LOGAN/ローガン/さようならヒュー・ジャックマン

LOGAN/ローガン

LOGAN/ローガンLogan/監督:ジェームズ・マンゴールド/2017年/アメリカ


すっきりした別れとはいかないのだ


TOHOシネマズ新宿 スクリーン5 F-11で鑑賞。

あらすじ:3人でエデンを目指します。

キャスト
  • ヒュー・ジャックマン
  • パトリック・スチュワート
  • リチャード・E・グラント
  • ボイド・ホルブルック
  • スティーブン・マーチャント

ネタバレしています。ネタバレ前には注意書きをしています。

おすすめ
ポイント
シリーズのどれともガッツリ話が繋がっていないので、いきなり見ても大丈夫です。でも結局最初から見返すことになるだろうなあとは思います。
話は繋がっていないのだが、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014年)でのハッピーエンドのあとにこんな話をやられてしまうと大変つらい。どこからも繋がっていないということはどこからでも繋がるということで、『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年)からの繋がりは日本刀の存在により確認できるが他はわからない。今回復習したのは『X-MEN:アポカリプス』(2016年)だけなので抜けがあったらすみません。

舞台を2029年(確か)にしたわりに、未来感があまりないのが良かった。田舎だからか。ミュータントらは滅びかけ、プロフェッサーXはおそらくアルツハイマーにより何かを受信したりしている。私の心が拒否するくらいにパトリック・スチュワートの姿は見るに堪えないつらさがある。

ストーリーはシリーズいちミニマムであり、ウルヴァリンは世界を救う者ではない。というか世界に危機はおとずれていない。実質ロードムービーなのだ、ヒーロー映画ではない。この映画を評して「ヒーロー映画が苦手な人にもお勧め」と言った人がおり、私はそういう言い方があまり好きでないので映画を見る前には、なんだかなと言ったのだが、見終わった今、あーたしかに、ヒーロー映画が苦手な人でもこれは見られるなと思った次第である。ヒーロー映画、のどこに重きを置くかで話は変わってくるが、ともかく。ただ、今までヒーローとして戦ってきた者の悲哀が描かれているため、復習せずに、これだけいきなり見てもウルヴァリンとプロフェッサーXがどういう人なのか、なにが起きてこうなっているのかはわからないだろうとも思う。わかろうと思ったら『X-MEN』(2000年)から見返すことになるので一緒かも。

※以下ネタバレを含みます。

とにかくウルヴァリンが具合悪くて参った。まともに歩けもしない人が、車椅子のちょい面倒くさい老人と、無口で何をしでかすかわからない正体不明の少女を連れて旅をするのである。具合の悪さはやや過剰とも言えるほど。この映画は全体から死臭が漂っていて、私が中見出しに「すっきりした別れとはいかない」と書いたのもそのせい。花束を投げキスを振りまくようなラストではなかった。

人は変われない、人を殺したら、それが正しくても、人を殺す前には戻れない」、みたいなことを言う映画でものすごく人を殺す。けっこう引くくらい殺し方が残忍である。ローラにとってもローガンにとっても、それは「いまさら」なことかもしれない。「いまさら、人を殺すなと、言われても」。ヒーローであるにも関わらず人を殺す、ということに関しては、ちょっと前にTwitterで話題になっていた「ジェームズ・ボンドが一般人のバイクを盗むのが気に入らない」というのにも通じていると思う。今まで「これは仕方のないことで、何の恨みもないが殺されても盗まれてもしょうがない」というような文脈で見過ごされてきた盗みや殺人の罪を、最後の最後で明らかにし、償わせようとしているのだろうか。もし償いの意味があるとしたら、プロフェッサーXがX-24に殺されてしまうのも納得いく気がする。厳密には同一人物ではないとはいえ、老後の面倒を見るに至るまでの付き合いがあったウルヴァリンがプロフェッサーXを殺してしまう、恨みからなどではなく、というところになにかあるのではと思う。

ちなみに私が好きな順序はこう。『ローガン』を見る前に書いたもの。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Logan。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、ダフネ・キーン、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/06/05 8:03 PM
 【ネタバレ注意】  ジェームズ・マンゴールド監督の作品にハズレなし。『LOGAN/ローガン』を観て、改めてそれを実感した。  まして本作では、マンゴールド監督が原案も脚本も制作総指揮も手がける八面六臂の大活躍。これまでのスーパーヒーロー物とは一線を画
  • 映画のブログ
  • 2017/06/05 8:23 PM
Ost: Logan [CD]2029年。すでにミュータントの大半が死滅し、X-MENの存在は人々から忘れられていた。年老いて、かつてのパワーを失ったウルヴァリンは、衰弱しきったプロフェッサーXことチ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2017/06/05 9:24 PM
ヒーローは、決して死なない。 ヒュー・ジャックマンが、17年間演じ続けた孤高の?X?有終の美。 ミュータントが滅びつつある近未来を舞台に、ワケありの少女ローラを守ることになった、ウルヴァリン最後の戦いが描かれる。 ジェームズ・マンゴールド監督は、前作「
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2017/06/06 12:20 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM