ひつじ村の兄弟/ほのぼのおじいちゃん映画と思いきや!

ひつじ村の兄弟

ひつじ村の兄弟Hrutar/RAMS/監督:グリームル・ハゥコーナルソン/2015年/アイスランド、デンマーク


これでR指定は厳しすぎるのではないかな?


マスコミ試写で鑑賞。ほのぼのタイトルでR15という謎に惹かれて見ました。おじいちゃんだしね。

あらすじ:ひつじが好きなおじいちゃん兄弟がいがみあいます。

以上、あらすじでした。ネタバレはありません。R15の理由は書いています。

おすすめ
ポイント
ほんわかしているだろうなという予想を大幅に超えてゴリゴリにシビアな話でした。

R15指定なのは、おじいちゃんの全裸が出てくるからです。『ヴィジット』でおばあちゃんの全裸が出てもGだったのに、おじいちゃんの局部がチラッと映るだけでR15はさすがに厳しすぎますね。おしりはよくて、前はだめなのか。配給さんから「乳児の裸が出るからPG12になったこともあります」と言われ、本当良くわからない。

さて、本題です、すごいシビアな話。酪農頼りの村で羊の伝染病が発覚して、全頭殺処分ってなって。
羊居ないと生きていけないので、村人は次々に酪農辞めていく。ひつじがいなければ、こんな村に住む理由なんかない、とまで言う。映画が終わったあと、他の人が「なんで日本でこういう映画が撮れないんだろう」って言っているの聞こえたのだけれど、そうだねえ、日本映画だと、酪農の「よさ」を押し出してしまいそうなかんじある。ドキュメンタリーならともかくね、劇映画だとそういう印象ある。偏見です。

非常に削ぎ落とされた情報量で、なぜ兄弟がいがみ合っているのかもハッキリとはせず、ひつじが明確に何かを象徴しているかと言えばそうでもなくて、深読みすれば別かも知れないが、ずいぶん堅い話だなと思うとともに、たまにユーモラスなシーンなどもあり結構目が離せないんですよね。何が起きるかわからない、先読みをさせない。で、ときどき羊がヨタる。メエエーって言いながらよたよたしてる。かわいい。すごいギャップある。荒涼とした村の様子と、もふふかもふふかしたひつじたちがメエエー。ひつじが「兄弟の間に確実に存在している愛」のようなものと受け取れなくもないし、聖書的な意味合いを持たせることもできるが、ここはグジグジいじったりせずに、不思議な話だなあ、くらいで落ち着かせておいてもいい気がしますね。不思議な話です。

photo
ひつじ村の兄弟 [DVD]
ギャガ 2016-07-02

by G-Tools , 2016/06/21

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
おじいちゃん映画
記事検索

現在931件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM