高崎グラフィティ。/青春って、終わってから気づくんだ。

高崎グラフィティ。監督:川島直人/2018年/日本


何者でもない、その瞬間にだけ。


マスコミ試写で鑑賞。公開は2018年8月25日です。

あらすじ:高校卒業した。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
若者たちの演技が自然で良い感じです。
未完成映画予告編大賞でグランプリを獲得した作品の長編映画化。
「未完成映画予告編大賞」とは、「20世紀少年」の堤幸彦、「モテキ」の大根仁、「ROOKIES」の平川雄一朗、「ゼロ 一攫千金ゲーム」の小原信治といった人気クリエイターが多数所属するオフィスクレッシェンドが、次代を担うクリエイターの発掘と育成を目指して2017年からスタートした映像コンテスト。映画本編が完成している必要はなく、予告編を審査するという独創的な内容や、国籍・プロ・アマ問わず応募できるハードルの低さが注目され、第1回は285本もの応募があったという。その頂点に輝いた「高崎グラフィティ。」が、いよいよ劇場公開という大海に向けて漕ぎ出す!

引用ー高崎グラフィティ。 特集: 【映画業界を目指すなら超必見】本作はきっと“夢への指標”になる――第1回《未完成映画予告編大賞》グランプリに輝いた青春グラフィティ この映画には“次世代に求められているもの”が全てある! - 映画.com
同じクラスだった5人の男女。無事に高校卒業を迎え、それぞれの道へ踏み出していくはずだった。主人公の美紀(佐藤玲)は上京し服飾の専門学校へ進み、彼女の幼馴染である優斗(萩原利久)は父親の工場を継ぐしかない。もうひとりの幼馴染・寛子(岡野真也)は彼氏と結婚しようとしている。クラス1の秀才・康太(三河悠冴)は東大へ進学、一方でお調子者の直樹(中島広稀)は、大学のテニスサークルに入ってチャラチャラするんだと言う。

しかし、美紀の父親(渋川清彦)が入学金を持ち逃げしてしまったことがきっかけで、彼らは、自分自身について考え直すことになるのだった。

私は邦画をそんなに見ないため、キャストの中で顔を見たことがあるのは一瞬出てくるJOYだけだった。調べてみると、主要キャストは他にもいろいろ映画に出ている。そのためか、演技はみなとても自然である。

若者の瞬間を切り取り映画に残すことは、彼らを永遠の世界に閉じ込めてしまうことでもあると思う。それはもちろん悪い意味ではない。いつか失われてしまうであろう若き日のきらめきは、この107分に集約されていく。

ストーリーは前述のとおり、主人公の父親の失踪を根幹として進んでいく。その中で、彼らのそれぞれは失恋を経験し、犯罪に手を染めかけ、いつまでも本当のことを言えないまま、心の中に澱みを溜めていくのだ。どこにも発散できなかったそれを解き放つその瞬間には、登場人物と同様に鑑賞者もカタルシスを得られる。

私はここに、新たな青春映画の始まりを感じた。まだ27歳である監督の今後にも期待したい。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在978件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM