王様のためのホログラム/異国の土地で大慌て!

王様のためのホログラム

王様のためのホログラムA Hologram for the King/監督:トム・ティクバ/2016年/アメリカ


結局は「個人の問題」だ、ということを。


TOHOシネマズシャンテ スクリーン1 F-10で鑑賞。原作未読です。

あらすじ:サウジアラビアの王様に3Dホログラムを売りたいです。

キャスト
  • トム・ハンクス
  • アレクサンダー・ブラック
  • サリタ・チョウドリー
  • シセ・バベット・クヌッセン
  • ベン・ウィショー

ネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
誰も嫌な気分になることのない、品の良い映画です。ベン・ウィショーはちょびっと出ているだけなので、ウィショーくん目当てだったら別の映画をおすすめします。

とにかくトム・ハンクスが困るところを見たかったから満足である。もはや計算しつくされているかのようにも見える困り顔の愛おしさよ。

異文化ものだが、他国の文化を「理解できないもの」として嘲笑したり見下したり、ことさらに誇張したり、あるいは拒絶するような意図はまったくなく、起きる問題はあくまでも個人のものとして処理しているところが大変良かった。というか、今の時代、異文化をバカにするような映画は撮れないとも思う。


トム・ハンクスは背中にコブがあって、それのせいで物事がうまくいかないのだと思いこんでいる。じゃあそれが取り除かれれば?となったら、すべて(じゃないけど)うまくいくようになる。このあたりは大変わかりやすい構図になっている。

運転手との友情は、途中まで丁寧に描写されるし一応の落とし所もあるが、どうもちょっと半端に思えて、そこは良くなかった。それから、物事がうまくいかないことの暗喩であろうけれど、トム・ハンクスがなにかと椅子から転げ落ちるシーンについては、ギャグとして見ると滑っているため、なくても良かったように思う。背中のコブだけで充分である。

特別に面白い映画か?というとそうでもないので、強く薦めはしない。が、トム・ハンクスのキュートな困り顔を味わうには良い映画であると思う。ゲロもあり。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
王様のためのホログラム [単行本]大手企業を解雇され、車も家も妻さえもなくしたアランは、何とか再就職したIT企業で、業務を言い渡される。それは、アメリカから遠く離れた国サ ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2017/02/22 12:01 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在919件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM