クリード チャンプを継ぐ男/ロッキーがいる、この世界。

クリード チャンプを継ぐ男

クリード チャンプを継ぐ男 Creed/監督:ライアン・クーグラー/2015年/アメリカ


僕達が生きる、この世界には、ロッキーも生きているんだ。


新宿ピカデリー シアター3 E-13、前夜祭で鑑賞。

クリード チャンプを継ぐ男

あらすじ:アポロの息子がロッキーに弟子入りしてがんばります。

ロッキー(シルベスター・スタローン)のもとへ、かつての戦友アポロの息子(マイケル・B・ジョーダン)がやってきました。

ネタバレはありません。が、シリーズ知っているとわかってしまうこともあります。


おすすめ
ポイント
シリーズ知らなくてもスポ根ものとして見られるし、知っていればそれはそれは素晴らしい! タオル必須です。

わたしたちは『ロッキー』を知っていて、見たことがなくても曲は知っていて、だいたいどういう話なのかも知っているはずで、それさえあれば基本的にはロッキーとクリードのスポ根ものですので、シリーズぜんぶ見ていなくても問題がないと思うわけです。小ネタはね、かなりちょくちょく入ってくるので、もちろんシリーズ見ている方が楽しめるのは当たり前で。

そう、ストーリーとしては実際のところ、ものすごく目新しいことをしているわけではない。もう、ロッキーという伝説のボクサーがおりました、これが最重要点でありまして。この映画の世界には「ロッキー」がいる、みんなが知っている人がいる。ここに現実との差異があまりないんです。あの一戦から40年が経った。今はレストランを経営している。そんなロッキーが、いる。

途中から何度も何度も涙がぽろぽろ出てきて、こりゃあ困ったなあと思っていたのです。わたしはスタローンが好きですから、そのせいなのかなって思われるかもしれないですが、これ関係ないから、スタローンのファンでなくても泣きますよ、何がそうさせるか、演出ですね。演出が非常にうまい。修行もよい。修行、好きです。
また、カメラワークがすごいところあって。ワンカット、もしくはワンカットに見えるように撮っている。やたらと臨場感があるな、と、思っていたとき、気づいたんです。どうやって撮っているんだ。クレーンにしても低いよ。ぜひともメイキングが見たいところです。

もちろん最後には試合があります。これネタバレとかじゃないですよね、この映画で最後に試合がないわけない。ここもまた演出のちからが出ておりまして、ううむ、ネタバレを回避しようにも、『ロッキー』を知っているならばこの試合がどうなったか、っていうのは、書かずともわかってしまうし、逆に言えば、そのとおりにならないほうがおかしいとも思うわけです。じゃあなんだ、観客にとって、わかりきったことをやったのか、と言えば、そうでもないんですよ。もどかしいですね。

わたしはね、『ロッキー5』の焼き直しになってしまうのかなと思っていました。息子じゃない弟子をとって、鍛えて(息子はどうなった?、もちろんそこもちゃんとやってくれます)。5と違うのはアポロの息子だっていうところだけになるんじゃないのか? 思ってました、なめていましたごめんなさい。アポロの息子であることこそが重要で、かつてのシリーズで亡くなっていった人たちの「落としどころ」もきちんと入っている。わたしはね、シリーズは、なにかと人が死んでいくのがどうも不満だったのです。いや、シリーズは好きですが、これ『ワイルド・スピード』と同じで、好きだけれど人死にで繋ぐのは好きじゃないんですよ。あとが困るでしょ! とかさ。安易に思ってしまう部分もあるし。中でもアポロは死なせるべきキャラクターでなかったと思っていたわけです。が、ここへきて、アポロが死んだっていうのが活きてくる。よくぞやりました。わたしが抱いていた、シリーズに対する唯一の不満点、アポロの死。これを30年かけて解消してくれた。そして思う存分に涙をしぼりとられました。おすすめです。

photo
クリード チャンプを継ぐ男 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント 2016-04-20

by G-Tools , 2016/06/21

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:Creed。ライアン・クーグラー監督。シルヴェスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン、テッサ・トンプソン、フィリシア・ラッシャッド、アンソニー・ベリュー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/12/27 7:33 PM
「クリード チャンプを継ぐ男」オリジナル・サウンドトラック(スコア) [CD]ボクシングのヘビー級チャンピオンだったアポロ・クリードの息子、アドニスは、保険会社の堅実な仕事を辞 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/12/27 10:49 PM
スタローンにオスカーを! 今年は、「マッドマックス」に「スター・ウォーズ」という、7〜80年代を代表するヒットシリーズがオリジナルを凌駕するクオリティで鮮やかな復活を果たしたが、年の瀬にさらに一本、同時代の名作が見事にカムバック。 丸腰の黒人青年が白
  • ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 2016/01/03 8:24 PM
月に一度の宣伝です。 GRIND公式サイト 「GRIND」連載第7弾は『クリード チャンプを継ぐ男』&『ロッキー』となります。シルベスター・スタローン特集です。というか『ロッキー』特集ですね。 GRIND(グラインド) 2016年 05 月号 [雑誌] (WHY DO YOU WEAR IT ?)ミ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2016/04/10 1:44 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在927件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM