キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/あなたを信じてる

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/Catch me if you can

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンCatch me if you can/監督:スティーブン・スピルバーグ/2002年/アメリカ


レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスが、
「うふふ、つかまえてごらんなさ〜い!」って!


まだまだ「戦火の馬」予習のためのスピルバーグ週間ですよ。これは公開時に見ています。すごくおもしろかったなー。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」の感想では「トム・ハンクスは何がいいかいまいちわからん」とか書いていましたけれど、スピルバーグ週間でトム・ハンクス出演作を何本か続けて見ているうちに、トム・ハンクスいいよね…と思い始めましたね。セクシーじゃあないんですけどさ。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/Catch me if you can

あらすじ:パイロットになったり医者になったり弁護士になったりして小切手偽造で稼ぎまくります。

1960年代。両親の離婚にショックを受け家出した高校生のフランク・W・アバグネイル・Jr(レオナルド・ディカプリオ)は、生活のため小切手の偽造を始める。いっぽう、FBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)は、次第に犯人に迫ってゆき…。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
ディカプリオがぴかぴかしていてかわいらしいしトム・ハンクスがムッスーとしていてかわいらしいしウォーケンがよぼよぼしていてかわいらしいしおすすめです。
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/Catch me if you can

構成、音楽、テンポやバランスもよくてすごくおもしろいし、カラフルなファッションがたのしいです。時代感がいいよね、見ていて楽しい。映画だから、見ていて楽しいというのは重要ですよ。

役者もみんなよくて、トム・ハンクスの前半むっつり後半にこにことか、クリストファー・ウォーケンのダンスや泣き演技とか、ディカプリオは捕まった直後と詐欺を始めたばかりのときとで顔つきがぜんぜん違うとか。ショーン・コネリーの真似するところもよいね。かっこつけちゃってバカですね〜かわいい。

最終的にはトム・ハンクスとディカプリオのバディものになるというのもよいなあ、反発しあっていたふたりにいつしか芽生える友情! たまらないね。


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/Catch me if you can

ディカプリオのやった小切手詐欺は、システムの穴をつく犯罪であるし、おもな被害者は銀行なので、なんだかあまり悪いことのように思えないんですよね。

序盤、ディカプリオの父親であるクリストファー・ウォーケンが銀行から嫌な目にあわされているため、銀行に対する印象が悪く、その後銀行が巨額の被害をこうむったと聞いても、見ているこちらにもあまり罪悪感が生まれないんだな。


キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン/Catch me if you can

ディカプリオに騙された、名前や顔がはっきりしている個人のなかで、ほんとうのほんとうにイヤな目にあわされた人もいないんですよ。あの人かわいそうだな、というのはない。

ブレンダ(エイミー・アダムス)はかわいそうに見えるかもしれないけれど、ディカプリオと結婚したことで父親(マーティン・シーン)との確執がなくなったわけで、良かったと思うもの。

良かった、誰もディカプリオのせいで損してない、不幸になっていない。


でも、犯罪だからディカプリオは捕まらないといけない。逃げて欲しいけれど、トム・ハンクスの気持ちを思うと逃げて欲しくない。と、終盤まで来ると誰もがみんな幸せになるハッピーエンドを期待してしまうんだけれども、その期待を裏切らない見事なハッピーエンドでさ。ほっとするよね。

ゆいいつウォーケンだけが退場してしまうが、そのためにディカプリオがトム・ハンクスの懐に飛び込む(心情的に)ことになるんだろうね。おとうさん! みたいな、お、おとうさん! お父さんに認めて欲しい! 褒めて欲しい! 僕を頼って欲しい! って。はああ、たまらん。たまらんです。ちょうおすすめ。わたしが「宇宙戦争」と同じくらいに好きな方のスピルバーグ映画でした(「宇宙戦争」が一番好きなんです)。

photo
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2009-04-10
評価

by G-Tools , 2012/02/08

JUGEMテーマ:洋画0207
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ターミナルThe Terminal/監督:スティーブン・スピルバーグ/2004年/アメリカ トム・ハンクスがかわいらしい人だというのがやっとわかりました。 まだまだ「戦火の馬」予習のためのスピルバーグ週間です。そしてまたトム・ハンクスです。わかった。トム・ハンクス
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/02/24 12:02 AM
2/20から実施しておりましたスピルバーグに関するアンケート、のべ189人の方にご協力いただきとても嬉しいです。コメントも、みなさまたくさん書いてくださってとっても楽しかったです。本当にありがとうございました! というわけで、結果発表をいたしますね。
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2012/03/05 12:18 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在979件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM