オールタイム・ワーストを10本挙げてみたよ

以前「オールタイム・ベストを10本(+α)挙げてみたよ」をやって、まあ概ね今もこれと変わらないです、そういえば面白くなかった映画についてはあんまり言ってないなと思って今日はオールタイムワーストです。だいたい、面白くなかった映画は忘れてしまうのと、すすんで地雷を踏みに行くことがないため、10本挙げるのもちょい大変でした。

10位

オズ はじまりの戦いOz: the Great and Powerful/監督:サム・ライミ/2013年/アメリカ


だめポイント:ダメだがこの年のベストである。

私は『オズの魔法使』がすごく好きで、ライミがオズをやるというので初めてトレーラー見たときから1年ほど、盛り上がったり盛り下がったりと心を揺さぶられまくりました。公開されてみたらなんというか、ちょうどうでもいいかんじに仕上がっていて、見た直後は怒っていたけれどもだんだん怒りが妙な方へ進んでいき、これはこれで良かったのでは?というところまで落ち着きました。1本の映画に対してここまで浮き沈みが激しかったというのも、人生においてなかったことなので、ワーストには入れるがある意味ベストな1本です。特に思い入れがなければ適度に面白い映画なんじゃないかなと思います。

photo
オズ はじまりの戦い ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2013-08-02

by G-Tools , 2017/12/05

9位

リボルバーRevolver/監督:ガイ・リッチー/2005年/イギリス、フランス


だめポイント:だめなときのガイ・リッチー映画。

この映画めちゃめちゃなんですよ! まず、冒頭に引用が4つくらい出てくるの。多いよ! と思っていたら、どうも章じたてのつもりっぽくって、冒頭で出てきた引用が、本編中にも順番に出てきます。たしかエンドロールが真っ黒だったのはこの映画だったはず?

photo
リボルバー [Blu-ray]
角川映画 2011-03-18
評価

by G-Tools , 2011/11/15



8位

高校デビューHigh School Debut/監督:英勉/2011年/日本


だめポイント:演出がすべりすぎていて撃沈。

ストーリーやキャラクター設定などには特に問題のあるものではないのだけれど、とにかく演出がふざけすぎていて、途中でやめようかと思いました。仲がいいのかもしれないが芸人ばっかり出すから気が散っちゃうし、大野いとは「どすこい!」ってかんじの可愛くない演技で妙な迫力があるし。なんか、ばかにしているのかな?と思いましたね。これはきつい。



7位

ヘルタースケルター監督:蜷川実花/2012年/日本


だめポイント:映画に興味ない人が映画撮るとこうなるんだな。

さくらん』と迷ったがこちらで。ルックがびかびかしていて目眩ましになっているが、映画としての体裁が整っていない。漫画のセリフをそのまま実写に持ってきてもだめなんだよね、漫画喋りは独特だからなー。



6位

デビルクエストSEASON OF THE WITCH/監督:ドミニク・セナ/2011年/アメリカ


だめポイント:『ロード・オブ・ザ・リング』のエントの森を見習って?

ニコラス・ケイジ主演、脇にロン・パールマンとクリストファー・リーがいてこの出来というのが一周回ってすごい。たしかにニックはなんでも出るから、出演作にむらがあってもしょうがないけれど……。アクションの撮り方が単調、ストーリーは白湯ほど薄い、リー様は特殊メイクして寝ているだけというありさまです。

photo
デビルクエスト [DVD]
ブラギ・シャット・Jr
角川書店 2012-11-16

by G-Tools , 2017/12/05



5位

好きっていいなよ。監督:日向朝子/2014年/日本


だめポイント:40分で終わる話でしょこれ。

とにかくキスシーンが異常に多く、福士蒼汰は話すかわりにキスする気がおかしい人です。主人公は、その声を誰も聞いたことが無いくらい暗い性格という設定だけれど、めっちゃしゃべるしすぐにみんなと仲良くなります。設定意味ないよね。登場人物たち全員がちょろい。最も問題だったのは、物語が停滞すると新キャラでテコ入れしようとするところ。たった103分の映画で三部に分かれているんですよね。第二部第三部をバッサリ切っても成立するという、雑な映画でした。



4位

あぜ道のダンディ監督:石井裕也/2011年/日本


だめポイント:ここまで不愉快な人物は見たことがないよ。

見ず知らずの少女を「メスブタ」って罵るシーンで耐えられなくなって見るのやめようとしました。ダンディとはなんぞや。主人公の情緒が不安定すぎて、ずっと怒っているので、見ていてホントにしんどいです。これの感想をぷりぷりしながら書いたらコメント欄が荒れたので、そういう意味でもいらっとします。

photo
あぜ道のダンディ [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2011-12-22

by G-Tools , 2017/12/05



3位

トーキョードリフターTokyo Drifter/監督:松江哲明/2011年/日本


だめポイント:これ映画にする必要あったのかな。

前野健太という人が、土砂降りの東京の夜を、弾き語りしつつあっち行ったりこっち行ったりしている。それだけ。他には何もありません。なんか、これ撮られたの2011年5月で、だから、街が真っ暗なんですね。えーっと、それだけ…。前野健太の歌が、歌詞が、曲が、どーしても合わない。繊細ぶってんじゃないよ、とか思っちゃう。「ピンサロ行ってちんこ触られたけど俺は孤独だ」みたいなこと、歌うの、わけがわからんもの。なんなのよ…。ピンサロ行ったなら楽しめばいいじゃないのさ。



2位

ピラミッド 5000年の嘘THE REVELATION OF THE PYRAMIDS/監督:パトリス・プーヤール/2011年/フランス


だめポイント:良いとか悪いとかじゃなくてこれはダメなやつ。

ピラミッドは本当に機械もなしで作ったの? 本当に王の墓なの? 超緻密な計算がなされているけれど古代エジプト人にそんなことできたの? 主流派の研究者はなにか隠している、我々は事実をつきとめた! という映画ですが、語られている内容そのものが本当なのか嘘なのかというのはともかくとして、映画の組み立て方、研究の進め方がものすごーく偏っており開いた口がふさがらねーです。

photo
ピラミッド 5000年の嘘 [DVD]
ポニーキャニオン 2012-07-04
評価

by G-Tools , 2012/09/03



1位

RIVER監督:廣木隆一/2012年/日本


だめポイント:秋葉原通り魔事件と、東日本大震災に、なんの関係があるっていうのか。

先にフォローしておきますと、廣木隆一監督の少女漫画原作実写化映画はめちゃめちゃおもしろいです。この人は職人としては良いのかなと思います。でも『RIVER』はほんとにだめ。デリカシーがない。秋葉原無差別殺傷事件で恋人を殺されたので、秋葉原に通いますというお話ですが、最終的に東日本大震災を持ち出してきて「大切な人を失うのは悲しいことだね、でも乗り越えて生きていこう」というふうにまとめている。1人の人間が起こした事件と天災を同一視してはならないし、どこにも敬意が払われていないと思うんですよね。

photo
RIVER [DVD]
ビクターエンタテインメント 2012-09-21

by G-Tools , 2017/12/05

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在938件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM