エモい邦題を集めてみたよ


映画モチーフのアクセサリーを作っているんです。


上のツイートにも書いていますが、「この映画をイメージして作ろう」というときと、「作りたいように作ったけど、名前が決まらない」というときがあり、後者は邦題の雰囲気でなんとなく名前をつけています。
で、そろそろ持ちネタもなくなってきたので、Twitterのちからを借りることにしました。自分のためにも、リプでいただいたタイトルをまとめておこうと思います。エモいの意味って広がってきちゃってる気がするけど、雰囲気です、雰囲気。いいかんじの雰囲気。

エモい邦題まとめ


※原題と書いていますが、英題の場合もあります。
※検索し直しましたが、出てこなかったものは省きました。
※邦画と日本のアニメも省いています。理由は最後に書きます。
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(原題:Vengeance)
やがて復讐という名の雨(原題:The Last Deadly Mission)
いずれ絶望という名の闇(原題:Diamant 13)
そして友よ、静かに死ね(原題:A Gang Story)
あるいは裏切りという名の犬(原題:36 Quai des Orfèvres)
私が、生きる肌(原題:The Skin I Live In)
友よ、さらばと言おう(原題:Mea culpa)
悪人に平穏なし(原題:No Rest For the Wicked)
名もなき野良犬の輪舞(原題:The Merciless)
この森で、天使はバスを降りた(原題:The Spitfire Grill)
無邪気な悪魔におもちゃが8つ(原題:Devil times five)
獣は月夜に夢を見る(原題:When Animals Dream)
隣人は静かに笑う(原題:Arlington Road)
山猫は眠らない(原題:Sniper)
太陽と月に背いて(原題:Total Eclipse)
愛を複製する女(原題:Womb)
機械じかけのピアノのための未完成の戯曲(原題:An Unfinished Piece for A Mechanical Piano)
雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(原題:Demolition)
狂気の行方(原題:My Son, My Son, What Have Ye Done?)
若き勇者たち(原題:Red Dawn)
潜水服は蝶の夢を見る(原題:The Diving Bell and the Butterfly)
やさしい嘘と贈り物(原題:Lovely, Still)
耳に残るは君の歌声(原題:The Man Who Cried)
名もなき塀の中の王(原題:Starred Up)
君の名前で僕を呼んで(原題:Call Me by Your Name)
君のためなら千回でも(原題:The Kite Runner)
きみに読む物語(原題:The Notebook)
アデル、ブルーは熱い色(原題:Blue Is the Warmest Colour)
善き人のためのソナタ(原題:The Lives of Others)
幻影は市電に乗って旅をする(原題:LA ILUSION VIAJA EN TRAVIA)
狼は天使の匂い(原題:And Hope to Die)
死にゆく者への祈り(原題:A Prayer for the Dying)
恋する惑星(原題:Chungking Express)
たかが世界の終わり(原題:It's Only the End of the World)
50年後のボクたちは(原題:Goodbye Berlin)
さよなら、ぼくのモンスター(原題:Closet Monster)
パーティで女の子に話しかけるには(原題:How to Talk to Girls at Parties)
存在の耐えられない軽さ(原題:The Unbearable Lightness of Being)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題:Extremely Loud & Incredibly Close)
永遠に僕のもの(原題:The Angel)
大人は判ってくれない(原題:The 400 Blows)
僕たちは希望という名の列車に乗った(原題:The Silent Revolution)
みじかくも美しく燃え(原題:Elvira Madigan)
天国の口、終りの楽園(原題:Y Tu Mamá También)
この世に私の居場所なんてない(原題:I Don't Feel at Home in This World Anymore)
孤独なふりした世界で(原題:I Think We're Alone Now)
不機嫌な赤いバラ(原題:Guarding Tess)
そして、私たちは愛に帰る(原題:The Edge of Heaven)
17歳のカルテ(原題:Girl, Interrupted)
マイドク〜いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか(原題:Death Warmed Up)
かいじゅうたちのいるところ(原題:Where the Wild Things Are)
愛は静けさの中に(原題:Children of a Lesser God)
甘い人生(原題:A Bittersweet Life)
血のお茶と紅い鎖(原題:Blood Tea and Red String)
午後の網目(原題:Meshes of the Afternoon)
甘い生活(原題:La Dolce Vita)
少女のめざめ(原題:Raw)
雨のしのび逢い(原題:Seven Days... Seven Nights)
孤独な天使たち(原題:Me and You)
神のゆらぎ(原題:Miraculum)
今日、キミに会えたら(原題:Like Crazy)
禁じられた遊び(原題:Jeux interdits)
なまいきシャルロット(原題:An Impudent Girl)
未来世紀ブラジル(原題:Brazil)
熱いトタン屋根の猫(原題:Cat on a Hot Tin Roof)
奇人たちの晩餐会(原題:The Dinner Game)
未来を花束にして(原題:Suffragette)
めぐりあう時間たち(原題:The Hours)
人生は小説よりも奇なり(原題:Love Is Strange)
悦楽共犯者(原題:Conspirators of Pleasure)
失われた解剖模型のリハーサル(原題:REHEARSALS FOR EXTINCT ANATOMIES)
人工の夜景(原題:NOCTURNA ARTIFICIALIA)
地獄に堕ちた勇者ども(原題:The Damned)
ヴァージニア・ウルフなんかこわくない(原題:Who's Afraid of Virginia Woolf?)
薔薇の名前(原題:The Name of the Rose)
天使のくれた時間(原題:The Family Man)
月の輝く夜に(原題:Moonstruck)
ミツバチのささやき(原題:The Spirit of the Beehive)
マルメロの陽光(原題:Dream of Light)
闇の列車、光の旅(原題:Sin Nombre)
恋愛睡眠のすすめ(原題:La Science des rêves)
僕らのミライへ逆回転(原題:Be Kind Rewind)
ムード・インディゴ うたかたの日々(原題:Mood Indigo)
聖なる泉の少女(原題:Namme)
白い肌の異常な夜(原題:The Beguiled)
天使の涙(原題:Fallen Angels)
愛が微笑むとき(原題:Heart and Souls)
命は安く、トイレットペーパーは高い(原題:Life Is Cheap... But Toilet Paper Is Expensive)
運動靴と赤い金魚(原題:Children of Heaven)
はなればなれに(原題:Band of Outsiders)
生き残った者の掟(原題:The Law of Survival)
友は風の彼方に(原題:City on Fire)
彼女について私が知っている二、三の事柄(原題:Two or Three Things I Know About Her)
パリの恋人(原題:Funny Face)
ぼくを葬る(おくる)(原題:Time to Leave)
天使も許さぬ恋ゆえに(原題:Where Angels Fear to Tread)
眺めのいい部屋(原題:A Room with a View)
プルートで朝食を(原題:Breakfast on Pluto)
欲望の翼(原題:Days of Being Wild)
女神の見えざる手(原題:Miss Sloane)
抱擁のかけら(原題:Broken Embraces)
聖なる鹿殺し(原題:The Killing of a Sacred Deer)
落下の王国(原題:The Fall)
月世界旅行(原題:A Trip to the Moon)
さらば、わが愛/覇王別姫(原題:Farewell My Concubine)
3時10分、決断のとき(原題:3:10 to Yuma)
戦慄の絆(原題:Dead Ringers)
裸のランチ(原題:Naked Lunch)
スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする(原題:Spider)
危険なメソッド(原題:A Dangerous Method)
時計じかけのオレンジ(原題:A Clockwork Orange)
彼は秘密の女ともだち(原題:The New Girlfriend)
永遠に美しく(原題:Death Becomes Her)
俺たちに明日はない(原題:Bonnie and Clyde)
太陽がいっぱい(原題:Plein soleil)
郵便配達は二度ベルを鳴らす(原題:The Postman Always Rings Twice)
欲望という名の電車(原題:A Streetcar Named Desire)
明日、君がいない。(原題:2:37)
赤い薔薇ソースの伝説(原題:Like Water for Chocolate)
怪物はささやく(原題:A Monster Calls)
ゆれる人魚(原題:The Lure)
僕はイエス様が嫌い(原題:Jesus)
17歳の肖像(原題:An Education)
女王陛下のお気に入り(原題:The Favourite)
薬指の標本(原題:The Ring Finger)
月に囚われた男(原題:Moon)
リリーのすべて(原題:The Danish Girl)
ある天文学者の恋文(原題:The Correspondence)
ロスト・イン・トランスレーション(原題:Lost in Translation)
動くな、死ね、甦れ!(原題:Freeze Die Come to Life)
彼の見つめる先に(原題:The Way He Looks)
僕と世界の方程式(原題:X+Y)
ひかりのまち(原題:Wonderland)
親愛なる日記(原題:CARO DIARIO)
私の愛するテーマ(原題:My Dear Subject)
硝子の塔(原題:Sliver)
ガラスの部屋(原題:PLAGIO)
氷の微笑(原題:Basic Instinct)
雨に唄えば(原題:Singin' in the Rain)
レインマン(原題:Rain Man)
500ページの夢の束(原題:Please Stand By)
時よとまれ 君は美しい ミュンヘンの17日(原題:Visions of Eight)
二十四時間の情事(原題:Hiroshima mon amour)
ブルーに生まれついて(原題:Born to Be Blue)
仕立て屋の恋(原題:Monsieur Hire)
女は二度決断する(原題:In the Fade)
女神は二度微笑む(原題:Kahaani)
少女は悪魔を待ちわびて(原題:Missing You)
喜望峰の風に乗せて(原題:The Mercy)
その男は、静かな隣人(原題:He Was a Quiet Man)
裁かれるは善人のみ(原題:Leviathan)
死を処方する男(原題:You Don't Know Jack)
消えた声が、その名を呼ぶ(原題:The Cut)
天使が消えた街(原題:The Face of an Angel)
悪魔の呼ぶ海へ(原題:The Weight of Water)
ブコバルに手紙は届かない(原題:Vukovar poste restante)
次は心臓を狙う(原題:Next Time I'll Aim for the Heart)
ノートに眠った願いごと(原題:Traces of Love)
そして、ひと粒のひかり(原題:Maria Full of Grace)
暗くなるまでこの恋を (原題:Mississippi Mermaid)
15時17分、パリ行き(原題:The 15:17 to Paris)
蜘蛛の巣を払う女(原題:The Girl in the Spider's Web)
暁に祈れ(原題:A Prayer Before Dawn)
未来を生きる君たちへ(原題:In a Better World)
灼熱の魂(原題:Incendies)
博士と彼女のセオリー(原題:The Theory of Everything)
ピアニストを撃て(原題:Shoot the Piano Player)
夜霧の恋人たち(原題:Stolen Kisses)
日曜日が待ち遠しい(原題:Confidentially Yours)
逃げ去る恋(原題:Love on the Run)
隣の女(原題:The Woman Next Door)
突然炎のごとく(原題:Jules and Jim)
柔らかい肌(原題:The Soft Skin)
カンサス・シティの爆弾娘(原題:Kansas City Bomber)
愛を読むひと(原題:The Reader)
それでも夜は明ける(原題:12 Years a Slave)
恋人までの距離(ディスタンス)(原題:Before Sunrise)
おしゃれ泥棒(原題:How to Steal a Million)
お熱いのがお好き(原題:Some Like It Hot)
暗くなるまで待って(原題:Wait Until Dark)
黄金狂時代(原題:The Gold Rush)
殺人狂時代(原題:Monsieur Verdoux)
わたしを離さないで(原題:Never Let Me Go)
欲望という名の電車(原題:A Streetcar Named Desire)
望郷(原題:Pépé le Moko)
紳士協定(原題:Gentleman's Agreement)
紳士は金髪がお好き(原題:Gentlemen Prefer Blondes)
百万長者と結婚する方法(原題:How to Marry a Millionaire)
復讐者に憐れみを(原題:Sympathy for Mr. Vengeance)
夏物語(原題:Once in a Summer)
飾窓の女(原題:The Woman in the Window)
アメリカの友人(原題:The American Friend)
都会のアリス(原題:Alice in the Cities)
ベルリン・天使の詩(原題:Wings of Desire)
ラ・シオタ駅への列車の到着(原題:The Arrival of a Train)
世界でいちばん不運で幸せな私(原題:Love Me If You Dare)
欲望に溺れて(原題:Plonger)
殺戮にいたる山岳(原題:The Hunt)
天使も許さぬ恋ゆえに(原題:Where Angels Fear to Tread)
海を飛ぶ夢(原題:The Sea Inside)
メイジーの瞳(原題:What Maisie Knew)
ルイの9番目の人生(原題:The 9th Life of Louis Drax)
オーロラの彼方へ(原題:Frequency)
狼たちの午後(原題:Dog Day Afternoon)
遠い空の向こうに(原題:October Sky)
胡蝶の夢(原題:Youth Without Youth)
カイロの紫のバラ(原題:The Purple Rose of Cairo)
恋の手ほどき(原題:Gigi)
或る夜の出来事(原題:It Happened One Night)
花火降る夏(原題:The Longest Summer)
天使にラブソングを(原題:Sister Act)
きっと、いい日が待っている(原題:The Day Will Come)
ぼくとアールと彼女のさよなら(原題:Me and Earl and the Dying Girl)
あなたになら言える秘密のこと(原題:The Secret Life of Words)

ほぼ直訳のものもあれば、もとのタイトルからかなりかけ離れたものもあって面白いですね。日本語って面白い。邦画と日本のアニメを省いたのは、日本語のもつ面白さゆえにか美しいタイトルがとても多く、入れるときりがないのと、トラブル防止のためです。とはいえどうやら映画のタイトルをこういうこと(アクセサリーのタイトルにする)に使うのは、著作権法違反にはならないようですが……。

というわけで、おおよそ24時間程度で教えていただいたものを載せました。もれがあったらすみません、追いきれていないです。また何か、エモい(素敵な)邦題がありましたら、教えていただけると嬉しいです。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1007件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM