レディ・プレイヤー1/たとえそれを知らなくたって

レディ・プレイヤー1Ready Player One/監督:スティーブン・スピルバーグ/2018年/アメリカ


愛してるよ、ってスピルバーグが言ってた。


TOHOシネマズ新宿 スクリーン3 I-13で鑑賞。

あらすじ:ゲームの中で戦います。

ネタバレしています。
本文中、ネタバレの前には注意書きをしています。ネタバレは、何の作品が出てくるかについて少しです。ストーリーのネタバレはありません。出てきた元ネタをリストにするとかもしてないです。

おすすめ
ポイント
30代〜のオタク(愛をこめて)がかつて好きだったもの、今好きなものもみっちり入っていて、でもそれだけじゃないところがさすがのスピルバーグです。
しょっぱなっから街の様子にガガーンとやられて、その後はずっとラストまでやられっぱなしだった。みんなが知っている、そしてちょっと知らない、あの作品やこの作品に関してぎっちぎちに詰め込まれていて、でもそれがマスターベイションになっていない、誰が見ても楽しめるようなわかりやすいストーリーとゆかいな映像で埋め尽くされている。画面の隅々にまで、魂がこもってる。

キル・ビル』(2003年)のときのことを強く思い出した。私はあの映画が好きだが(どちらかというと『キル・ビルVol.2』(2004年)のほうが好きだがそれはおいといて)、初めて見たとき、「この映画は、元ネタを知らなければ、感想を言ってはいけないんだ」と思いこんでしまったのだ。
後にその考えをあらため、元ネタがわからなくても楽しい映画じゃあないか、と、「それ」を知らなくても感想なんて自由に言っていいし、愉しめばいいんだと、以前よりも『キル・ビル』を好きになったのだった。

※以下ネタバレを含みます。

言ってた(言ってない(言ってたようなもの


映画を見る前にネタバレを見ないようTwitterのTLを避けていたのだが、それでもうっかり目にしてしまった『シャイニング』(1980年)ネタ、想像していたよりずっと真正面から『シャイニング』で、まさかこの映像を劇場で見られるとは……と感動した。

でもさ、知らなくたっていいじゃない、『レディ・プレイヤー1』が発端になって、いろんな作品を知るのも、いいことじゃない。なんなら『シャイニング』知らなくっても、登場人物の中に『シャイニング』見たことない人も出てくるんだしさ、いいんだよ。私『ガンダム』も『ゴジラ』もわからないしさ。スピルバーグは、「知っている人向け」にこの映画を撮ったわけじゃないだろうし、私が思っていたほど偏屈な人でもないだろう。

だから『バカルー・バンザイの8次元ギャラクシー』(1984年)を見ていなくたって全然かまわない。見ていない人をばかにするのは間違ってる。『レディ・プレイヤー1』を好きになる人の中に、「でもあいつは『バカルー・バンザイ』知らないんだ、ダメだな」なんて言う人はいないと信じてるけど。みんな仲良くしよ。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在963件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM