トランスフォーマー 最後の騎士王/アンソニー・ホプキンス!

トランスフォーマー 最後の騎士王Transformers: The Last Knight/監督:マイケル・ベイ/2017年/アメリカ


あれっ、何がなんだか……わからなかった……


TOHOシネマズ新宿 スクリーン9 G-18で鑑賞。
シリーズは全部見ていますが、前作のことは忘れたままで。私はやはり、シャイア・ラブーフのシリーズが好きだったなーと思ったりしました。

あらすじ:あと3日で世界が滅びます。

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
アンソニー・ホプキンスと執事ロボットがとにかく最高でした。

まったく寝たりしていないのに、全然話がわからないという、私は映画を見られなくなってしまったのか?と思った。今まで、敵味方のロボットの区別がつかなくなることはあったが、人間が何をしているのかわからない、というのは初めてである。


とはいえアンソニー・ホプキンスは最高だし、説明だけしているわけでもないので、功労者はホプキンスということで。あと執事。執事最高じゃない?

女の子は要るのか?とか、でもあのちっこいロボかわいいよね……とか、ジョン・タトゥーロは、なんであんなに色々知っているのか?とか(これは前作忘れた私が悪いのかも)、やっぱベイは女性に不要なまでセクシーな格好をさせるよなーとか、ある。色々とベイらしいといえばベイらしい部分である。ベイ映画であり米映画であるという(受け売り)。


前作を忘れているのが悪いのだろうか、オプティマス・プライムが何をしているのか、さっぱり……であった。これは私が悪いのであって映画が悪いわけではない。というか、この映画を悪く言う感想は読みたくなくて、出来れば、めちゃめちゃ褒めている人の感想をガッツリ読みたい気持ちである。


ホプキンス、単独のポスターがあって、映画を見る前は、なんで?と思ったものだが、これは単独ポスターあって当然という役回り。退場があっさりしているのはやや残念か。いや、ぐだぐだやられても冷めるだけなので、これくらいでちょうどよいのかもしれない。


ダメだった映画でも、ダメだー!と話し合えることが良いことであって、ツイートに書いたとおり、本当に良くない映画は、言うことがない映画だとは思う。この映画は、見終わったあとで人と楽しく話せるので、いい映画だと思う。そこに価値を見出してしまうしかない(あとアンソニー・ホプキンス)、というのが、良いのか悪いのかはわからない。


あるシーンでのオプティマス・プライムのセリフに、わあお!となった。若干の腐臭を感じた。しかし同時にそのシーンで、あれ?シャイア・ラブーフのシリーズはなかったことになっているのか???とも思った。1の最後でバンブルビーしゃべってたよね?

photo
トランスフォーマー トリロジー ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2014-06-25

by G-Tools , 2017/08/09

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在938件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM