シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ/話せば解るはずだった

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカCAPTAIN AMERICA:CIVIL WAR/監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ/2016年/アメリカ


アクションシーンの見応えと、少しの切なさ。


TOHOシネマズ新宿 スクリーン7 L-18で鑑賞。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

あらすじ:キャプテンアメリカとトニー・スタークの意見が食い違います。

いろいろあって世界からぶうぶう言われたアベンジャーズ。キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)とアイアンマン(ロバート・ダウニーJr)は価値観の不一致により仲間割れすることになります。

ネタバレしています。
ストーリーにはあまり触れていません。とくに注意書きはしていません。


おすすめ
ポイント
アクションシーンは満点ですね、そしてポッツがいないので+100点です。ポッツいなくていいよ。スリーポイントランディングとそれに近いポーズは5回でした。
あの場にバナー博士がいたら、どちらの側につくだろうと思った。なんとなくキャプテン・アメリカ側につきそう、もしくはどちらの側にもつかず僻地に引っ込みそうだが、トニー・スタークの考えていることを理解できる人はバナー博士くらいしかいない。そしてバナー博士がいて、どちらかの側についたなら、死人が出ていただろう。ちなみにソーは手一杯なので居なくても仕方ないし、居たとしてもアスガルドへ戻ってしまいそうだ。

スカーレット・ウィッチは強くなった。一番装備が貧弱であるにも関わらず、本気を出せばヴィジョンにあんなことまで出来てしまう(それにしても、料理をするヴィジョンのかわいらしさよ)。ハルクが抜けた穴を埋めているのはスカーレット・ウィッチかもしれない。ハルクとスカーレット・ウィッチの違いは、戦いのさなかに自我を保てるか否かで、ハルクにはそれが出来ないように思えるため、彼がいたら誰かが死んでいただろうと思ったのだ。ただ、スカーレット・ウィッチはまだ力の制御が不安定にも見える。だから最初の爆破を中途半端にとめてしまった。あそこでやらかさなければ……と言うと彼女は落ち込みそうだ。彼女にはまだまだ覚悟が足りなかったのかもしれない。ホークアイにもピシリと言われていた。スカーレット・ウィッチはホークアイに頭があがらない。2作続けてのピシリである。

流れるようなアクションシーンは圧巻で、しかし、誰かが死ぬのではともずっと思っていた。その役目に近くなってしまったのがローディで、これはもうダメかと思ったがトニーがいるから大丈夫だろう。
本当に死ぬのではと思ったのは最後の対決だ。キャプテンアメリカが盾を振りかざしたとき、トニーは反射的に首を守る。首に振り下ろせば確実に死ぬ。キャップはそうはしなかった。盾も置いていった。
不本意であったのだろう。キャプテンアメリカは。トニーを殺せなかったことが、ではない。殴りあわずにはいられない事情が出来てしまったことが、だ。キャップはトニーを殺す気などなかった。トニーは殺されると思っていた。裏を返せば、トニーはキャップを殺す気であったと言える。せつない。

話せば分かるかもしれない対立であった。最初は。トニーがブラック・ウィドウに「エゴだ」と言われているあたりでは。しかしトニーには両親のことがある。6億以上つぎ込んで、あんなシステムを作ったトニーなんだから。トニーの気持ちもわかる。これはキャプテンアメリカ(とバッキー)の物語であると同時に、トニー・スタークの物語でもある。

アントマンとスパイダーマンはお祭りのおまけみたいなものだ。おまけは大切だ。コミカルな部分があるのはいいことだ。ましてや今作は内包するテーマが重い。重みだけだと見ていてしんどい。ありがとうアントマン。スパイダーマンは次もある。ときに、マリサ・トメイの熟女力の高さよ。わたしが好きな映画によくマリサ・トメイが出ており、おじいちゃん俳優との共演も多いため、好きな女優というわけでもなかったがどうしても気になる存在ではある。ん、ということは、「マリサ・トメイが出ている映画=好きになる可能性が高い」というわけで、今後彼女には注視してゆきたい。

最後に思うのは、バッキーとキャプテンアメリカの年齢差が開いてしまう!ということで、次、どうするのか知らないが、洗脳を解く方法をなるべく早く見つけてあげてほしいなと思う。それが出来そうなのはトニーか。「仲間で居る」と歩み寄りを見せたキャプテンアメリカに、トニーが心をゆだねてくれることを願おう。あとはハルク、早く戻ってきてあげて下さい。ソーはアスガルドのゴタゴタを見せてくれると思うので待っています。『マイティ・ソー』は次回作あるの?

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ-オリジナル・サウンドトラック [CD]アベンジャーズは、世界を救う一方で、彼らが各地で繰り広げたバトルが甚大な人的・物的被害を及ぼしたこと ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2016/05/01 7:25 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在1024件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM