アイデンティティ

アイデンティティ

アイデンティティー


モーテルに具体的な名前がないのも、殺人に計画性や動機がないのも、クライマックスのところの種明かしで納得できてしまう。先住民墓地のパンフが出てきた時に、一瞬「幽霊モノだったらどうしよう…」と思ったが、そんなことはなくてたいへんほっとした。幽霊とか、やめようぜ!

刑事が本物じゃないってことはなんとなくわかったんだけど、最初は囚人と入れ替わってるのかと思ってたよ。
音楽が典型的なホラーで、おもうさまびくびくさせられた。乗せられ過ぎ。最初の方の殺人のところは全体的な演出がかなりホラー。
雨の夜、振り向く女、ギャー! みたいな。

一歩間違うとかなりダメ映画になりそうな感じもあり、もしかしたらこの映画はダメだと感じる人もいるかもしれないなと思うけれど、私は良かったと思います。紙一重のところを上手く作ってると思う。
精神科の治療にこんなのはないよ、とか言うの、やめようぜ! 死刑執行19時間前に取り消しなんてないよ、とか言うの、やめようぜ!
ラストでのティミーの豹変ぶりはすごい。

photo
アイデンティティー [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-08-25
評価

by G-Tools , 2014/07/16

前の記事
次の記事
トップページ
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1016件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM