そして友よ、静かに死ね/いったいいつから、こんなことに

そして友よ、静かに死ね/LES LYONNAIS/A GANG STORY

そして友よ、静かに死ねLES LYONNAIS/A GANG STORY/監督:オリビエ・マルシャル/2011年/フランス


「俺はすぐいなくなる、お前は平和な生活に戻れ」


フレンチノワール初めて見ました。だから、どんなものなのかよくわかっておらず(相変わらず予告見てなくて)、なんか実話らしいよーってことだけ知っているかんじでしたね。1970年代フランスに実在したギャング、エドモン・ビダルの物語です。

そして友よ、静かに死ね/LES LYONNAIS/A GANG STORY

あらすじ:かつての強盗仲間が捕まったので助けたら、えらいことになりました。

伝説のギャングとして名を馳せたエドモン・ビダル(通称モモン)(ジェラール・ランバン)は、おじいちゃんになったので引退生活を送っていた。そんなある日、子供時代からの親友だったセルジュ(チェッキー・カリョ)が13年間の逃亡生活の末に逮捕され…。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
若者からおっさんからおじいちゃんまで、とにかくイイ顔ばっかり出てきます。激渋おじいちゃん映画だった。ちょうかっこいい! あと邦題もかっこいい!

ネイビーシールズ/ほぼ実録!アメリカ海軍特殊部隊

ネイビーシールズ/Act of Valor

ネイビーシールズAct of Valor/監督:スコット・ワウ、マイク・マッコイ/2012年/アメリカ


劇映画としてはナシ、実験映画としてはアリ?


プロパガンダだとか米軍のPR映画だとか言われていますけれど、まーいいじゃないですかーそんなカリカリしなくてもーと、思ってます。わたしがあんまりそういうことに敏感ではないからというだけなのだが…。
この映画はたぶんものすごく見る人をえらぶんじゃないのかなっと、おもいますよ。でも、それで正解なのではないかともおもうわけ。

ネイビーシールズ/Act of Valor

あらすじ:アメリカ海軍特殊部隊NAVY SEALSががんばります。

CIA女性エージェントが拉致されたのでアメリカ海軍特殊部隊NAVY SEALSに出動命令が下る。事件の黒幕は麻薬取引や武器密輸で暗躍する男だった。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
ミリオタの人に。これはねもうね、そういう趣味の人向け映画だとおもいます。

キラー・エリート/殺し屋稼業もラクじゃない

キラー・エリート/Killer Elite

キラー・エリートKiller Elite/監督:ゲイリー・マッケンドリー/2011年/アメリカ、オーストラリア


ジェイソン・ステイサムがロバート・デ・ニーロを助けに行きます。


イサムさんとデニーロが共演するんなら見なきゃいけないだろうと、思ってね。見るよね。見る直前になってTwitterで、イマイチみたいな噂が流れてきたので、ちょっとテンション下げて行ったよね。そうしたら、まあ確かにものすごくおもしろいわけではなかったが、ものすごくダメなわけでもなく、気に入ったシーンもありましたし、全体的には良かった方だと思います。良いシーンがひとつでもあれば、いい映画だよ!

キラー・エリート/Killer Elite

あらすじ:元英国特殊部隊のメンバーを、事故死に見せかけて殺せ!

ターゲットの車に子供が乗っていたので仕事にうんざりしてしまった殺し屋のダニー(ジェイソン・ステイサム)は、引退してロハス生活を送っていたが、ある日、かつての相棒ハンター(ロバート・デ・ニーロ)が捕虜になっていることを知る。しょうがないので、ハンターを助けるために、ちょうめんどくさいミッションを引き受けることにしたのだが…。

ネタバレはありません。


おすすめ
ポイント
イサムさんのファンの方に。デニーロもかっこいいです。実話であるかどうかは、どうでもよかったなあ。

ドライヴ/ハンドルは血の匂い

ドライヴ/Drive

ドライブDrive/監督:ニコラス・ウィンディング・レフン/2011年/アメリカ


ライアン・ゴズリングが車を運転します。


なんだかものすごく評判がよろしいものですから、いつもどおり内容はまったく知らぬままに、いそいそと鑑賞してみましたところ、あれえ、わたし、これ全然合わないわ。という悲しい事態に陥りました、ライアン・ゴズリングはいいとおもいます。なんで脱がないの?

ドライヴ/Drive

あらすじ:凄腕運転手が人妻のために悪いやつを殺したりします。

ライアン・ゴズリングは自動車修理工場で働きつつ映画のカースタントマンをしています。たまに、強盗の送り迎えをやったりもする。隣人は子持ちのキャリー・マリガンで、仲良くなってほっこりしたりする。でもキャリー・マリガンの旦那が刑務所から帰ってきたあたりから、雲行きが怪しくなっていくのでした。

ネタバレはありません。褒めていません。


おすすめ
ポイント
変わった映画です。話は面白くないと思う。

戦火の馬/自分を超えられなかったスピルバーグ

戦火の馬/War Horse

戦火の馬War Horse/監督:スティーブン・スピルバーグ/2011年/アメリカ


「プライベート・ライアン」のあとでは、どうしても物足りなく思います。


戦火の馬」予習のために何本もスピルバーグ監督作品を見て挑みました、気合は十分でございました。まるきり一夜漬けなスピルバーグファンなわけです、いや、もともと好きではありましたが、「ジョーズ」見たことなかったくらいですからね。にわかもいいとこですよね。

戦火の馬/War Horse

あらすじ:馬が戦争へ行って大変です。

アルバート(ジェレミー・アーヴァイン)は、飲んだくれの父親が買ってきた馬にジョーイと名付けてかわいがっていましたが、お金に困った父親がかわいい馬ちゃんを軍人に売っぱらってしまったので、がっかりしました。でも、きっと戦争が終わったら、馬ちゃんを返してもらえるはずだと思って待つことにしたのでした。

※一部ネタバレしています。ネタバレ部分の前に注意書きがあります。褒めていません。


おすすめ
ポイント
馬はかわいいです。にんじんぶらさげられて「!!」ってなるところちょーかわいかったね。
おじいちゃん映画
記事検索

現在931件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM