ヴィジット/シャマランはわたしの大切なモノを奪っていきました

ヴィジット

ヴィジットTHE VISIT/監督:M・ナイト・シャマラン/2015年/アメリカ


田舎に行ったら怖かった系正統派ホラーに山ほど笑いをぶち込んで来ました天才か!


TOHOシネマズみゆき座 E-8で鑑賞。


ある。ない? あるよ。わたしは今まで、見てすぐ「面白い!」って思ったのは『アンブレイカブル』だけだったんですね。ほかは、「え……なにこれ……」ってなって、ウムムとしばらく神妙な顔つきになってしまっていたんです。『ハプニング』「庭をそっと横切る」とか、『レディ・イン・ザ・ウォーター』「右半身だけ鍛えている人が頑張って悪いやつを見つめる」とか、最初ね、なんだろう意味がわからない。と思ってしまうわけ。でも、じわじわーっと、あれ、面白かったよなあ……となるのね。
ウムムとなっていたときも、「けど、最初の5分でかならず派手な出来事が起きるところは、りっぱよね」と思っていた。最初は大事。ともかく、だんだん好きになっちゃう人・シャマラン新作でございます。

あらすじ:祖父母に会いに田舎へ行きました。

おじいちゃんおばあちゃんに会うため田舎へ言ったベッカ(オリビア・デヨング)とタイラー(エド・オクセンボールド)。ドキュメンタリー映画にするわ〜ってベッカがカメラを回しています。

※ストーリー上のネタバレはありません。

おすすめ
ポイント
これ怖くないホラーだ、って油断していたらギャッてなって、見終わってからしばらく身体の緊張が解けなかったです。でもね超笑っちゃった。面白いよ〜!
気づいたのです。わたしは、ホラー映画を、DVDなどでしか見てこなかったことを。ひとりで見られません。怖いんです。ホラー映画怖いんです。当たり前ですホラー映画ですから。

さて『ヴィジット』です。シャマランだからという理由のみでチケット取りました、気づきました、これホラー映画じゃん! しかもわたしが苦手(こわい)タイプのPOVじゃん! 大丈夫かな? でもきっと大丈夫だよね、ほら、シャマランだし。最初にドーンって派手なことが起きて、だんだん規模が小さくなって、最終的にはそっと何かをする、でクライマックスを迎えるに違いない。「大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。」的に「大丈夫。シャマランの映画だよ。」と思っていました。「大丈夫? ファミ通の攻略本だよ?」的に「大丈夫? シャマランの映画だよ?」とも思っていました。またウムムとなったあと、しばらくして、やっぱ良かった。ってなるパターンかと。

そうしたらさ、最初の5分、派手なこと起きないの。あれ? これいつもと違う。と思っていたら、派手なことはおきないが、奇妙なことは起きる。いや、オカルト的な奇妙さではなく、変な人……かな、変な人出てくる。スグ消える。

そして、あのね、ゲロ。ゲロってずるいな〜って思っていて、映画で人がゲロ吐くとさ、状況にもよるにせよ、笑っちゃうじゃないですか。まああんまりシリアスなゲロもないな、映画では。しょっぱなからそれ来て、ぶっは! って吹いてしまい。ああ、大丈夫だ、怖くないやつだ。と思っていたら、いやあ油断しましたね、あるシーンで死にました、すごいビックリした。2回あったかな、もうねビックリが苦手なのよ。1回目のビックリはただのビックリ、2回目のビックリはハートアタック的にマジでヤバいやつ。

ものすごく緊張を強いられるシーンと息を抜かせてくれるシーン、そして腹を抱えて笑っちゃうシーンをうまい具合に併せて、ときどき、えっ おしり? えっ ラップ? って、こちらを困惑させてくる。
混ぜ混ぜしてるのにバランスがものすごくとれているのね。
何も起きなくて怖いってのがいっこあって、それは「ただカメラがズームしていくだけ」というシーン。あの演出はすごかった、ヒヤヒヤさせてくる。「きっともうすぐドーンって来るよ」みたいなの、ホラーの演出であるじゃないですか。それをズラすと、怖さが倍増したりもする。構えていたら肩透かし食らった、と思ったらやっぱドーンってきた。「やっぱりね」で、人は怖いながらも安心する。そこを ”飛ばした” のは、本当にすごい。

そして特筆すべきは、弟タイラーのクソガキっぷりです。これはもうね、ご覧になって。非常にいいキャラクターでした。全員いいキャラクターなんだけれども、彼は突出していた。しかも、がんばる。このがんばりシーンに、シャマラン感がばっちり出ていましたね。キャラクターの独自性と、シャマランらしさが見事にマッチしている。彼がああいうキャラクターでなかったら、ここまで面白くならなかっただろうと思うし、あんなキャラクターを思いつくことこそがシャマランのユニークさでもあるんだよねえ。


そう、シャマランは、わたしの「ひとりホラー映画処女」を奪っていった! というか積極的にわたしが捧げた(という言い方は好きじゃないがあえて)わけだが、ともかく、わたし、「ひとりで出来ること」がひとつ増えたよ! 成長させてくれてありがとうシャマラン! 次も期待している!

photo
ヴィジット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
M・ナイト・シャマラン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2016-04-08

by G-Tools , 2016/06/21

JUGEMテーマ:映画
この記事のトラックバックURL

※記事の内容に関係のないトラックバックは削除する場合があります。
※トラックバックの反映には時間がかかる場合があります。
※リンクのないトラックバックは反映されません。

トラックバック
公式サイト。原題:The Visit。M・ナイト・シャマラン監督。キャスリン・ハーン、ディアナ・デュナガン、ピーター・マクロビー、エド・オクセンボールド、オリビア・デヨング。音信不 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/10/29 7:48 AM
休暇を過ごすため、母方の祖父母の家にやってきた姉妹。のどかな田舎街で、初めて会った優しい祖父と料理上手な祖母に歓迎されるが、すぐにこの家で過ごすための奇妙なルールを告 ...
  • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
  • 2015/10/29 10:48 AM
スプリットSplit/監督:M・ナイト・シャマラン/2017年/アメリカ 傷つけた者と、傷つけられた者。 TOHOシネマズシャンテ シアター1 E-9で鑑賞。 あらすじ:女子高生が多重人格者に監禁されます。 キャストジェームズ・マカヴォイアニヤ・テイラー=ジョイ
  • 映画感想 * FRAGILE
  • 2017/05/12 10:01 PM
おじいちゃん映画
記事検索

現在925件の記事があります。

最近の記事
週間人気記事ランキング
ブログパーツ
プロフィール
ナイトウミノワ

ナイトウミノワ

twitter flickr facebook google+ instagram

映画と球体関節人形が好き。SF映画とコメディ映画、アクション映画、おじいちゃん俳優好き。

カテゴリ
RSS
ブログの内容を気に入って頂けましたら、RSSリーダーの登録をよろしくお願いします。
RSS
おすすめ映画
月別アーカイブ
リンク
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM