A.I./叶えられた願いの果てに

A.I. Artificial Intelligence

A.I.A.I. Artificial Intelligence/監督:スティーブン・スピルバーグ/2001年/アメリカ


『ずっと』あなたを、愛してる。


公開時に見ています。今回、「戦火の馬」予習のためのスピルバーグ週間ということで10年ぶりに見てみましたよ。10年前に見たときはなんともなかったんだけれど、今回はなんか泣いてしまって大変でしたね。どうしたんだろう…。

A.I. Artificial Intelligence

あらすじ:人を愛するようプログラムされたロボットが捨てられ、ママの元へ帰ろうとします。

親を永遠に愛するようプログラムされた最新型ロボット、デイビッド(ハーレイ・ジョエル・オスメント)。森に捨てられた彼は、どうにかして家に戻ろうとするのですが…。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
改めて見るとハーレイ・ジョエル・オスメントはうまいなあ。ジゴロ・ジョーはかっこいいしテディもかわいい。
A.I. Artificial Intelligence

ハーレイ・ジョエル・オスメントは、常に目を見開いて一点を見つめたままなのだけれど、そのままで口元をゆるませれば彼に愛情がめばえたことがわかるし、戸惑いや衝撃や悲しみなどをすべて表現しているんですよね。

まばたきをしないというだけでここまで非人間的に見えるんだなあ。しかもその状態でさらに感情表現ができるというのは、並大抵のことでないと思うよ。


A.I. Artificial Intelligence

目を見開いた無の表情+目を見開いた無の表情が重なるっていうおもしろいカットとか、これ、よくこんなうまく撮れるよね、すごいよ。

デイビッドの不幸は、自分を創造した人物(ウィリアム・ハート)でさえ、彼についてわかっていないところだと思うのです。母親からの愛情を求めつづけて来たデイビッドが、さっき出会ったばかりの父親からの愛情不足、理解不足に絶望して、身投げしてしまう、それは死ぬほどつらいということなんだなあ。


A.I. Artificial Intelligence

わたしが泣いてしまったのは、最初にお母さんが戸惑いつつデイビッドに愛情を植えつけるところと、デイビッドが家に帰ってから母親が出てくるまでのところです。

どちらのシーンも、『愛を注げる相手を待っている』と思うんですよね。前者は、お母さんはデイビッドに対して愛情を持っているわけではないけれど、やり場のない愛情を彼に注げるかどうか不安に思っているシーンだと思うんです。で、デイビッドに感情が生まれるのを待っている。後者はもうそのまま、愛している相手がもう一度現れるのを待っている。


デイビッドは、ぬるっとしたロボットに、1日だけお母さんを生き返らせてもらいます。その後デイビッドがどうなるのかはわからないですが、母との幸せな1日の記憶を永遠に思い出し続けるのかもしれません。もう二度と母に会えなくても、一番幸せな思い出だけで、ずっと愛し続けることができるのでしょう。人間であれば、過去の思い出にすがって成長しないことになってしまうのであまり良いことじゃないと思うんですけれども、デイビッドは成長しないので、それでもいいんですよね。

photo
A.I. [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-12-22
評価

by G-Tools , 2012/02/18

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ランキングクリックしてね ←please click 公開から11年 2001年6月30日より日米同時公開し、 日本で大ヒットしたスティーヴン・スピルバーグ監督作 スピルバーグは「戦火の馬」がもうすぐ公開、 ジュードは来月「シャーロックホームズシャドウゲーム
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2012/03/01 10:46 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在973件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM