ジュディ 虹の彼方に/レネー・ゼルウィガーはオスカー獲るでしょう

ジュディ 虹の彼方にJudy/監督:ルパート・グールド/2018年/アメリカ、イギリス


悲劇の女優、ジュディ・ガーランド


マスコミ試写で鑑賞。公開は2020年3月6日です。主演のレネー・ゼルウィガーはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされています。これはとると思うんだよね。

あらすじ:急逝する直前の物語

ネタバレしています。
本文中、ネタバレの前には注意書きをしています。一番最後の段落だけなのと、はっきりネタバレしているわけではないので、読んでも大丈夫ですが一応。

この映画は説明が少なく、予習がないとちょっと理解に苦しむ部分がありそうなため、知識として知っておいた方がいいことを書きます。

おすすめ
ポイント
レネー・ゼルウィガー渾身の演技。
ジュディ・ガーランド、享年47歳。彼女の人生は波乱に満ちたものであった。この映画は、ジュディの娘ライザ・ミネリからは容認されていない。レネー・ゼルウィガーはライザ・ミネリに会おうとしたが叶わなかった。ライザ・ミネリはジュディ・ガーランドに関し、「母を殺したのはハリウッドだ」と発言しており、ジュディが亡くなったときもハリウッドではなくニューヨークで葬儀を行っている(のちに墓はハリウッドへ移された。

私は『オズの魔法使』(1939年)が好きだ。

140文字以内でざっくり書いただけでも、『オズの魔法使』はそうとう呪われている。いまの価値観であったら絶対に擁護できない出来事てんこもりだし、この事実を知って『オズの魔法使』がいやになる人もいるかもしれない。夢が壊れてしまうかもしれない。でも私は、黒い裏側もふくめて『オズの魔法使』が好きだ。今回『ジュディ』を観るために予習として『スタア誕生』(1954年)を買ったのだが、観る前に試写の日が来てしまったため、未見のまま挑んだ。特に問題はなかったが、楽曲がわからないという事態に陥ったため、余裕のある人はジュディ・ガーランドの出演作をいくつか観ておいた方がいいかも。


ものまねグランプリではないので、実在人物を映画にしたときに俳優と顔が似ている必要はない。特殊メイクでレネー・ゼルウィガーの鼻先を少し伸ばしてジュディ・ガーランドに寄せているそうだが、そもそもの顔立ちがだいぶ違うため、似ているというわけではない。描写については、ジュディの視点から描かれることもあり、偏りがみられる。これも、フラットであればいいというわけではないから構わない。単にそういう、傾向があるというだけの話である。

ネタバレではない、ジュディ・ガーランド予習用のツイートふたつ。


ゲイ・アイコンとなっていたことはけっこう重要で、これは映画とは直接関係ないが、レインボーフラッグは『虹の彼方に』から来ている。

※以下ネタバレを含みます。

クッションとしてひとつツイート置いておく。


この「トップオタとアイドルちゃんの絆の物語」というのは若干言い過ぎで、別にオタとのあれこれがメインになっているわけではない。が、ラストのラストで、これは!? と思ったのだった。そしてそのシーン、「あまりにも演出されすぎてやしないか?」と感じたのだが、あとで調べてみたら、あの公演のときに起きたことではないものの、実際にあったことだと知ってたいそう驚いた。事実は小説より奇なりと言うが、まさにそれである。

JUGEMテーマ:映画

おじいちゃん映画
記事検索

現在1023件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM