スプリット/救いを求める者たち

スプリット

スプリットSplit/監督:M・ナイト・シャマラン/2017年/アメリカ


傷つけた者と、傷つけられた者。


TOHOシネマズシャンテ シアター1 E-9で鑑賞。

あらすじ:女子高生が多重人格者に監禁されます。

キャスト
  • ジェームズ・マカヴォイ
  • アニヤ・テイラー=ジョイ
  • ベティ・バックリー
  • ジェシカ・スーラ
  • ヘイリー・ルー・リチャードソン

ネタバレしています。
ネタバレの前には注意書きをしています。PCからの閲覧時のみ、ネタバレ部分を黒く潰してあります。

おすすめ
ポイント
万人向けではない。その理由はすべて、ある一点に集約されてしまっており、ここには書けないのであった。おすすめですよ!
ヴィジット』(2015年)の時、こんなことを書いていた。
わたしは今まで、見てすぐ「面白い!」って思ったのは『アンブレイカブル』だけだったんですね。ほかは、「え……なにこれ……」ってなって、ウムムとしばらく神妙な顔つきになってしまっていたんです。『ハプニング』「庭をそっと横切る」とか、『レディ・イン・ザ・ウォーター』「右半身だけ鍛えている人が頑張って悪いやつを見つめる」とか、最初ね、なんだろう意味がわからない。と思ってしまうわけ。でも、じわじわーっと、あれ、面白かったよなあ……となるのね。
ウムムとなっていたときも、「けど、最初の5分でかならず派手な出来事が起きるところは、りっぱよね」と思っていた。最初は大事。ともかく、だんだん好きになっちゃう人・シャマラン新作でございます。

今回の導入もこれと同じで良いと思っている。おすすめポイントに「万人向けではない。」と書いたが、そういう意味では『ヴィジット』の方が万人向けかとも思う。

さて。


奥歯に物が挟まったような言い方にならざるをえない。

監禁モノで、物珍しい部分は犯人が多重人格というところだけか?と思わせておいて、被害者である少女の過去を描くことにより「人の性格」を表現している。性格はすべて後天的要素から成るものというわけではないが、多少は影響するし、それがショッキングであればあるほど強く残る。
ジェームズ・マカヴォイの演技力はハンパなくて、人を惹き付ける力がすごかった。ワンカットでの人格交代すごい。あれが出来る人はそうそういない。YOU、『X-MEN』入っちゃいなよ!
冗談はおいといて、ストーリー展開の速さ、過去について過剰に描かないところ、繰り返しになるが、マカヴォイの圧倒的演技力。マカヴォイもマカヴォイで救われたいと思っているであろうこと。そして、ここはどこなのだろうと言う疑問が氷解した時の気持ち良さ。

ジャンルとしては、ホラーでなくサスペンスとかそういうたぐいのもの。怖くはない。相変わらずクライマックスが「地味な頑張り」というシャマランちゃんだが、

※以下ネタバレを含みます。PCからの閲覧時のみ、肝心なネタバレ部分を黒く潰してあります(マウスオーバーで文章が表示されます)

ただの被害者」ではない少女、その「」はまだ存在するのだ。実はそれが一番恐ろしいのではないか。 彼女はこれから一体どうなるのであろう。

さて。

ラスト10秒の衝撃で、顔が固まった。口ポカーンってなった。しかしそのラスト10秒は『アンブレイカブル』観てないと、何が何だか全くわからないという、一見さんお断り映画なのである。シャマラン初心者にはラスト10秒の衝撃がわからないので、『アンブレイカブル』予習で見て!と言いたいが、それ言ったらネタバレなので言えない。勧めづらい!もどかしい!もちろん、ラスト10秒以外も素晴らしい映画であるから、気軽に薦めても良いのだが、やはり、わかった方がビックリ出来るし楽しいんじゃないかと思うのだった。

もしかしたら、このラスト10秒に関してだけ言えば、今までシャマランを追いかけて来た人向けであって、急に予習して見たとしてもそんなに楽しめない&驚けないのかもしれない。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Split。ジェイソン・ブラム製作、M・ナイト・シャマラン監督。ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/05/12 10:39 PM
何が「スプリット(分裂)」するのか? M・ナイト・シャマランによる、異色のサイコ・スリラー。 ひとつの体に23もの人格を宿す男と、彼に拉致・監禁された3人の女子高生。 なぜ男は彼女らをさらったのか? 密室からの脱出の方法はあるのか? やがて、男の中から
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2017/05/20 12:17 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在928件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM