26世紀青年/人類は衰退しました

26世紀青年(Idiocracy)

26世紀青年Idiocracy/監督:マイク・ジャッジ/2006年/アメリカ


冷凍睡眠から目覚めると、人類は全員バカになっていました。


2009年2月に一度見ています。その時の感想は以下です。
人間がバカになってるとことか、地球がゴミだらけなとことか、植物が重要なとことか、BNLみたいな会社が出てくるとことか、へんなロボが出てくるとことか(あれをロボといってもいいのなら)、すごく…「ウォーリー」にそっくりです…!(しかも26世紀青年のほうが先!)

あまりにもみんなバカなものだから、最後の方とか「よく約束を覚えてた! えらい!」とすら思った。バカすぎてかわいくなってくる。ぜったいこんな世の中やだけど…。やだけど、すでにこうなりつつあるのが、わらえねえー。だいたい、オープニングで、IQの高い夫婦は子供をなかなか作らず、そうしている間にIQのひくーい夫婦がばんばん子供を作っている様子がね、説得力ありすぎるんだもの。超おもしろいです。おすすめ!
感想自体はこのときとまったく変わらないですが、観直してみたのでもうちょっと書きますね。
本当に面白くておすすめです。

26世紀青年(Idiocracy)あらすじ:米軍の図書館で働いているごくごく普通の男、ジョー・バウアーズ。上司の命令で、冷凍睡眠の実験台になった。そしてもう一人選ばれたのは、売春婦のリタ(マーヤ・ルドルフ)。

実験は1年間の予定だったが、実験終了を待たずして不祥事により責任者は投獄され、2人の入ったポッドはすっかり忘れ去られてしまう。2人が目覚めたとき、そこは500年後の未来だった。

おすすめ
ポイント
めちゃくちゃだけどまったくしゃれになってないのが怖いです。
バカな人をバカだと言って笑うことに対して抵抗のない人におすすめ。
26世紀青年(Idiocracy)

ジョー(ルーク・ウィルソン)の乗ったポッドは、フリート(ダックス・シェパード)の部屋へ突っ込みました。フリートの間延びしたしゃべり方がほんとうにものすごくバカっぽいです。でもこの人、これでも弁護士なんだよ。
フリートのフルネームは「Frito Pendejo」、スペイン語で「揚げた亀頭」という意味です。フライドちんぽ。

なりゆきで受けた知能テストで過去最高の点数をはじきだしたジョーは、大統領に呼び出されます。


26世紀青年(Idiocracy)

大統領です。元ポルノ男優です。テリー・クルーズです。大統領は、「人類一の天才が、食糧危機も砂嵐も経済もなにもかも解決してくれるぜ! 1週間以内にな! もし出来なかったら刑務所行きだ!」と宣言してしまいました。ガーン。どうしよう。

ところで、フリートはタイムマシンのありかを知っているようです。ジョーは、とりあえず畑の様子を見ながらタイムマシンの場所を探すことにしました。


26世紀青年(Idiocracy)

畑にやってきました。なるほど完全に干上がっています。おや、肥料を撒いているようですよ。ペロリ…こ、これは…ゲータレード!

ジョーがあわてて「水をやればすぐ芽が出る」と説得しようとしますが、「水なんてトイレに流すアレでしょ、あんたバカ? ゲータレードは電解質だから植物が育つんだぜ」とまったくとりあってくれません。もちろん、電解質がどういうものなのかもわかっていません。


26世紀青年(Idiocracy)

コストコです。恐ろしくだだっ広いです。

未来のバカな人たちは、シモネタにすごい敏感に反応してゲラゲラ笑うんです。テレビではおきん様をひたすら蹴られるだけの番組が流れ、映画はおしりがえんえん映っているだけのものがアカデミー賞を総なめに。モンスタートラックも大好きで、人殺しショーを楽しんだりしています。


26世紀青年(Idiocracy)

これだけバカぞろいなら、『普通の』知能を持っていれば楽勝なんじゃないの、と思われるかもしれないんですが、言葉が乱れに乱れまくっているために、『普通の』話し方をするジョーのことを「ちょうオカマくせえ」と笑い飛ばしてしまうんですね。でなければ、ジョーが話しているとその内容がわからずにポカーンとしてしまうんです。もう、ぜんぜん聞いていないの。

ジョーもさほど飛び抜けて頭がよいわけでもないので、上司から言われたことをそのまま言ってみたり、ものすごく当たり前のことを言ってみたりします。


26世紀青年(Idiocracy)

ジョーは世界を救ったわけではないが、普通の男にしてはよくやったほうだ」というラストのナレーションも、バカばかりの世界でちょっと問題を解決しただけだよ、まだ問題は山積みだよ原子炉とか。という、手放しで褒めないところがいじわるでいいですよねえ。

スターバックスです。風俗店になっています。


26世紀青年(Idiocracy)

チャップリンとヒットラーを混同しています。

DVD特典を見たところ、未公開シーンとして、主人公の彼女に関するシーンや、バカのひとたちがセックスするシーンなどが入っていました。なるほど主人公は彼女がいないほうがいい設定だと思いますし、いくらシモネタ満載とはいえセックスシーンが入ると生臭いので、カットしたのは正解だなあっと思いますね。


でね、最近話題になっていたライトノベル「僕の妹は漢字が読める」の試し読みをしてみたんです。
簡単に説明すると、23世紀には人類がみんなバカになっちゃってて、主人公の妹だけがまとも(とはいえ読んでいるのは携帯小説書籍なので、普通かそれ以下)なんですね。主人公は普通の男の子で、ひらがなばかりの本とはいえ、一応本を読んで感動するっていう情操は持ち合わせているし、「26世紀青年」のバカの人たちとは比べものにならないくらいまともなんです。けど、この方向性ってちょっと似てるよね。やっぱりさ、世界がバカばっかりになるのは、みんな怖いっておもってるんだよね〜。

photo
26世紀青年 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2009-10-02
売り上げランキング : 2588
評価

by G-Tools , 2011/08/10

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
原題:IDIOCRACY公開:2006年劇場未公開製作国:アメリカ上映時間:85分レンタル開始日:2009/03/06監督:マイク・ジャッジ出演:ルーク・ウィルソン、マーヤ・ルドルフ、ダックス・シェパ ...
  • 映画鑑賞★日記・・・
  • 2011/07/07 4:01 PM
idiocracy アメリカ 2006 日本未公開 DVD鑑賞 未公開作品って結構隠れた名作が埋もれていたりするので、大ヒット作品に全く興味がなくて普通にスルーすることも多い者としては、気になる作品はとりあえずチェックしておきたいものです。 ちょっと前にDVDリリース
  • Andre's Review
  • 2011/07/07 10:54 PM
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプランBridesmaids/監督:ポール・フェイグ/2011年/アメリカ 中見出し なぜか複数形を単数形に変えてしまう邦題が目立つ中、珍しく複数形のままですね「ブライズメイズ」。あからさまに「ハングオーバー 消えた花ムコと史
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/05/09 12:05 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1018件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM