トレイン・ミッション/ジャウム・コレット=セラはリーアム・ニーソンを困らせたい。

トレイン・ミッションThe Commuter/監督:ジャウム・コレット=セラ/2018年/アメリカ・イギリス


リーアム・ニーソンは青で撮れ!


マスコミ試写で鑑賞。公開は2018年3月30日です。

あらすじ:100人の乗客の中から1人を探します。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
たっぷりとリーアム・ニーソンを愛でられるリーアム・ニーソン映画です。ジャウム・コレット=セラがいかにリーアム・ニーソンを好きかよく分かる……。

フライト・ゲーム』(2014年)では、「大金を送金しないと20分ごとに乗客が1人死ぬよ」と脅されたリーアム・ニーソンがおろおろしたりテンパったりしながら事件を解決してゆく映画でしたが、今回は「プリンって名前の人物とその人が持ってるカバン探し出して。じゃないとアンタの家族がひどい目にあうよ」と脅されたリーアム・ニーソンがおろおろしたりテンパったりしながら解決してゆく映画でした。ほぼ同じ!黒幕が誰なのか、見ていても絶対わからない作りになっているのも同じ!というわけで『フライト・ゲーム』とリーアム・ニーソンがお好きな向きには全力でおすすめ。そうでもない人は、同じ列車映画で現在公開中の『15時17分、パリ行き』(2018年)を見たら良いと思う。

ジャウマ・コレット=セラとリーアム・ニーソンの組み合わせは『アンノウン』(2011年)、『フライト・ゲーム』(2014年)につづいて3本目だが、どうもあれだな、ジャウマ・コレット=セラはリーアム・ニーソンをとにかく困らせたいんだなと、身体が大きくて強そうな白人男性、社会的に見たら強者だと思う男性を困らせまくって楽しむとは、罪深き監督である。わかった。流行りの言葉でいうなら「性癖」ってやつだ。ジャウマ・コレット=セラは大柄なお父さんを困らせるのが刺さるんだ。それを恥ずかしげもなく晒している、心の強い監督なんだな。もうね、思う存分やったらいい。なんなら毎年1本、乗り物の中でリーアム・ニーソンがおろおろする映画を作ったらいい。付き合うよ!

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在978件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM