帰ってきたヒトラー/総統!この国はもうダメであります!

帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラーER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK/監督:ダーヴィト・ヴネント/2015年/ドイツ


ドイツだけが撮れる、シャレにならない『ボラット』


TOHOシネマズ新宿 スクリーン3 G-11で鑑賞。

帰ってきたヒトラーあらすじ:ヒトラーが生きていたぞ。

アドルフ・ヒトラー(オリヴァー・マスッチ )はタイムスリップした。彼を芸人だと思ったテレビマンとともにドイツを旅したり、テレビに出たりするヒトラーだったが………。

ネタバレはありません。
おすすめ
ポイント
ヒトラーがちょいちょいかわいかったりして憎めないので、あ、ああ……となる。町の人の反応にはほんとうにびっくり。
政治的な要素の強い作品についてはあまりなにも言わないようにしていて、自分の考えを公にしたくないことと自分がいかに政治について知識がないかがバレてしまうのでそうしているのだけれど、『帰ってきたヒトラー』についてはちょっとだけ書いておこうと思う。これはすごかった。

コメディとギャグは違う」と友人が言っていて、それはあるものを批判するときに出てきた言葉なので具体的には書かないが、ともかく、コメディとギャグは違う。『帰ってきたヒトラー』で、下着をクリーニングに出そうとするシーンなどは「ギャグ」だ。ほかは「コメディ」である。これがコメディとして成り立つかどうか、製作者はずいぶんとギリギリの賭けをしたなあとも思う。

ゲリラ撮影に見えるところは一体どこからどこまでがゲリラなのかと思って、公式サイトを読んだが、どうも、それらしいところは全部ガチっぽい。カメラがいるから、撮影なんだろうと思われていたにせよ、それがどんな撮影であろうと、ヒトラーの姿をした人が公の場に現れることに対し好意的な反応が多く見られるのは不思議だなと思う。好意的な人が多すぎて変だなあとも思ったが、こういう作り方をするのだから、好意的でない人がいたらそれももちろん入れるわけで、実際数人はそういう人が居たから、激しく偏った編集をしたとも思えない。ある程度はしているのかもしれないが、わからん。そこは。

ともかく。引き合いに出したので書くと『ボラット』は「なんだかわからない迷惑な人が大騒ぎして困ったゾ」だったのが、この作品の場合、誰もが知っている(それこそ世界レベルで誰もが知っている)「歴史上の人物が現れたゾ」しかもキャラ設定はばっちりで、ばか騒ぎするわけでもない。政治の話をする。思想的に偏ったキャラクターに対して言っているからというのもあるかもしれないが、人々が口にする本音は偏っている。ヒトラーの「魅力」に引きずられて、本音が出ていると思う。

それにしてもヒトラー役のオリヴァー・マスッチはほんとうによくやった。アドリブでヒトラーの真似というのはそうそう出来ることではない。言いよどんだら負けだからだ。すらすらとヒトラーっぽいことを言う。その迫力に押されて、ニヤニヤ笑いしていた者も真顔になっていく。「こいつは頭がおかしい」と思っていたのかもしれない相手に言い負かされ、「こいつは(違う意味で)頭がおかしい」と思ったのだろうか。「ヒトラーと接した人々」に、一体どう感じたのかを聞いてみたいところである。


photo
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (完全ノーカット版) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2010-12-03

by G-Tools , 2016/06/22

JUGEMテーマ:映画

この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
市中での撮影は、映画の撮影と言うことを隠して撮ったらしいので、その後映画として公開するときに了承を得られなかった人には、目隠しなどの加工がされています。 いや、でも、これが今のドイツの本音なんだろうね。それにしても、ヒトラーの格好で歩いていても、思っ
  • 勝手に映画評
  • 2016/06/22 6:44 PM
Look Who's Back [CD]現代のドイツ。リストラされたTVマンのザヴァツキは、偶然発見したヒトラーそっくりの男を売り込んで、復帰を目論む。だが、この男はそっくりさんなどではなく、19 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2016/06/23 12:46 AM
大衆よ、我を恐れよ。 ティムール・ヴェルメシュの、ベストセラー政治風刺小説の映画化。? 死の直前に現代のドイツにタイムスリップしたヒトラーと、ボンクラTVディレクターがひょんなことからコンビを組み、動画サイトで自分たちを売り出す。 独裁者が時代のギャ
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2016/06/24 10:51 PM
公式サイト。ドイツ映画。原題:Er ist wieder da、英題:Look Who’s Back。ティムール・ヴェルメシュ原作、デヴィッド・ヴェンド監督。オリヴァー・マスッチ、ファビアン・ブッシュ、クリ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/06/27 9:36 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM