少女漫画原作実写映画を徹夜で見てみたよ(5)

少女漫画原作実写映画を見てみたシリーズの続きです。ちょっとずつ見たものをまとめています。すべて原作未読、ネタバレしています。ネタバレ前の注意書きはありません。今回徹夜していませんが、一番最初のときに、このタイトルつけてしまったので、惰性でこのままです。続けると思っていなかったからしょうがない。ここまでテンプレです。

きょうのキラ君監督:川村泰祐/2017年/日本


イケメンには秘密がありました


キャストは、中川大志、飯豊まりえ、葉山奨之など。WOWOWで鑑賞。

あらすじ:365日一緒にいるって決めました。

主人公は前髪が目の下まであって顔が見えず、暗い性格ゆえに同級生らからも馬鹿にされている。しょっぱなから子供たちの口が悪くてちょっと引いた。と思ったら男の子(キラ君)が「死にたくない」って泣き出して戸惑いを隠せない。なにがあったんだ。彼は何者なのだ。導入としてはかなり良いと思う。主人公はそんなキラ君にいきなり告白し、前髪をその場で切る。展開が早い!ちょっぱや!告白まで、映画が始まって10分なのだ。すごい。

主人公が「365日キラ君と一緒にいる」と言ったため、キラ君はその言葉通りに主人公と一緒にいようとする。キラ君は一体何を考えているのだろう。主人公は動物が好きで、動物園ではうんちくをダラダラしゃべるのだが、キラ君はそんな彼女と一緒に居て楽しいらしい。こういった展開は、今まで見た限りだと物語の中盤に差し込まれるものだが、ここまでで20分。未だキラ君の性格よく分からず。オラオラなのかと思ったが、そうでもないようす。

主人公は同級生らに嫌われていたはずだが、キラ君の誕生パーティを企画すると、みんながこぞってやってくる。こういう感じに、嫌われ者主人公設定が途中でグダるのは、割りとあるなと思う。他の少女漫画原作映画でも見た。

意外性があったのは、キラ君の背中にトライバル柄のタトゥーが入っていること。お外で突然脱ぎだしたと思ったら、タトゥーを見せながら自分の過去を話し始めるキラ君である。昔はやんちゃしていたらしい。そして持病があるらしい。どうやら長くないらしい。あと1年らしい。

さきにも書いたがとにかく展開が早く、キラ君の心の動きがどうも読みきれない。キラ君、泣きながら主人公にキスして(上半身裸で)、交際が始まる。キラ君ちょっと情緒不安定だな。
シーンの繋がりに取り立てて変わった様子もないが、どうも、ぶつ切りに思えてしまう。こなさなければならないイベントと萌えシチュエーションが次々とやってくるので、詰め込んだな〜という感じがある。キラ君、中盤から主人公にデレデレで、ちょっとチャラいサブキャラに対してのろけたりもするのだ。

さて、順風満帆に交際が進むわけもなく、キラ君の幼馴染が邪魔してきたり、キラ君が発作起こしてぶっ倒れて入院したり、親が不在なのでキラ君を家にあげたら、温泉旅行へ行ったはずの親が戻ってきてちょう気まずかったりと、これまたポンポン新しい出来事が起きる。飽きさせないという点では非常に好感が持てる。親が恋愛に立ち入ってきて主人公にビンタするというシーンは物珍しくて良かった。

そしてここで突然、主人公が物語から脱落する。えっ、ここは主人公が行方不明のキラ君を探して走る姿を横から撮るのが鉄板だよね?と、これまた意外性が面白い部分だ。しかし、クライマックスをチャラ男にかっさらわれる主人公とは……。もちろん彼女にも大きな見せ場が用意されているので安心感もある。

結果、この話がなんだったかというと、ちょいオラ男(病人)が、暗い女の子に突然デレデレして突然裸になって突然行方不明になり突然結婚式をやって突然渡米してしまうというわけだ。このスピード感についてこられるか?もうちょっとキャラクターの心情を丁寧にすくい上げてもバチは当たらないよとも思うんだが、けして悪い映画ではない。

photo
きょうのキラ君 DVD
ポニーキャニオン 2017-08-18

by G-Tools , 2018/02/28


溺れるナイフ監督:山戸結希/2016年/日本


嫌わないで、嫌いにならないで


キャストは、小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅など。Netflixで鑑賞。

あらすじ:東京から田舎に引っ越してきました。

東京でモデルをしていた主人公・夏芽は、家の都合で田舎に引っ越すこととなる。1人で海辺を歩いているとき、突然海から上がってきた金髪男子・航一朗と出会うのだった。その時は一言も会話を交わさなかった二人だが、転校先で同じクラスに航一朗がいたため、一気に距離が縮まる。主人公は気持ち悪がられたりいじめられたり嫌われたりしているわけではない。むしろ憧れの存在として登場する。
航一朗は田舎町で一番の実力者の息子で、ゆえにか非常にワガママ、自分勝手な行動を取る。周囲の人間はそれを受け入れており、特別扱いしているように見える。

夏祭りの日、主人公は知らない男性にさらわれてしまうのだ。男は夏芽の熱心なファンだった。襲われそうになった夏芽は反撃し、その場から逃げる。事態を把握した航一朗が追ってくるが、激昂した男に殴られる。彼は夏芽を守りきることができなかった。

高校に上がった夏芽だったが、レイプ未遂事件はネットでも学内でも噂になり、完全に孤立してしまう。今まで見てきた少女漫画原作映画とはまったく違うハードな展開だ。レイプ未遂事件は二人の関係をも変えてしまった。「俺達はお互いに幻想を見合っとったんじゃ」と言う航一朗。ずっと言動に掴みどころのなかった彼だったが、きっぱりと主人公を突き放す。癖のある役どころの菅田将暉に対し、夏芽を気にかけ何かと優しく接する重岡大毅の自然な演技が光る。もちろん菅田将暉も、その鋭い眼光がキャラクターにぴったりはまっている。彼らの物語にハッピーエンドは用意されているのだろうか? さて。

今回感想がストーリーをなぞっているだけになっているのだが、これには事情がある。そのことについて言える日が来るのを待とうと思う。

photo
溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]
菅田将暉 小松菜奈 山戸結希
ギャガ 2017-04-21

by G-Tools , 2018/03/16


ホットロード監督:三木孝浩/2014年/日本


私の居場所は……


キャストは、能年玲奈、登坂広臣、鈴木亮平など。アマゾンプライムビデオで鑑賞。

あらすじ:暴走族と付き合います。

14歳の少女・和希は、母親に愛されていないことを気に病み、非行に走る。転校生に誘われて行った夜の湘南で、暴走族・春山に出会い、惹かれていく。和希と春山が始めて出会ったとき、お互いの印象は最悪だった。そして、春山は暴走族の頭になる。こういう青春もあるのか。
和希と春山の関係は微妙だ。惹かれ合っているはずなのに、ふたりとも、相手への好意を明らかにはしない。人と人との関係性は、当事者だけでなく周囲の認識から決まるときもあるように思う。暴走族の仲間たちは、和希を「春山の女」として扱っている。家出した和希に春山が言う。「しょうがないから、一緒に住む?」

これも感想がストーリーをなぞっているだけになっているのだが、事情があるので、ああ、事情があるんだなと思ってほしい。

photo
ホットロード [DVD]
バップ 2015-02-18

by G-Tools , 2018/03/17


カノジョは嘘を愛しすぎてる監督:小泉徳宏/2013年/日本


歌わないで、僕のために


キャストは、佐藤健、大原櫻子、三浦翔平、窪田正孝など。Netflixで鑑賞。

あらすじ:音楽業界って汚い。

お幼馴染で結成されたバンド、CRUDE PLAY。主人公の秋は表には出ず、楽曲提供を行っている。シンガーである自分の彼女がプロデューサーと寝たりしていることに嫌気がさしている秋は、いつも不機嫌だった。ある日、道端で出会った女子高生、理子に「一目惚れって信じますか?」と声をかける。そこから二人の付き合いが始まるのだった。秋は理子に嘘ばかり言う。名前も職業も。そんな秋のことを理子は「私が守ってあげる」と抱きしめるのだ。
秋は理子に「歌う女が嫌いだから、歌わないでくれ」と頼むのだが、実は理子はバンドを組んでいる。路上ライブを行っていた時、CRUDE PLAYのプロデューサー・高樹に見初められ、あっという間にデビューが決定する。
秋にとって理子は、汚く思える音楽業界と比べると、普通の女子高生でピュアに見えるのだろう。
この物語は男性主人公で男性側の目線から描かれるが、理子目線にしてみると、一目惚れした相手が自分のあこがれの人で、自分を認めてくれて、大事にしてくれるという夢のような物語になる。たとえ嘘をつかれて傷ついたとしても、秋の本心はいつか彼女に伝わるのだ。

photo
カノジョは嘘を愛しすぎてる スタンダード・エディション [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2014-06-25

by G-Tools , 2018/03/17

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在985件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM