スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団/今まで何人くらいと付き合った?

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団Scott Pilgrim vs. the World/2010年/アメリカ・イギリス・カナダ/エドガー・ライト

Here comes a new Challenger!

あらすじ:スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は、アマチュアバンド「セックス・ボブオム」のベーシスト。中国人の高校生、ナイヴズ・チャウ(エレン・ウォン)と付き合っている。ある日、紫色の髪の毛をしたクールな女の子、ラモーナ・フラワーズ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に一目惚れ。しかし、その出会いは、7人の邪悪な元カレ軍団との戦いの始まりだった。

というお話です。セリフや効果音、集中線なんかが映像で表現されて、アニメよりもコミックっぽいです。
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)最初の元カレは、マシュー・パテル(サティヤ・バーバ)。悪魔っ娘を引き連れて襲ってきます。

スコットは、ゲイの友達、ウォレス・ウェルズ(キーラン・カルキン)と一緒に暮らしています。ウォレスは(なぜだかわかりませんが)元カレ軍団とのバトルについて、妙に詳しいのです。適切なアドバイスをしてくれます。もうね、すごい正統派の脇役ですね。絵に描いたような脇役。
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)そしてウォレスは大人だなあと思うんです。スコットがウォレスに、女子高生ナイヴスを紹介したとき、ナイヴスは「うちのクラスにもゲイがいるわ」と言うのです。わたしこれ、ちょっとぎょっとしちゃって。そんなこと別に言わなくてもいいよね? でも高校生くらいだったら「わたしはゲイを差別しません」という意味で「身近にゲイがいます」って言いたくなるのかなあとか、それがどれほど差別的な発言なのか、考えないのかなあと、思うんですが、ウォレスは、そういう子どもじみた失礼さをさらっと流すんですよね(ただ単にウォレスの好みのタイプについてチラッと言及するためのセリフなのかもしんないですけどね)。

そんなウォレスが夢中になっておっかけている、元プロスケートボーダーで現在は俳優のルーカス・リー(クリス・エヴァンス)が2番目の元カレです。左の写真は、ルーカス・リー出演作のポスターです。映画内ではこんなにはっきりわからないんですが…。
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)3人目は、人気バンド「クラッシュ・アット・デーモンヘッド」のベーシストで菜食主義者のトッド・イングラム(ブランドン・ラウス。わたしがつけているあだ名は『羽鳥さん』)です。超バカ。

トッドのバンドには、主人公スコットの元カノ、エンヴィ・アダムズ(ブリー・ラーソン)がいます。そう、スコットは元カノがいるんです。
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)「セックス・ボブオム」のドラマー、キム・パイン(アリソン・ピル)も主人公の元カノなんです。スコットは、体は童貞なのかもしんないけど、魂がヤリチンです。たしかに口説き文句がパックマンだったりしてだっせえんですが、ラモーナを誘うときの話しぶりとかさ、ものすごく口説き慣れているんですよね。

ラモーナには元カノもいます、ロキシー・リクター(メイ・ウィットマン)です。「興味本位で付き合った」とか言ってラモーナもひどいと思います。
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)ひどいといえば双子の日本人、カイル・カタヤナギ&ケン・カタヤナギ(斉藤祥太斉藤慶太)のこともちょっとどうかと思いますよねラモーナさんったら…。双子といっぺんに付き合うとか正気の沙汰じゃないですよねラモーナさんったら…。

スコットは女子高生ナイヴズに「今まで付き合った人いるの?」みたいなことを聞きます。人と付き合うときに一番めんどうくせえ質問です。「気にしないから」とか「受け入れたいから」とか言ってくるんです。
でも、それはうそなの。すごい気にするし、答えたが最後、あとあとまでずーっとねちねち文句言われるんですよ。こう言うことを聞くやつはめんどくさいの! そんなに気になるなら、確実に処女(童貞)である子と付き合うしかないんですよ。それが一番、みんな幸せになれる方法なんだと思うんです。

なんかね、スコットが女子高生ナイヴスと付き合ってるのも、そのせいなんじゃないかと思ったりするんですよね。エンヴィーで痛い目あったから、今度は処女だっていう。ラモーナとエンヴィーは似たタイプ(クールな美女)、キムは美女ではないがやっぱりクールな子だけれど、ナイヴスはぜんぜん違うじゃないですか。見た目もそうだし、雰囲気もね。スコットの好みと外れてるんですよ。いつでも好みの子と付き合うわけじゃないですけれど、それでもねえ。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)ラスボスの元カレ、ギデオン・ゴードン・グレイヴズ(ジェイソン・シュワルツマン)が元カレ軍団を結成したわけなんですけれど、ラモーナは、このことに関して、スコットに「ごめんね、戦ってもらわないとデートできないんだよね」っていう態度なんですよね。すいませんけどわかってください、という。

これってもしかしたら「今まで何人くらいと付き合った?」っていうめんどくせえ質問に答えるときの態度として正しいんじゃないのかなって思いました。すいませんけどわかってください、戦ってください。
好きになりたての人の過去が気になってしょうがない、それ自体はしかたのないこととして、では、その過去と向きあうにはどうしたらいいのか、戦うしかないんじゃないか、戦って、ぶちのめして、前に進んでいくんです。それは、ほんとうは誰のためなのか? ってこれはネタバレになりますんで伏せますが、予想できると思いますけれどそういうことです。

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)スコットがいわゆる「童貞キャラ」でないのはなぜか

最初は、ナイヴスいらない子だなあと思っていたんです。ナイヴスを出さず、童貞キャラのスコットくんがラモーナさんにひとめぼれして…っていう話でいいじゃないかと、ナイヴスはすごくかわいそうで、こんなにかわいそうなら、最初からいないほうがいいって思ったんですよね。でも、ラストバトルですっきりしました。いらない子なんていなかったんだ…。

最後の最後のナイヴスのセリフはやっぱりちょっとかわいそうで、ナイヴスはスコットの成長の踏み台にされた感もあるのですが、でもねえ、それが過去というものですからね。
スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(Scott Pilgrim vs. the World)実在するゲームのネタについて

ユニバーサルのロゴがファミコン風だったり、「テトリス」や「ゼルダの伝説」、「ファイナルファンタジー2」がセリフで出てきたり、バトル時は「ダンスダンスレボリューション」「ソウルキャリバー」、カプコンの格ゲーや「鉄拳」風だったり。バトル部分はともかく、いまだにゲームのイメージがファミコンって古すぎやしないかなあ、と思いましたが、最近のゲームはグラフィックも現実と区別つかないし、多様化しすぎてまとまらないので、いっそファミコンくらいさかのぼって「誰でも知っているゲームというもの」としたのかなあ、とも思います。
なんとなく、「(500)日のサマー」が好きな人に特におすすめしたい映画だなと思います。似ているわけではないんですが、なんとなくね。

photo
スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-05-09

by G-Tools , 2014/07/18

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
年間ベストの季節です。今年はわたしにしては新作映画を多く見ているし、おもしろい映画も多かったので、ジャンル別にベストとワーストを選出してみました。ジャンルわけは当ブログのカテゴリに準じます。上半期のベストテンはこちら。 2011年上半期新作映画ベスト10
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2011/12/28 12:00 PM
メン・イン・ブラック3MIB3/Men in Black III/監督:バリー・ソネンフェルド/2012年/アメリカ けっきょく、1が一番おもしろかったのだろうなあ。 「メン・イン・ブラック」は1だけ見て、でも内容忘れちゃってるんですよね。2はおもしろくないと聞いたので未見の
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/05/28 12:16 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1015件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM