凶悪/その死を望む者

凶悪/The Devils Path

凶悪The Devil's Path/監督:白石和彌/2013年/日本


俺がブッ込んでやっからよォ!


ヒューマントラストシネマ有楽町F列で鑑賞。なんで見たのかな。ピエール瀧を見に行ったのだと思います。原作は未読です。これはねー面白かったですね。おじいちゃんががんばります。というか無理させられています。

凶悪/The Devils Path

あらすじ:死刑囚が余罪を告白します。

雑誌記者藤井(山田孝之)あてに死刑囚須藤(ピエール瀧)から手紙が届く。その内容は、警察も知らない須藤の余罪3件と、その首謀者である先生(リリー・フランキー)についてだった。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
リリー・フランキーもピエール瀧もよかったなーって思ってますが一番よかったのはジジ・ぶぅでしたね。ほんとに死んじゃうかとおもったよ。

デッド寿司/SUSHI is alive!

デッド寿司/DEAD SUSHI/監督:井口昇

デッド寿司DEAD SUSHI/監督:井口昇/2012年/日本


人喰い寿司VS美少女でやりたい放題!


試写で鑑賞。生松崎しげるを見ました。そしてわたくし2013年映画初めが「デッド寿司」となっております。
ちなみに当然のようにPG12作品ですが、試写会場に4〜5歳くらいの女児がいらして、他人ごとながらはらはらしましたね。

デッド寿司/DEAD SUSHI/監督:井口昇

あらすじ:寿司が襲ってきた。

寿司職人を目指していたが修行の厳しさに耐えかねて家出したケイコ(武田梨奈)は、旅館の中居として働き始める。ある日、怪しい男が旅館に現れ…。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
玉子寿司ちゃん可愛い! そして亜紗美さんすごいなあと…ほんとにすごいなあと思いました。

桐島、部活やめるってよ/ナードもジョックもクインビーも

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ監督:吉田大八/2012年/日本


マクガフィンとしての桐島の存在と、均された青春の物語。


原作は朝井リョウの同名小説ですがいつもどおり未読です。試写で鑑賞。公開は8月11日です。

おそらく舞台となった高校で試写が行われたときの高校生たちの感想が載ったチラシには「よくわからない」と書いてあったりしたので、破綻してるのかな? って思っていたのですが、見終わってみると、これがわからないのはたんに読解力に問題があるのやもしれん…。わかりにくい話というわけではまったくないですよ。

あらすじ:桐島が部活をやめたらしい。

バレー部のキャプテンだった桐島が部活をやめた。映画部の前田(神木隆之介)は、自主制作映画を撮っていた。

※物語上のネタバレはありませんが、クライマックスの描写については書いています。ネタバレの記述の前には注意書きをしています。


おすすめ
ポイント
10代の少年少女に。とにかく、若い子におすすめです。青春を忘れきる前にどうぞ。
「エレファント」っぽい撮り方をしているところもちょっとあります。

タマフル THE MOVIE ~暗黒街の黒い霧~/ファンのためのお祭り映画

タマフル THE MOVIE ~暗黒街の黒い霧~

タマフル THE MOVIE ~暗黒街の黒い霧~監督:入江悠 /2012年/日本


TBSラジオ人気番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」映画化?!


わたしね、そもそもこの番組をほとんど聞いていないんですよ(笑。だからファンじゃないんだよね。そこからもう、ターゲット外なわけです。やー、すいません。

あらすじ:タマフル存亡の危機、その裏にはある一人の悪い男がいた。

TBSのラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」。ギャラクシー賞も受賞した人気番組だが、最近なんだか様子がおかしい…。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
ファンの方に。出演者が全員素人さんであることを差っ引いても、映画の出来には疑問が…。

RIVER/秋葉原通り魔事件の、その後の物語。

RIVER/秋葉原通り魔事件の、その後の物語。

RIVER監督:廣木隆一/2012年/日本


興味本位で見ると、思わぬダメージを受けます。


2008年に起きた、秋葉原無差別殺傷事件を題材とした映画が作られる、しかも被害者視点で、と最初に聞いたとき、それは違うだろうと思いました。実際の殺人事件、しかも最近の事件を映画化することじたいにデリケートな問題を含んでおり、安易に扱うべきでないというのは大前提の上で言いますが、映画にするのであれば加害者が主人公であるほうが良いと思うのです。ひとりの人間が、なぜあのような事件を起こすに至ったのかを掘り下げて欲しいと思うのです。「丑三つの村」のように。

それでも、映画は本編を見てみなければなにもわかりませんので、見ましたよ。

あらすじ:秋葉原無差別殺傷事件で恋人を殺されたので、秋葉原に通います。

恋人を失ったひかり(蓮佛美沙子)は、事件から3年経っても立ち直れず、秋葉原をぶらついてメイド喫茶で働いてみたりカメラマンに写真撮られてみたり男の子と関わってみたりします。

ネタバレしています。褒めていません。

おすすめ
ポイント
「ヒミズ」を見て不快感を覚えた方は見ないほうがいいです。ムカつくだけだから。
事件の加害者は登場しません。
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM