕方ないとおもわれる)、おそらくクリスティーナリッチがいちばんかわいらしかった頃ではないかと…。いやほんとめちゃかわいいです。ホラー女優万歳みたいな。あとモーティシアがかっこいいね、こういうオバサンになりたいです。彼女が着ているドレス、某雑誌で売られていました。ちょっと欲しかったけど7万とか書いてあって諦めました。

あ、それで映画の感想は、いや、おもしろくないんですが、こういうキャラや建物や、衣装とかとにかく美術関係がめちゃ好みで良いですね。全身長い毛におおわれている親戚のおじさんが好きです。この作品では神父をやっています。犬っぽいです。

あと、キャンプの優等生のイヤな女の子がイイです。こういう女絶対クラスにひとりはいます。小学校高学年でその高慢っぷりをいかんなく発揮しちゃうタイプの。めっちゃイヤな女なんだけど、このイヤな女っぷりが素晴らしいというか。嫌いですけどね、こういう女。

photo
アダムス・ファミリー2 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2012-08-09
評価

by G-Tools , 2014/07/16

おじいちゃん映画
記事検索

現在985件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM