ズートピア/悪意なき偏見

ズートピア

ズートピアZootopia/監督:リッチ・ムーア、バイロン・ハワード/2016年/アメリカ


「事実だもの」と彼女は言った


TOHOシネマズ新宿 スクリーン7  L-16で鑑賞。

ズートピア

あらすじ:うさぎ警官がきつね詐欺師とがんばります。

近未来都市ズートピアへやってきた新米警官のジュディ(声:ジニファー・グッドウィン)は、ひょんなことから出会った詐欺師のニック(声:ジェイソン・ベイトマン)と行動をともにする。

ネタバレしています。見ていてつらい気持ちになったので、そのことを書いています。映画は最高です。


おすすめ
ポイント
なまけものがかわいい! 途中で『ゴッドファーザー』になるよ。
個性と偏見、または差別についての物語で、それらはどれもすでにある程度は「良い方向へ」認められているように思える。ジュディは努力し苦労して警官になる夢を叶えている。ニックは言う。「『自分』にしかなれない」、と。

ああ、つらい。多様性を認められれば認められるほど、個性を重要視されればされるほど、これを書いているわたしにはなにもなく、惨めな存在だと感じてしまう。ニックの言うとおりだ。自分は自分以外の何者にもなれぬ。なろうと思わないのではない。日本人だから、女だから、もう年をとってしまったから、と「偏った」見方で様々なことを諦めている。諦める前の段階で、脱落している。夢すら、持たない。ジュディが光り輝いて見えるのは、彼女がまだ若いからだとも思ってしまう。

わたしには夢があった。小学生の頃から「主婦」になりたかったのである。ジュディの両親が望んだように「安定した」暮らしを送りたかった。今はもう、かなわない。主婦になるのは難しい。
かように本筋と離れたところでダメージをくらってしまったわけだが、映画そのものはたいへんによかった。これは誰に勧めても安心だと思える良さであった。

ジュディは「かわいい」と言われることを嫌がる。「同じ種から言われるのはいいけれど、他の動物からは、ちょっと」。これを相手もすんなり受け入れ、そうだねごめんよ、と答えている。差別について進んだ認識をもつ世界であることが明確に表れているシーンである。そんなジュディがのちに「肉食動物のDNAが」と言ってしまう。たしかにあの時点で、他に原因があるとは考えにくいし、彼女も、見たものについてそのまま感じたことを言ったにすぎない。のだが、結果的にそれは大失言となってしまう。悪意なき、失言。彼女は自分が偏見を持たない動物であると思い込んでいた。それはこの事件により間違いであったとあきらかになる。つらかろう。

「自分は差別をしない人間だ」と思い込むのは危険だ。差別をしない人はいないと思う。大なり小なり、その気持ちは誰にでもあるのだろう。気をつけねばならない。ふとした瞬間に、その一言で誰かが傷つく。人を傷つけないためだけの反差別ではない。非常に難しい。悪意がなければ許されるものではない。それはみなさんよくご存知のことであろう。悪意があろうとなかろうと、差別は差別だ。ものの見方を変えることは困難である。ジュディの発言からの一連の流れ、ニックの怒りと悲しみは、我々に現実を突きつけてくる。

ジュディの両親が、彼女の「警官になりたい」という夢を認めようとせず、成功してようやく認めるところもおそろしい。世の中には、子供の夢をちょんと摘み取ってしまう親がごまんといるのだろう。ジュディはジュディで、駐禁係は「本物の警官」ではないと思い込んでいる。そりゃああれだけ訓練してようやく警官になったのだから、大きな仕事をしたいのはわかる。が……。そう、偏見も差別もなくなりはしない。貧富の差はある。この世界は物価が高い。この世界からの脱落者もいる。だからニックがいるわけだが……、結局、厳しい世界なのだ。

青い花の存在はデウス・エクス・マキナ的だと感じたが、その後の展開により、これはもう少し根の深い問題であると気づいた。動物と動物との対立の構造は、この世界を持ってしてもいまだにあるのだろう。ギリギリのバランスで保たれていた平和は青い花によって……いや、ある一人の行動によって崩壊した。彼女がなぜあのようなことをしたのか。権力が欲しかったのもあるだろうが、市長から不遇の扱いを受けてきた個人的な恨みもあったのではないか。彼女を罰したところで、根本的に差別はなくならないだろう。みんな仲良く、とはとうてい、いかない。これについては、ジュディも最後に言っている。

人が間違えたときに与えられるチャンスは?ジュディは青い花を見つけられたからよかったが、見つからない花もあるのだ。理想郷はない。現実の中で、どうにかして生きていくだけだ。こんなハッピーな映画を見たのに、こんな気持ちになるなんて思ってもみなかった。つらい。これはディズニーが動物の姿を借りてリアリティを追求した結果なのではないかと思う。やられた。

ときに、「肉食動物が何を食べているのか問題」についてはわたしは「鳥類」を推したい。
虫だそうです。

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
ズートピア オリジナル・サウンドトラック [CD]さまざまな種類の動物が暮らす理想郷ズートピア。うさぎのジュディは、人一倍の努力で警察学校を首席で卒業し、大きくてタフな動物ば ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2016/04/27 10:12 AM
 【ネタバレ注意】  残念に思ったのが、このイラストだ。     都内の各家庭に配られた「広報けいしちょう」第74号(2016年3月6日発行)の表面に掲載されたものだ。  警視庁がテロ対策を講じるのはとうぜんだから、「情報提供・110番通報のお願い」という記
  • 映画のブログ
  • 2016/05/17 12:27 AM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM