バッド・ジーニアス 危険な天才たち/カンニング大作戦!

バッド・ジーニアス 危険な天才たちฉลาดเกมส์โกง /Bad Genius/監督:ナタウット・プーンピリヤ/2017年/タイ


持つ者と、持たざる者との物語


マスコミ試写で鑑賞。公開は2018年9月22日です。

あらすじ:女子高生がカンニングビジネスに手を染めます。

ネタバレしています。
本文中、ネタバレの前には注意書きをしています。オチがわかるようなネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
テンポよく展開早くスリル満点。スパイ映画が好きな人にいいかも。おすすめです。

貧乏だが天才の主人公リン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)は、金持ちだがバカの友人パット(ティーラドン・スパパンピンヨー)&グレース(イッサヤー・ホースワン)にそそのかされて、カンニングをさせるかわりに大金を手にする。

持つ者、とはリンのことでもありパット(とグレース)のことでもある。リンは頭脳明晰で、パットは親の金でやりたい放題だ。持たざる者、も、リンのことでありパット(とグレース)のことである。金持ちで頭脳明晰というのがいちばん良いのだが、人生、なかなかそうもいかない。

カンニングの方法がユニークで、これは伏せておいた方が見て楽しめると思うので伏せよう。クライマックスのカンニングシーンは30分にもおよび、たいへん楽しませてくれる。コミカルなシーンとサスペンスフルなシーンが混ざっていて、そういうところも楽しい。あと、ゲロを吐くのでいい映画だと思う。


山田裕貴くんが演りそうなキャラ、とは、もうひとりの天才・バンク(チャーノン・サンティナトーンクン)のこと。顔立ちも少しだけ似ているし、役柄としても、いかにも演じそうという感じがあった。ちなみに副題『危険な天才たち』だが、天才はリンとバンクしかいない。残りはばかです。

※以下ネタバレを含みます。

バンクは品行方正なキャラクターとして登場するが、最終的に闇落ちしてしまう。闇落ち……と言っていいかどうか、闇落ちって言いたいだけかも。ともかく、彼は一連の出来事によって変わってしまった。この結末をどう受け止めるかは人次第、私は「それもありだな」と思った。彼には幸せになってほしい。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在981件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM