映画公式サイトをいろいろ見てみたよ(仕事用です

映画の公式サイトって似たようなもの多いな〜と思い、いくつか新作から選んで比較してみることにしました。分析というほどではない。これは仕事用のエントリです。

アウトレイジ 最終章

アウトレイジ 最終章監督:北野武/2017年/日本



配給:ワーナー・ブラザース

HTML5で作成。独自ドメイン。情報量が多い。最近よくあるタイプの、開くとまず予告が流れるもの。
ソースはめちゃめちゃキレイ。最初にトップページを開くと、左側からツイートがびよんって出てきて、またびよんって消える。
ユーザーコメント拡散サービス「Buzzes!(バジズ)」を使っている。このようなサイトは他にもある。これから公開のものだと『キングスマン:ゴールデン・サークル』。画面下にツイートが流れているのがそれ。

振り分けでスマホ対応している。(http://outrage-movie.jp/sp/index.php
僕のワンダフル・ライフ

僕のワンダフル・ライフA Dog's Purpose/監督:ラッセ・ハルストレム/2017年/アメリカ



配給:東宝東和

HTML5で作成。独自ドメイン。空のaltがいくつかあるのが気になるところ。こちらも、ページを開くとまず予告が流れるもの。
私の環境のせいか、画面遷移するときに予告動画が出てしまうのはバグではないだろうか(※Macでは再現できず。こちらの問題と思われる)。
画面を最大にしてもビミョウにスクロールバーが出て来る。ナビゲーションメニュー小さすぎると思う。
いい映画だそうです。

振り分けでスマホ対応している。(http://boku-wonderful.jp/sp/

スイス・アーミー・マン

スイス・アーミー・マンSwiss Army Man/監督:ダニエル・シャイナートダニエル・クワン/2016年/アメリカ



配給:ポニーキャニオン

HTML 4.01で作成。独自ドメイン。こちらも空のaltがいくつかあるのが気になるところ。
開くと予告が流れるのはお決まりのタイプ。1ページ完結型のパララックスサイトはもう若干古いように見えるが、次のトレンドが来ていない(はず)のでこれでいいと思う。めちゃめちゃいい映画です。

レスポンシブデザイン。

IT

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。IT/監督:アンドレス・ムシェッティ/2017年/アメリカ



配給:ワーナー・ブラザース

XHTML 1.0で作成。サブドメイン。開くと予告が流れる。ソース見ていると見つけてしまう、これから追加されるであろうコンテンツが……いいのかな……。
公開を1ヶ月後に控えておりながら情報量が少ない。warnerbros.co.jp配下にあるサイトってそういうのが多かったような。(『レゴ®ニンジャゴー ザ・ムービー』とか?と思ったが結構しっかりしていた。この差は。)映画は今日試写で見ます。怖いと思う。

振り分けでスマホ対応している。(http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/sp/index.html

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)War for the Planet of the Apes/監督:マット・リーブス/2017年/アメリカ



配給:20世紀フォックス

HTML5で作成。サブドメイン。開くと予告のいつものタイプ。ページを遷移するたびにローディング画面になるので若干いらつく。コピペ防止なのかわからないが、テキストがすべて画像。これはあまりいただけないと思う。

振り分けでスマホ対応している。(http://www.foxmovies.jp/saruwaku-g/sp/

ジャック・ドゥミ×ミシェル・ルグラン特集上映『シネマ・アンシャンテ』

ジャック・ドゥミ×ミシェル・ルグラン特集上映『シネマ・アンシャンテ』



配給:コピアポア・フィルム

HTML5で作成。独自ドメイン。1ページ完結型。
メインビジュアルとナビゲーションメニューの食い違い感が気になる。また、私は空divが許せないので、なんでこんなことを?と思う。

レスポンシブデザイン。デザインは可愛い。情報量も多い。ウインドウサイズを変えたときのナビゲーションメニューの動きだけ気になる。

バリー・シール/アメリカをはめた男

バリー・シール/アメリカをはめた男Barry Seal/監督:ダグ・リーマン/2017年/アメリカ



配給:東宝東和

HTML5で作成。独自ドメイン。ページを開くと予告が流れる。
ありがちな1ページ完結型だが、いちいちスクロールして上に戻らないと他のコンテンツを見られない。
右下に、上に戻るボタンがあった。気づかなかった。さておき、こういう作りにするのであれば固定ナビゲーションにするべきか。この映画は面白いだろうと思います。

振り分けでスマホ対応している。(http://barry-seal.jp/sp/

ゲット・アウト

ゲット・アウトGet Out/監督:ジョーダン・ピール/2017年/アメリカ



配給:東宝東和

HTML5で作成。独自ドメイン。ページを開くと予告が流れる。右上にも予告があるところは『アウトレイジ 最終章』と同じ。
公式サイトの中でもよく出来ていると思う。映画はめちゃめちゃ面白いはずです。

レスポンシブデザイン。

ブレードランナー2049

ブレードランナー2049Blade Runner 2049/監督:ドゥニ・ビルヌーブ/2017年/アメリカ



配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

HTML5で作成。独自ドメイン。めずらしく、いきなり予告を流すタイプではない。ユーザが何を邪魔だと思っているのかわかっているのかもしれない。いきなり出てくる予告、見ないよね……?
マウスオーバー時の背景画像のうごきがおもしろい。一見シンプルだがこだわりが見える。

振り分けでスマホ対応している。(http://www.bladerunner2049.jp/sp/)横スクロールバーが出るのは残念。エミュレータで見たから出たのかもしれない。映画は超面白いらしいです。

スパイダーマン ホームカミング

スパイダーマン ホームカミングSpider-Man: Homecoming/監督:ジョン・ワッツ/2017年/アメリカ



配給:ソニー・ピクチャーズエンターテインメント

HTML5で作成。独自ドメイン。こちらも、いきなり予告を流すタイプではない。その代わり背景がガチャガチャ動く。ハンバーガーメニューもあるが、スクロールすることによってコンテンツが切り替わる。1ページ完結型はよくあるが、このタイプは珍しいかも。映画は面白いです。

振り分けでスマホ対応している。(http://www.spiderman-movie.jp/sp/

おまけ

コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女 Coraline/監督:ヘンリー・セリック/2009年/アメリカ


  • Coraline Movie- Enter The World Of Henry Selick's Coraline Movie

    • 配給:ギャガ

      2009年公開作。今となっては誰も使わないフルFlashのサイト。非常に凝っていてゲーム性がある。情報を収集するためというより、サイトを楽しむためにあるような公式。映画はとても良いです。

      ピンポン

      ピンポン監督:曽利文彦/2002年/日本


      • ★ PINGPONG ★ ピンポン ★ PINGPONG ★ ピンポン ★ PINGPONG ★ ピンポン
        • (ふざけているわけではなくて、titleタグ引っ張ってきたらこうなっていた。)

          配給:アスミック・エース

          2002年公開作。アスミック・エースはこれに限らず、配給した映画の公式サイトを残しておきがち。消してしまったりするよりずっと良いと思う。映画は漫画の実写化の中で一番だと思っている。

          なんとなくまとめ
          最近の公式サイトは、全体的に、めちゃめちゃ凝った珍しいことをしているというのは少なくて(比較対象は『コララインとボタンの魔女』、あれに比べたらそんなに張り切って凝っているとは言えない。もちろん、よく考えて作られているものが多いとは思う。特に『ブレードランナー2049』)、どれも似た感じではある。

          映画のサイトは独自ドメインを取ることがほとんど。サブドメインに置くのはディズニーくらい。独自ドメインを取って運用する映画公式サイトは、公開が終わりソフトが出るとドメイン放棄されがち。正確なデータではないが、おおよそ2年以内で半数がなくなり、アフィリエイトサイトに変わったりしている。サブドメインにしてくれればいいのにと思っている。サブドメインにしない理由があるのかもしれない。SEOが目的だとしたら時代遅れかなとも思う。

          JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在938件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM