緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー/オカルト・イズ・デッド!

緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー監督:高橋圭/2019年/日本


70年代オカルトブームをもう一度!


試写で鑑賞。公開は2019年1月11日です。
もとはCSのテレビ番組だそうですが、見たことがありません。自発的には見ない映画を試写で見ようキャンペーン実施中なので(私の中で)、見てみました。

あらすじ:ネッシー、ノストラダムス、ユリ・ゲラーについて調べます。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
オカルト好きに。あと大槻ケンヂのファンとか。辛酸なめ子は空気だったなあ。
飛鳥昭雄氏、山口敏太郎氏、中沢健氏のオカルト三銃士が、各々、ネッシー&ノストラダムス&ユリ・ゲラーについて、新しい情報を持ち寄るという企画。なぜか二部構成になっており、このお三方についての紹介が後半に入っている。紹介は各氏の企画の前に持ってきても良かったのではないかと思う。

元がテレビということ、また、おそらくテレビのセットなどを流用しているであろうと思われることから想像に難くないが、絵作りは完全にテレビのそれだ。オープニングでユリ・ゲラーの「携帯キル!」とか「映画ドロボーダメ!」みたいなのが入っており、大槻ケンヂが「この映画のクライマックスはユリ・ゲラーさんのマナー広告だったのでは」的なことをおっしゃっていたが、まあそれは間違っていないかなとも思った。

ネッシーについてのプレゼンでは実際にネス湖で撮影している。ただ、ちょっとおもしろ系に振ろうとしたのか、メロンパンで釣ろうとしたり(いろいろあってメロンパンを持ってこられなかったため、計画としてはあったのだが頓挫している)、鈴木亜美の歌を歌って釣ろうとしたりと、おふざけがすぎるなと思った。真面目さが足りない。いや、制作サイドは真面目にやっていたのかもしれないが、なにせ私はオカルトブームをよく知らないし、こういうテンションで行うのが慣例みたいになっているのだとしたら、このおふざけ感を楽しめなかったのは私の知識不足のせいである。

私がオカルト好きでないため、どうも盛り上がりに欠けるテンションになってしまったが、面白い部分もあるにはある。

一番面白かったのは、清田益章氏のインタビュー。ブームだったときのこととか、その後どうなったのかとかを話していた。これはおそらくあまり見られないものなのではないかなと思う。ユリ・ゲラー氏にもインタビューしに行っていた。あまりやらないと言いながら、スプーンのすくうところに凹みを作っていたところもなかなか面白かった。

と、ダメだったところばかり挙げてしまったが、あまり見られないものを見られるという意味では価値のある映画だなとも思う。

JUGEMテーマ:映画



この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在1007件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM