ドクター・ストレンジ/私は、医者だ。

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジDoctor Strange/監督:スコット・デリクソン/2016年/アメリカ


街がぐにゃぐにゃ曲がるよ!


TOHOシネマズ新宿 スクリーン7 L-19 3Dで鑑賞。

あらすじ:医者がスピリチュアルに傾倒して魔法を使います。

キャスト
  • ベネディクト・カンバーバッチ
  • キウェテル・イジョフォー
  • レイチェル・マクアダムス
  • マッツ・ミケルセン
  • ティルダ・スウィントン

ネタバレしています。ネタバレの前には注意書きをしています。

おすすめ
ポイント
非常に見やすくて面白かったです。3Dにして正解だったかも。
マーケティング担当者がふざけたことを言っていたので(女性にはロマンス要素が必須ですからね〜というやつ↓)

なんだかなあ、ヒーロー映画に恋愛要素要らないと思っている私としては、そこ推すってことは……ちょっとやだな……と思っていたが、見てみたら、これでロマンスと言われましてもという程度の入れ方で安心した。この、井原多美という人はちょっとものの見方を整理したほうがいいのではないか。

ともかく。

シリーズ物1作めにありがちな、中盤までダラダラしてしまうというのもなく、修行シーンもあるし(修行シーン大好き)「魔法はね、がんばれば、使えます」「あっはい」もうね、受け入れよう。なんで?とか、ないから。使えるんだから。いいのいいの。カルトって言われてもしゃーない。いいのよ。

街のぐにゃぐにゃ加減は『インセプション』っぽくもあり『ダークシティ』っぽくもあり、こういうのが好きな向きにはたまらんのではないかと思ったし私も好きだ。街がぐにゃぐにゃするとは聞いていたが、ここまでとは思わなかった、眼福眼福である。男前が男前を追いかけるというこれまた眼福。なんなのこの大サービスっぷり。最高じゃないですか。

カンバーバッチがしつこいほどに「ミスターではなくドクターだ」と言うあたりに、自分は何者であるのかということについて明確な意思がみられる。コミカルな部分でもあるのだが、ぶれない人であるというのがよくわかって良い。

※以下ネタバレを含みます。

スタッフロール後のお楽しみ映像でキウェテル・イジョフォーが闇落ちするのがわかる=次はキウェテル・イジョフォーが悪役となるのがわかるわけだが、キウェテル・イジョフォーという人はあまり悪人を演じてこなかったように思うのでこれは楽しみだ。真面目さが売りだと思っている彼は真面目な悪役になるのだろうか。楽しみである楽しみである。

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Doctor Strange。スコット・デリクソン監督。ベネディクト・カンバーバッチ、レイチェル・マクアダムス、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォン、マッツ・ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2017/02/01 10:50 PM
Ost: Doctor Strange [CD]天才脳外科医のスティーヴン・ストレンジは、プライドの高さと傲慢な性格が玉にキズだが、容姿、知性に恵まれ、地位と名誉と富を手に入れて完璧な人生を送ってい ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2017/02/01 11:33 PM
“手術”で救う、“魔術”でも救う。 いやコレは面白い!? 事故で両手の自由を失った外科医スティーヴン・ストレンジが、わらをも掴む想いで、魔術の世界に足を踏み入れる。 そこで、この世界を狙う異次元“ダークディメンション”の力に魅せられた、闇の魔術師た
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2017/02/12 10:24 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM