レヴェナント: 蘇えりし者/生は手段、復讐は目的

レヴェナント: 蘇えりし者

レヴェナント: 蘇えりし者The Revenant/監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/2015年/アメリカ


最後に見た、風景は。


TOHOシネマズ新宿 スクリーン10 F-18で鑑賞。IMAX。伝記映画だそうだが、内容から判断してカテゴリは「アクション、アドベンチャー」にしています。原作未読。

レヴェナント: 蘇えりし者

あらすじ:息子を殺したヤツを追いかけます。

ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)はクマに襲われて満身創痍になりながら、息子(フォレスト・グッドラック)を殺したフィッツジェラルド(トム・ハーディ)を追いかけます。

ネタバレしています。


おすすめ
ポイント
体中痛い!レオナルド・ディカプリオがクマみたいになっていました。
美しいと思った。銃を持っているにも関わらず、なすすべもなく殺されていく人々の姿を。彩度の低い画面から立ちのぼる、最期の息づかいを。殺されるのに理由などない。奪う者と奪われる者がいるだけだ。

クマは子を守る。レオナルド・ディカプリオはクマに襲われた後、まるでクマのようになっていた。わたしの目にはそう見えた。地面を這いつくばり口に入れられるものなら何でも食べる。生きることは手段であり目的は復讐にある。その目的があるからこそ彼は生き延びられた。息子の名でなくフィッツジェラルドの名を繰り返していた。憎しみは愛に勝るのか、いや、憎しみと愛が表裏一体となってそこにあっただけだ。息子の命を奪ったものがヒトでなければ、彼は息子の亡骸とともに朽ち果てたかもしれない。

一度は死んだ」と彼は言う。それはクマに襲われたことでも生き埋めにされかけたことでもなく、息子が殺されたことにほかならない。襲撃で殺されるのと大きく意味が異なる。息子は自分のせいで殺されたも同然だからだ。

なぜフィッツジェラルドはアンドリューの頭の皮を剥いだのか。状況から見て死後であることは間違いない。フィッツジェラルドは自分を罠師と言っていた。グラスを罠にかけるためか。いや、あのようなことをしたら、グラスが激昂することなど想像できる。これ以上グラスを怒らせる必要などないはずだ。
思うに、これは観客に向けてのものではないだろうか。フィッツジェラルドはテキサスに行くと言っていた。彼にも人生がある。息子を殺したことについても、あの状況では仕方がなかったとも思える。観客がフィッツジェラルドに感情移入しないよう、彼が野蛮な人物であることを、ことさらに強調するためだったのではないか。

話は前後するが、何度も「レオが死んでしまう」と思った。死んでしまう、映画が終わってしまう。苛酷さを増す状況と「腐っていく身体」。死んでしまう。ようやく、グラスは大丈夫なのだろうな、と思えたのは、馬に身を寄せた、いや、正確には馬の中に入ったときであった。一晩経って体内から出てきたときには、馬から産まれたと思った(2文字は駄洒落扱いにはならない)。グロテスクであり神秘性も感じるシーンだ。

ラスト、ディカプリオはカメラをまっすぐ見据える。実際には違うのだろうが、わたしは「第四の壁を破った」と感じた。意図された演出なのかはわからない。他に意味があるのかもしれない。しかしわたしには、そう見えた。見えたのだから、仕方がない。

俺は、この「生」を生きている。お前は、どうだ。そう語りかけてくるような瞳を、美しいと、思った。

photo
レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2016-08-24

by G-Tools , 2016/06/21

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/04/27 11:43 PM
オリジナル・サウンドトラック盤「The Revenant(蘇えりし者)」 [CD]1820年代、西部開拓時代のアメリカ。探検隊のガイドを務める凄腕ハンター、ヒュー・グラスは、ハイイログマに襲われ喉 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2016/04/28 12:45 AM
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のア
  • 勝手に映画評
  • 2016/04/28 10:12 PM
死の先に、何を見出すのか? タイトルの「レヴェナント(Revenant)」には、「帰ってきた者」の他に「亡霊」という意味がある。 本作は19世紀初頭のアメリカで活躍した猟師にして探検家、ヒュー・グラスを主人公とし、彼がグリズリーに襲われ、仲間に見捨てられながら
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2016/04/28 10:47 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM