哭声 コクソン/人間か、悪霊か。

哭声 コクソン

哭声 コクソンThe Wailing/곡성/監督:ナ・ホンジン/2016年/韓国


呪われているのは、誰だ。


シネマート新宿 スクリーン1 I-14で鑑賞。久しぶりの韓国映画でした。

あらすじ:村で連続殺人事件が起きます。

キャスト
  • クァク・ドウォン
  • ファン・ジョンミン
  • 國村隼
  • チョン・ウヒ

ネタバレしています。 特に注意書きはしていません。

おすすめ
ポイント
前半のややコミカルな感じから後半一気にシリアスになるのがたまりません。そしてファン・ジョンミンダンスワッショイワッショイ。
2時間半あるので長いのだが、展開が早いので飽きたりダレたりすることなく見られる。前半から地獄が始まっている、と思ったら、コミカルなシーンも多く笑いを誘う、それがまたスベってないところがすごい。前半は、人が死ぬとすぐ次のシーンでもりもり食事している。後半になると食事シーンは不愉快なものへ変わり、特に最後の食事はまさに死と隣り合わせとなった恐怖の演出へと移っていく。

よそ者を排除しようとする閉鎖的な村、おそらくであるがこの村に今まで外から来た人間が居つくことはなかったのであろうと想像できる。ましてや日本人だ、なにをしにここへ来たのかと主人公が問い詰めるのも無理はない。呪いと村と凄惨な殺人、という点のみ抜き出せば、『ひぐらしのなく頃に』を連想させる(というか『ひぐらしのなく頃に』が、こういった要素をぎゅうぎゅうに詰め込んで作られた物語である。あの女がオヤシロ様だよ(前半で特に気に入ったのが、あの女が石を投げながら近づいてくるところ。奇怪で怖い。のに、笑ってしまう。

この内容で映倫区分はまさかのG指定だ。言われてみれば、写真に写った傷跡のアップはあるものの、死体や殺人の詳細な描写はない。幼女のパンツはアメリカだったら指定が入りそうだとは思った。噂では、韓国で子供が悪さをすると「國村隼が来るよ!」と脅かしたと聞いた。すごいな。なまはげ扱いか。

キリスト教的な描写も大いにありつつ、結論は観客に委ねる形である。かといってふんわり終わるかというとそんなことは全く無いのだ。熱の入った役者陣の怪演(子役の恨みがましい目つきたるや)、主人公のポンコツ具合、國村隼の得体のしれなさ。途中、ゾンビ映画風にもなり、とにかく監督がやりたいこと入れたい要素をこれでもかとぶち込んできたことが解って楽しい。後半のお気に入りは日韓祈祷対決。すげー楽しそう。二転三転する物語に、思いっきり転がされた感がある、楽しかった。作ってる方も楽しかったんではないかなあ、だったらいいなあなどと思ってしまう。

そうだ、呪いと祈りは似ている。強い思いによって何かを成そうとする、その想いは、どこへ向くのか。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
警察官のジョングが妻子と暮らすのどかな田舎の村に、得体のしれないよそ者が住み着く。山の中に住むその男が何者かは誰も知らなかった。男について様々な噂が飛び交う中、村人 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2017/03/13 10:28 AM
公式サイト。韓国映画。英題:The Wailing。ナ・ホンジン監督。クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ。変なことに気づいた。「國村」を音読みすれば「コクソン ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/03/14 7:36 PM
惑わす者は誰か? さすがはナ・ホンジンだ。 開けてみるまで、作品の中身が全く想像出来ない。 邦題は「哭声」という漢字が当てられているが、コクソンとは物語の舞台となる全羅南道 谷城(コクソン)郡という地名。 山深い片田舎で奇妙な連続殺人事件が起こり、
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2017/03/25 10:48 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在917件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM