マネー・ショート 華麗なる大逆転/俺が勝つとき世界は負ける

マネー・ショート 華麗なる大逆転

マネー・ショート 華麗なる大逆転The Big Short/監督:アダム・マッケイ/2015年/アメリカ


わたしなりに、わかりやすく書いてみようかなと思います。


TOHOシネマズ新宿 スクリーン9 M-20で鑑賞。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

あらすじ:この商品やばいぞ。

投資家たちがいっせいにヤバいやつ買います。

ネタバレしています。実際の事件がどうであったかとか、金融としての正解とは違いが出てくると思いますが、なんとかわかりやすく書いてみました。完全に間違っていたらすいません。


おすすめ
ポイント
専門用語がとにかく多いので混乱するかもしれません。でも面白く見られますよ。
マネー・ショート 華麗なる大逆転

クリスチャン・ベールは、みんなから集めたお金でレストランの予約をします。払った額から予想するよりも、いい食事になるはずだからっていう約束です。
ところが、予約したレストランが食べログで評価最悪なので、みんなに「なんでそんなとこ予約したの!」と怒られます。ベールは「食べログの評価もそのうち変わる」と思っていますが、変わりません。みんなに「そんなレストラン行きたくない、お金返せ」と言われまくります。あるとき突然、予約したレストランが三ツ星をとりました。ベールはみんなとは縁を切って、お金を返すのをやめ、ひとりでレストランへ行きました。


この喩えはあまりよくなかったですね。なんだかぜんぜんわからん。格付け機関を食べログにたとえたわけではないです。そうするともうちょっとややこしくなる。食べログでは最高評価だけどヤラセがあるとかそんなかんじになってきます。そこまで食べログ知らない。さて。

クリスチャン・ベールには家族がいるんですが、関わっているようすはほとんど描かれず、孤独な人なんですよね。コンプレックスもある。自分の判断には間違いがないと思ってるけど、間違わなかったとわかるまでが長いのでストレスもガンガン溜めてしまいます。つらい。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

ライアン・ゴズリングは、絶対儲かるギャンブルの話をスティーブ・カレルと愉快な仲間たちに持ちかけます。スティーブ・カレルと愉快な仲間たちはとても賢いし疑い深いので、最初は「お前さー、なめんなよ?」とか思っていますが、ゴズリングの説明がうまいのと、儲け話のウラをとりに行ったら関わっている奴らがみんなバカばっかで、超儲かるって確信し、お金をたんまり賭けます。

そしたら儲かるどころかどんどん損をしていくので、ゴズリングに対し「マジお前ふざけんなよ死ぬか?」なんて怒ります。


しかしここでも突然状況が一変し、ゴズリングが言った通りにどっかり儲かりました。やったね。ゴズリングもうはうはです。そのかわり、関わっていたバカの人たちはみんな死んでしまいました。

いやあ、カレルと愉快な仲間たちは冷や汗をかきました。とくに焦ったのは仲間たちです。なぜなら、カレルはとても素直で誠実な人だからです。カレルとしては、儲け話はたしかに美味しいけれど、本当はお金よりも心の平穏が欲しいんですよね。そのことに本人は気づいていなくて、奥さん(マリサ・トメイ)に頼る気持ちもなくて。奥さんとしては、楽になって欲しいし弱音も吐いてほしいんです。つらい。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

ブラッド・ピットは、こういう生き馬の目を抜くような世界からは離れて、ウンコで育てた野菜を食べたりしておりました。が、血気盛んな近所の若者が「お金が欲しいんですどうにかして〜」と頼ってくるので、「まあいいよー」なんつってアドバイスをあげたりします。ついでに自分も儲けようとします。いざ若者たちが「やったー儲かるぜ!」って喜んでいたら「お前らな、喜んでる場合じゃねんだぞ」などと説教します。いや、お前もわんさか儲けたんじゃん、というところは、本人スルーしております。


と、まあ、説明もなにもないかんじになってしまいました。おほほ。

マーゴット・ロビーはカメオです、カメオ出演を明かすのってネタバレになりますかね、すいません。

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
本当は滝汗の大逆転 公式サイト。原題:The Big Short。マイケル・ルイス原作、アダム・マッケイ監督。クリスチャン・ベイル、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/03/07 12:58 PM
事実を下にした作品。 2007年から2009年に起きた、サブプライムローン破綻とリーマンショックを巡り、その徴候に先んじて気付いて巨額の利益を上げた兵達の姿を描いている。 事前に映画評論家のアリコンさんの解説で、クリスチャン・ベールが演じたマイケル・バーリの
  • 勝手に映画評
  • 2016/03/07 10:32 PM
世紀の空売り―世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫) [文庫]2005年のアメリカ。変わり者の金融トレーダーのマイケルは、サブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2016/03/08 1:48 AM
「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を ウィル・フェレルの「俺たち」シリーズのアダム・マッケイ監督で映画化 この監督の映画好き 「俺たちニュースキャスター」「タラテガナイト」「俺
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2016/03/13 12:01 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM