『ズートピア』がもうちょっとだけおもしろくなる10のトリビアを紹介するよ

ズートピア

『ズートピア』がもっとおもしろくなる10のトリビア


感想(ズートピア/悪意なき偏見 | 映画感想 * FRAGILE)では思いがけないところでダメージくらっちゃって、へこんでいたけれども、『ズートピア』がほんとうにおもしろかったので、もっと楽しめるようなトリビアを探してきてみました。ストーリーに関わるネタバレはありません。

1. 海賊版DVDの元ネタ


邦題では『ベイマックス』『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』と、これから公開される『モアナ(原題)』『Gigantic』。

ズートピア/悪意なき偏見

ズートピア

ズートピアZootopia/監督:リッチ・ムーア、バイロン・ハワード/2016年/アメリカ


「事実だもの」と彼女は言った


TOHOシネマズ新宿 スクリーン7  L-16で鑑賞。

ズートピア

あらすじ:うさぎ警官がきつね詐欺師とがんばります。

近未来都市ズートピアへやってきた新米警官のジュディ(声:ジニファー・グッドウィン)は、ひょんなことから出会った詐欺師のニック(声:ジェイソン・ベイトマン)と行動をともにする。

ネタバレしています。見ていてつらい気持ちになったので、そのことを書いています。映画は最高です。


おすすめ
ポイント
なまけものがかわいい! 途中で『ゴッドファーザー』になるよ。

アーロと少年/君となら、強くなれうわあああああああ

アーロと少年

アーロと少年The Good Dinosaur/監督:ピーター・ソーン/2015年/アメリカ


狂気と不安が入り交じる置いてきぼり映画


飛行機内で鑑賞。日本語吹き替えもあったけれど、フランシス・マクドーマンドの声が聞きたかったので英語で。アニメなら英語でも大丈夫だと思いましてですね。

アーロと少年

あらすじ:恐竜が川に流されて少年と出会いました。

弱気でどんくさい恐竜アーロは、お父さんと一緒にいる時、鉄砲水に流されるんだけど、お父さん死んじゃって、家からも離れちゃったしどうしようっていうときに、少年と出会いました。

ネタバレしています。あんまり褒めていません。
ある意味褒めているのかもしれない。


おすすめ
ポイント
中盤のサイケデリック恐竜大暴走シーンに一番の狂気と恐怖を感じたよね。

インサイド・ヘッド/主語を大きく出来るのは、なぜか。

インサイド・ヘッド

インサイド・ヘッドInside Out/監督:ピート・ドクター/2015年/アメリカ


誰にでも共感される物語として成功できる理由について


TOHOシネマズ新宿 スクリーン4 G-9 2D字幕で鑑賞。
見たい映画はなるべく公開直後に行く派でしたが、諸々の事情により周回遅れとなりました。

インサイド・ヘッド

あらすじ:環境が変わったらストレスでつらい。

11歳の少女ライリー(声:ケイトリン・ディアス)は、生まれ親しんだミネソタからサンフランシスコへ引っ越すことになり、ふさぎこみます。

ネタバレはありません。

お父さんの声がカイル・マクラクランなのでワーイって言っていたらお母さんの声がダイアン・レインで、うおおとなりました。すごい夫婦だ。


おすすめ
ポイント
おそらく誰が見ても「いい映画を見た」と感じるのではないかしらんと思いますね。じゃあなぜそう思えるのかなという話をしたいと思います。

「愛犬とごちそう」から、表現の自由について思ったことを書いてみたよ

愛犬とごちそう

愛犬とごちそうFEAST/監督:パトリック・オズボーン/2014年/アメリカ


フィクションが現実に影響を与えるか否か、超えてはならない一線とは何か。


ベイマックス」同時上映の短編「愛犬とごちそう」について、「ベイマックス」の感想には一言だけ書いていました。これは、見た時の瞬間的な”感想”です。
今回、短編は酷かったと思います。動物にあんなことをしては絶対にいけません!!
ネタバレしています。
おじいちゃん映画
記事検索

現在962件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM